ルーミーvsタンクvsトールvsジャスティー比較!違いと人気は?

ルーミーとタンクとトール、ジャスティーは兄弟車と言われています。

それぞれに違いはあるのでしょうか?比較が気になるところです。

 

違いがあるとしたら、いったいどんな違いでしょうか?

そこで今回は、ここで兄弟車の違いを比較すると共に、ルーミーとタンクとトール、ジャスティーのどの車が人気なのかズバリ発表します!

目次

ルーミーvsタンクvsトールvsジャスティー比較!外観(見た目)の違い

まずは、、ルーミーとタンク、トールとジャスティーをそれぞれを比較します。

そして、外観と見た目にどのような違いがあるのかを確認してみましょう。

 ルーミー外観

引用:https://toyota.jp/roomy/grade/xs/?padid=ag341_from_roomy_top_rec_grade_x_detail

こちらはXグレード、Gグレードともにあまり変わりません。

カスタムグレードになると、フロントグリルのパーツがメッキ仕上げになり、標準でフォグランプが付きます。

 

タンク外観

引用:https://toyota.jp/tank/grade/xs/?padid=ag341_from_tank_top_rec_grade_x_detail_thumb

こちらも、Xグレード、Gグレードともに見た目にあまり違いはありません。

カスタムグレードになると、フロントグリルは塗装+メッキで、専用メッキのフロントアッパーグリルになります。

 

トール外観

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/02_grade.htm

濱田岳がCMをしている車ですね。

こちらは普通のモデルのものとなります。

なぜこのような説明なのかというと、ルーミーとタンクは車名と名前が一致しているので外見で何の車かがわかるのですが、実はトールは普通のグレードものとカスタムのものとで正面のデザインが異なるのです!

 

引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/02_grade.htm

ちなみにこちらがカスタムGターボのグレードになります。

トールのカスタムはルーミーのカスタムとほとんど同じ外見ですね。

 

それでもこちらはどちらもトールという車なのです。

外見を見ただけでは車名がわからないという事実を知った時にはびっくりしました。

 

ジャスティー外観

引用:https://www.subaru.jp/justy/justy/

ジャスティはL、G、GSの各グレードのフロントデザインが一緒です。

この図はLグレードになります。

見た感じトヨタのルーミとほとんど変わりませんね。

 

しかし、カスタムRとカスタムRSのグレードは、こうなります。

引用:https://www.subaru.jp/justy/justy/

外観はタンクと同じですね。

ジャスティもトールと同様に、外見と車名が異なるんです

 

たぶん街中でパッと見たら、どれがルーミーで、どれがタンクなのかトールなのかジャスティなのかわからないですね・・。

カスタム仕様になっているものが・・えっとぉ、、となりそうです。

 

フロントをよく見るとトヨタ・ダイハツ・スバルそれぞれのマークがあるので、なんとなくわかりそうですが、それでもちょっと複雑です。

複雑すぎて分からないですよね・・・。

 

ルーミーとタンクの違いはとても分かりやすいのですが、トールとジャスティはグレードによってフロントグリルが違うことだけは押さえておきましょう。

 

ルーミーvsタンクvsトールvsジャスティー比較!色(カラー)数の違い

では、ルーミーとタンク、トールとジャスティーのそれぞれのカラー(色)などに、違いはあるのかについて比較してみました。

 ルーミー色展開

ルーミーは基本的に9色展開になっています。

引用:https://toyota.jp/catalog/roomy_main/book/?padid=ag341_tjp_wcata_roomy_main_d#target/page_no=49

どの色もとても似合う色ですね。

ただ、以前のモデルでは緑系のモデルがあったのですが、それが無くなりました

 

その分赤系の色が増えた感じです。

クリスタル~と、パールホワイトは割増料金になっています。

 

安く済ませたい人はクリスタルやパールという言葉がついていないものを選びましょう。

 

ルーミーTWO TONE色展開

引用:https://toyota.jp/catalog/roomy_main/book/?padid=ag341_tjp_wcata_roomy_main_d#target/page_no=49

そしてツートンカラーはカスタムモデルのみ選ぶことができます

GグレードやXグレードでは選ぶことができません。

 

2色の方がおしゃれでいいなぁと思ったら、カスタムモデルにしましょう!

ただ、どの色を選ぶかで料金が変わります。

  • ブラックマイカメタリックメタリック塗装を選ぶと5万円かかります!
  • ブラックマイカメタリッククリスタルやパールを選ぶと、なんと7万円かかります!

 

どちらを選ぶ場合でもツートンカラーはお金が結構かかるので、お財布と相談しつつ、後悔の無いようにしっかり選びましょう。

 

不安な人はあらかじめどんな色になるのかをみておきましょう。

 

タンク色展開

 

引用:https://toyota.jp/catalog/tank_main/book/?padid=ag341_tjp_wcata_tank_main_d#target/page_no=49

色はルーミーもタンクも同じです。


タンクTWO TONE色展開

引用:https://toyota.jp/catalog/tank_main/book/?padid=ag341_tjp_wcata_tank_main_d#target/page_no=49

ツートンカラーもルーミーと同じですね。

ではトールもジャスティも同じだろうと思うったのですが、トールとジャスティにはファイヤークオーツレッドメタリックはありません

引用:https://toyota.jp/catalog/roomy_main/book/?padid=ag341_tjp_wcata_roomy_main_d#target/page_no=49

また、ジャスティにはツートンカラーが4色のみとなり、ブラックマイカメタリック×マゼンタベリーマイカメタリックはありません!

引用:https://toyota.jp/catalog/roomy_main/book/?padid=ag341_tjp_wcata_roomy_main_d#target/page_no=49

もしこれらの色が好みということであれば、トールやジャスティでなく、タンクやルーミーを選びましょう。

 

ルーミーvsタンクvsトールvsジャスティー比較!内装の違い

ではルーミーとタンク、トールとジャスティーの内装には違いがあるのでしょうか?

比較して確かめてみました。

ルーミー カスタムグレード内装

引用:https://toyota.jp/catalog/roomy_main/book/?padid=ag341_tjp_wcata_roomy_main_d#target/page_no=41

全体がブラックで、ブルーとシルバーがアクセントになっていますね。

ハンドルはシルバー加飾されています。

これが結構かっこいいですね。

そして座席シートカバーが撥水機能付きとなって、汚れが付きにくいものになっています。

 

ルーミー Gグレード内装

 

引用:https://toyota.jp/catalog/roomy_main/book/?padid=ag341_tjp_wcata_roomy_main_d#target/page_no=43

こちらも全体がブラックで、ブラウンとシルバーがアクセントになっています。

こちらもハンドルはシルバー加飾されています。

 

ルーミー Xグレード内装

引用:https://toyota.jp/catalog/roomy_main/book/?padid=ag341_tjp_wcata_roomy_main_d#target/page_no=43

こちらも全体がブラックで、ブラウンがアクセントになっています。

ハンドルはシルバー加飾されていません。

 

シルバーがほとんど無いぶん、若干品疎に感じますが、慣れてしまえばこれもこれでいいですよ。

汚れも目立ちませんし、傷がついても目立たないです。

 

シートは確かの撥水加工はされていませんが、そもそも汚れはそれほど目立たないように思います。

ただお子様を乗せる方で撥水の方が良いという場合は、カスタム又はcozyエディションをお勧めします。

 

 タンク カスタムグレード内装

引用:https://toyota.jp/catalog/tank_main/book/?padid=ag341_tjp_wcata_tank_main_d#target/page_no=41

ルーミーと全く変わりませんね。

さすが兄弟車です。

 

タンク Gグレード内装

引用:https://toyota.jp/catalog/tank_main/book/?padid=ag341_tjp_wcata_tank_main_d#target/page_no=43

こちらもおなじですね。

 

タンク Xグレード内装

引用:https://toyota.jp/catalog/tank_main/book/?padid=ag341_tjp_wcata_tank_main_d#target/page_no=45

こちらも変わりませんね。

ルーミーとタンクの内装は全く同じになっています。

これはトールもジャスティも同じで、車のグレードが内装の違いになっているだけで、フロントの形の違いではないことがわかります

 

各車 グレード比較

トールはルーミーやタンクにはない、特別仕様車カスタムGのグレードがあります。

またジャスティには特別仕様車とルーミー、タンク、トールで共通のXグレードはありません。

 

ただ、内装についてはそれぞれ横並びの内装と同じものになっています

 

ルーミーvsタンクvsトールvsジャスティー比較!燃費の違い

では、ルーミーとタンク、トールとジャスティーの燃費の違いはあるでしょうか?

それぞれを比較してみました。

それぞれは同じグレードであれば同じ燃費になっています。

もちろんこの値は実際の燃費とは異なります。

 

実際にはこれらの値よりも64%から70%の中の値になるようです。

私はルーミーのXSのグレードの2WDに乗っているのですが、16.0km/L~17.2km/Lの間くらいです。

もちろん、乗り方や道路状況、運転する機会が週末のみなのか普段から乗っているか、オイル交換はできているか、オイルは何を使っているかなど、諸条件によってかなり変わりますので、あくまで目安だと考えてください。

 

ルーミーvsタンクvsトールvsジャスティー比較!価格(値段)の違い

ではルーミーとタンク、トールとジャスティーの価格はどうなっているでしょうか?

値段の違いはあるのでしょうか?

比較してみました。

どのグレードも基本横並びで変わらないのですが、トールの特別仕様車グレードと、ジャスティの8グレード中で6グレードが、他機種の価格より高くなっています

単純に見ればジャスティの方が割高感があります。

 

ただ、車の価格はどんな装備をオプションで装着するかで全く変わります。

カスタム次第でどんな車にも仕上がりますので、自分にはどんな装備をつけようかということをしっかり押さえておいた方がいいですね。

 

私のルーミーはXSのグレードですが、オプションでカスタム車と同じくLEDフォグランプをつけ、さらにナビレディパッケージをつけ、サンバイザーとコンフォートパッケージをつけました。

 

これだけで6万を越してしまいましたが、私は満足しています。

ぜひカタログと楽しくにらめっこをしていただければと思います。

 

ルーミーvsタンクvsトールvsジャスティー比較!一番人気は?

ルーミーとタンク、トールとジャスティーのそれぞれの人気はどのグレードでしょうか?

比較してみました。

 

ただ、まだモデルが変わったばかりですので、現在の販売台数上ではまだ新しいモデルは数字として上がりにくいものがあります。

リアルタイムの人気とは異なりますので、あくまで参考程度とお考え下さい。

 

 ルーミー  人気ランキングトップ5

 

Gグレードがやはり上位に食い込んでますね。

Xグレードは残念ながらトップ5にはなれませんでした。


カスタムGの4WDが検討しているのには驚きました。

 

タンク 人気ランキングトップ5


なぜかこちらは、ルーミには無かった、Xグレードがランクインしました。

価格の安さが売りのXグレードですが、なぜトップに踊り出ているのでしょうか?

 

可能性としてですが、ルーミーとタンクの購買層が影響しているのではないかというがあげられます。

ルーミーはトヨタカローラ系列が、タンクはトヨペット系列が販売しています。

 

トヨタカローラは購買ターゲットを40から50代を中心にしているのに対し、トヨペットは20代から30代のファミリー層を中心にしているということです。

そのため、タンクは若い人が購入することが多くなり、結果的に価格が安いグレードの方が好まれる傾向になっています。

それに対して、ルーミーは社会的にもある程度安定しているファミリー層が対象のため、多少価格が上がっても、自分好みの車を欲しがる傾向になりやすいということだと考えられます。

 

トール 人気ランキングトップ5

こちらの分布はルーミーと若干似ていますね。

やはり購買層の違いなのでしょう。

 

ジャスティ 人気ランキングトップ5

ジャスティにはあいにく同じサイトでは台数が少ないせいか、ランキング自体がありませんでした。

 そこで中古車サイトで扱っている台数をグレード別にし、人気ランキングとして考え、まとめてみました。

こちらはターボ車のランキングはありませんでした。

 

Gスマートアシストの一人勝ちですね。実は、1位と2位の間はかなり離れています。

でもそれもそうなんですが、思ったよりジャスティは売れていないですね。


スバルはジャスティの販売にはあまり力を入れてないようです。

 

ルーミーvsタンクvsトールvsジャスティー比較!違い・人気まとめ

ルーミーとタンク、トールとジャスティーの違いについて、人気も含めて比較してみました。

トールとジャスティーがグレードごとにフロント部分が異なるのにも驚きでしたが、さらにジャスティーがあまり売れていないことには大変驚きました。

車を比較検討する際の参考になれば幸いです。

 

アイキャッチ画像引用元:トヨタ公式サイト、ダイハツ公式サイト、スバル公式サイトより
https://toyota.jp/tank/exterior/?padid=ag341_from_tank_navi_exterior
https://toyota.jp/catalog/roomy_main/book/?padid=ag341_tjp_wcata_roomy_main_d#target/page_no=45
https://www.subaru.jp/justy/justy/design/design.html

 

憧れのミニバンをついに購入!しかも人より52万円以上も安く買えた!

私は今まで10年落ちのノートに乗っていました。

かなり古くなったのと家族も増え、ノートでは使い勝手がかなり悪くなり憧れだったミニバンに乗り換えようと、ディーラーに向かうことに。

見積もりをとってもらい想定の価格をちょっと超えてしまったので、奥手な私、苦手な交渉もがんばり……

20万円値引きします!」といいお返事を頂きました。

はじめは飛び跳ねるように嬉しかったのを覚えています。

 

ただ数分後には、

初心者
(うーんやっぱりこんなものかぁ、これ以上は限界だよなぁ涙)

と思ったとき。

 

「今乗っていらっしゃるノートを下取りに出しませんか?今なら10万円で引き取りますよ!」

ディーラー営業マンからの提案でした!

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたノートです。

初心者
(やったー!10万円!売りに行くのもめんどくさいしラッキー!)

…よく考えたらたった10万円

「10万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思う自分もいれば、

「もっと高く売れるよ!」と思う自分もしました。

 

値引き20万円とノートの下取り10万円で、30万円の値引き

値引きが無いよりは全然マシ!

だけど…いろいろ悩み始めてしまい結局その日は決められませんでした…。

私としてはこれまでで一番大きい買い物。

家に帰ってもう一度考えることにしました。

 

...私の判断は間違っていませんでした。

初心者
新車だし…もっと値引き出来ないかな?

そう思い、色々調べているとわかったことがあります。

衝撃の事実ですが、それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまとハマっていたんです!

ディーラー営業マンの罠にハマるところでした

車の相場を知らない私たちに、ディーラーは下取りを安く見積もっているようで「値引き充当」というもの。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする

という私達の心理を利用したディーラー営業マンのテクニックです。

初心者
値引きが多かったら嬉しいですもんね

 

つまり、そもそも私のノートの価値は「10万円」なんかじゃなかったんです!

あやうく、営業マンの罠にハマるところでした…

苦手な値引き交渉が上手くいったと思ってたけど、トータルで損してしまってはすべて意味がありません。

初心者
結局、私のノートはいくらで買い取ってもらえるの?

そんな疑問を抱え、更に調べます。

 

…なんと、思いも寄らない事実に気づいてしまいました…。

衝撃の値段がついたのです!あるサービスを使うことで!

そのサービスが、これ↓

初心者
愛車の相場や最高の買取価格がすぐに分かります!

楽天グループなので信頼度は抜群。

さらに全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いとのこと。

あの有名なガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれて一番高い価格を提示してくれます。

他の車の例はこんな感じ↓

ディーラーの下取りより明らかにお得です…!

>>私の使った無料査定サービスはこちら

下取り10万円からまさかの…!

衝撃的すぎました!

私の10年落ちノートが、

52万円で売れることがわかったんです!!

驚きすぎて心臓のバクバクがとまりませんでした!笑

 

ディーラー下取りで10万円と言われた私の車が、無料査定を使っただけで52万円になったんです。

驚かない理由がないですよね!

新車自体の値引き20万円も含めると、20万円+52万円…

すごいことになっちゃいました。

もし下取りの10万円で手を打っていたらと思うと後悔してもしきれません…!

 

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

無知は罪ですね、ホント。

私が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、使いやすさは抜群。

当たり前ですが、もし査定額に納得できなかったら売る必要ないです。

完全無料で相場がわかるので一度試してみることをおすすめします!

※査定は完全に無料なので、妹の車の査定もしちゃいました!

けっこういい価格だったので妹も喜んでて「車買い替えちゃおっかな〜」なんて言ってましたよ!笑

>>私が52万円も得した無料査定サービスはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる