シエンタ新型の内装アレンジとカスタム!おすすめアクセサリーやパーツは?

トヨタの新型シエンタはカラーバリエーションがとても豊富です。

ただ内装にもいろんなバリエーションとカラーがありアレンジ次第でかなりイメージがかわります。

アクセサリーやパーツでアレンジすることで、内装のカスタムが出来、自分だけのオリジナルのシエンタになります。

今回はトヨタ新型シエンタの内装にはどんなカラーバリエーションがあり、どんなアレンジができるのか、また内装のカスタム化の為にどんなアクセサリーやパーツがおすすめなのか等を調べてみました。

目次

シエンタ新型の内装!ハイブリッド車とガソリン車との違いは?

引用:トヨタ公式HP

トヨタシエンタの内装はグレードの種類、座席数によって色の配色が変わる感じですが、ハイブリッド車とガソリン車で違いはあるでしょうか?

ハイブリッド車とガソリン車での内装の違いはほとんどありません。
ただ細かいところで違いがあります。

  • スマートエントリー スイッチのカラー
  • シフトレバーとエアコン
  • マルチインフォメーションディスプレイ(メーター)のデザイン
  • ステアリングデザイン
  • クルーズコントロール

このような項目に違いがあります。

では一つ一つ見ていきましょう。

スマートエントリー スイッチのカラー

引用:トヨタ公式HP

左側の青いボタンがハイブリッド車、右側のオレンジ色の文字になっているのがガソリン車です。

ハイブリッド車は普通に電化製品と同じ感じで、大きなパソコンの電源ボタンみたいです。

ガソリン車はあくまでエンジンをスタートさせるスターターのボタン、といった違いがあります。

シフトレバーとエアコンスイッチ関係

引用:トヨタ公式HP

左がハイブリッド車のFUNBASE Gグレード、右がガソリン車FUNBASE Xグレードのシフトノブ周辺の写真です。

グレードが異なるので質感の違いなどがあるのですが、ハイブリッド車のシフトレバーは、

「P→R→N→D→B」であるのに対して、ガソリン車は「P→R→N→D・S→B」となります。

ハイブリッド車ではDがガソリン車だとD・Sになるんですね。

またエアコンですが、グレードが高いとハイブリッド車とガソリン車では違いはないのですが、Xグレードになるとエアコンがハイブリッド車ではオート、ガソリン車ではマニュアルとなり、温度表示があるハイブリッド車、表示のないガソリン車という感じになります。

ハイブリッドのインパネ下部にあるのは、AC100V・1500Wのアクセサリーコンセントです。

これはガソリン車にはありません。

 

またハイブリッドのGグレードではフロント以外にもラゲージの所にオプションでコンセントを追加することが出来ます。

マルチインフォメーションディスプレイ

引用:トヨタ公式HP

左がハイブリッド車、右がガソリン車のマルチインフォメーションディスプレイです。

 

ハイブリッド車はどのグレードも4.2インチカラーTFT液晶にリヤシートリマインダー機能にアンビエント照明がついた、ハイブリッド専用オプティトロンメーターになっています。

ガソリン車はハイブリッドと同じ4.2インチカラーTFT液晶にリヤシートリマインダー機能が付いているところは一緒ですが、アンビエント照明はついていません。

 

また、ガソリン車のXグレードはドライブモニターの部分はセグメント液晶となり少し簡素化されています。

 

ハンドルデザイン

引用:トヨタ公式HP

Gグレードだとハイブリッド車もガソリン車も左側の「本革巻き3本スポークステアリングホイール」(ピアノブラック+サテンメッキ加飾付)となり、またマルチインフォメーション操作が可能なステアリングスイッチが付きます。

 

Xグレードになると、ハイブリッド車なのかガソリン車なのかで変わります。

Xグレードのハイブリッド車だと、ピアノブラック+サテンメッキ加飾付でマルチインフォメーション操作が可能なステアリングスイッチという点は一緒ですが、「ウレタン3本スポークステアリングホイール」となります。

Xグレードのガソリン車はサテンメッキ加飾とステアリングスイッチが無くなった、「ウレタン3本スポークステアリングホイール」のみとなります。

 

Xグレードだとハイブリッド車なのかガソリン車なのかで結構雰囲気が変わってきますね。

 

クルーズコントロール

引用:トヨタ公式HP

クルーズコントロールはGグレードのハイブリッドだけ標準装備です。

つまりG Cueroグレード、Gグレード、FUNBASE Gグレードのみとなります。

これは結構気になる人がいるのではないでしょうか?

 

今はガソリン車でもクルーズコントロールを標準搭載している車が多いので、クルーズコントロールが欲しい方はGグレードのハイブリッド車一択ということになります。

全グレードのガソリン車およびXグレードのハイブリッド車はメーカーオプションでも追加は出来ません。

 

このほかにもECOモードなどのスイッチとアイドリングストップのON/OFFスイッチの違いがありますが、画像では確認が難しいため、ディーラーで実際の車を見て確認してみてください。

 

シエンタ新型の内装!おすすめアレンジは?

引用:トヨタ公式HP

シエンタ新型の内装についてみてきましたが、おすすめのアレンジをご紹介します。

引用:トヨタ公式HP

このハーフラゲージモードは、2人又は3人乗る以外のシートを倒して載せられるモードになります。

家具などを購入して家に運びたい時など、比較的大きな荷物を横に積んで運びたいときに重宝しますね。

様々なアレンジが利くシエンタですが、片方だけたたむ手間だけで大きなものも積むことが出来るのはシエンタならではです。

 

このほかにも自転車を積むことが出来るモードなどもあり、ちょっとしたシートアレンジで、より大きな荷物を積むことが出来るようになるのも、シエンタの魅力です。

 

またFUNBASEには独自のアレンジを施せるものがあります。

それがユーテリティホールです。

引用:トヨタ公式HP

このユーテリティホールをうまく使うことで様々なアレンジが可能となります。

このホールにはめることが出来るフックやフレームもあり、パネルなどを装着することが出来ます。

引用:トヨタ公式HP

アレンジしてみたい方はFUNBASE専用のアイテムセットがあるので、そちらの購入をお勧めします。

 

シエンタ新型の内装カスタム!おすすめアクセサリーやパーツは?

引用:トヨタ公式HP

シエンタ新型の内装についてみてきましたが、内装は様々なパーツをつけることでカスタムメイドも可能です。

ここではおすすめのアクセサリーやパーツについてご紹介します。

インテリアイルミネーション

引用:トヨタ公式HP

やわらかい白色のイルミネーションです。

フロントシートとセカンドシートの足元を照らすので、とても夜間の運転には安心です。

ドアを開けるときに連動して転倒して、ドアを閉じるとゆっくりと光が弱まっていきます。

 

夜はスモールライトをつけると連動して点灯するので、かなり雰囲気が変わりとてもおしゃれな空間を演出できるのでお勧めです。

 

ロングラゲッジマット

引用:トヨタ公式HP

シエンタはあらゆるものを積むことが出来ますが、車内は汚したくないですよね。

かといって使いやすくないと困ります。

そこで重宝するのがこのシートです。

 

自転車を積んだり、釣り道具やスキー道具、海に遊びに行くときなど、汚れが心配な荷物でも、このシートさえあれば大丈夫です。

仮に汚れてもひと吹きで落とすことが出来る防水シートになっています。

様々なシートアレンジにも対応できるところも魅力です。

 

インテリアパネル

引用:トヨタ公式HP

フロント部分が物足りないと感じる人にはこのパネルはおすすめです。

これがあるとないとだけで雰囲気ががらりと変わります。

またフロントだけでなくエアコン周りや手すり部分にも同じ装飾を施すことが出来ます。

引用:トヨタ公式HP

こうした装飾を施すことで、全く雰囲気が違う車になりますので、ノーマルなシエンタが好みでない方はぜひこれらのオプションを追加してみてください。

 

シエンタ新型の内装アレンジとカスタム!おすすめアクセサリー・パーツまとめ

ここまでシエンタ新型の内装アレンジとカスタムのおすすめアクセサリーやパーツについてみてきましたが、

いかがだったでしょうか。

ハイブリッド車とガソリン車では明確なデザインの違いはありませんが、細かいところで変わっていることと、アレンジ次第でシエンタ新型は大変楽しめる車となっています。

アレンジ次第でかなり見え方や使い方も変わってくるので、ぜひそのあたりも含めてディーラーに相談してみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる