セレナの寒冷地仕様は必要?見分け方は?シートーヒーターは快適?

大人気Mサイズミニバンの代表格であるセレナ。

車をより快適にする様々なオプションが存在しますが、その中で寒冷地仕様にする必要はあるのでしょうか。

 

また、寒冷地仕様になっている場合の見分け方や、シートヒーターは快適なのかなども気になるところです。

良さそうであれば検討したいですよね。

というわけで、今回はセレナの寒冷地仕様が必要なのかどうか、そしてその見分け方やシートヒーターが快適なのかを解説していきます!

 

目次

セレナの寒冷地仕様は必要なの?

セレナの寒冷地仕様は必要なのかを解説する前に、そもそも寒冷地仕様とは何なのかをまず説明していきます。

 

寒冷地仕様とは何か?

寒冷地仕様という言葉をそのままとらえると、冬に氷点下以下になるような降雪地帯などで使用する際に便利になる装備が追加されている車ということになります。

一般的に、以下のような装備が付けられることが多いです。

  • バッテリーの大型化(低温時での始動性の確保)
  • 冷却水が高濃度(凍結防止のため)
  • リヤヒーターダクトの追加
  • 暖房機能の強化
  • リヤフォグランプ(降雪時での自車視認性の強化)
  • シートヒーターの追加
  • ヒーテッドドアミラーの追加
  • ウインドウデアイサー(熱線が入ったフロントウインドーで、ワイパーの凍結を防止する)
  • ワイパーモーターの強化(雪が積もっていても動作可能)
  • 防錆アンダーコート(融雪剤で車体の腐食が発生するのを防止)

 

車によっては、北海道地域で販売される車はすべて寒冷地仕様になっているものもあります。

寒冷地仕様が何なのかは、これでわかりましたね。

 

セレナの寒冷地仕様は必要なのか?

ここまで、寒冷地仕様とは何かを解説してきました。

それでは、たとえ降雪地帯に住んでいなかったとしても、セレナの寒冷地仕様は必要と言えるのでしょうか。

 

結論から言うと、必要です。

それはなぜでしょうか。

 

実は、ここでポイントになるのは寒冷地仕様そのものでなく、それに付随するオートデュアルエアコンやステアリンヒーター、シートヒーターです

 

セレナの標準装備のエアコンは、後席は風量調節しかできません。

後席のエアコンの温度などを細かく調整するには、このオプションを付けるしかないのです。

 

オートデュアルエアコン単体のオプションは存在しませんからね

 

この機能は地味ですが結構便利で、特にセレナのような車体の大きなミニバンでは重宝します。

 

また、ステアリングヒーターもなかなか便利です。

寒い季節はステアリングも冷たく、温まるまで運転がしにくくなります。

オートデュアルエアコンほどではありませんが、あると嬉しい機能になります。

 

とはいえ、約8万円というオプション料金はなかなか高いですよね。

そう感じる方には、オートデュアルエアコンのみがセットになっている税込39,960円のメーカーオプションを選択するのもおすすめです。

 

というわけで、セレナの寒冷地仕様についてより詳しい解説を、ここからしていきます。

 

セレナの寒冷地仕様とは?

 

 

セレナの寒冷地仕様の内容は?

 

それでは、セレナの寒冷地仕様は、どのような装備となっているのでしょうか。

  • オートデュアルエアコン
  • 前席クイックコンフォートヒーター付きシート
  • ステアリングヒーター
  • PTC素子ヒーター(e-POWER車には標準装備)
  • ヒーター付きドアミラー
  • 高濃度不凍液

 

セレナの場合、寒冷地仕様の基本セットであるPTC素子ヒーター、ヒーター付きドアミラー、高濃度不凍液にプラスして、オートデュアルエアコン、シートヒーター、ステアリングヒーターがセットになっています。

価格は2019年10月時点の税込価格で84,700円です。

 

ちなみに、オートデュアルエアコンと寒冷地仕様のみのセットもあり、それですと2019年10月時点の税込価格で40,700円となります。

 

セレナの寒冷地仕様の有り・無しの見分け方は?

現行モデルのセレナの購入を検討されている方には、中古車を狙っているという方もいますよね。

その場合、寒冷地仕様の有り・無しはどのように見分ければ良いのでしょうか。

いくつかポイントを挙げていきます!

 

セレナの寒冷地仕様の有り・無しの見分け方① 2WD or 4WD

まず最初に確認すべき点が、セレナの駆動方式です。

セレナには、主に二つの駆動方式があります。

  • 2WD(FF/前輪駆動)
  • 4WD

 

そのなかで、4WDのセレナはオートデュアルエアコン、寒冷地仕様が標準装備となっています

つまり、4WDの時点で寒冷地仕様であることが確定するため、見分けることができます。

 

ちなみに、4WDの設定があるグレードは以下の通りです。

  • セレナ X
  • セレナ X VセレクションⅡ
  • セレナ G
  • セレナ ハイウェイスター
  • セレナ ハイウェイスター VセレクションⅡ
  • セレナ AUTECH 
  • セレナ AUTECH V Package
  • セレナ AUTECH Safety Package

 

上記以外のグレードや、e-POWER、NISMO仕様には、4WDの設定がないので、寒冷地仕様になっている場合は必ずオプションで取り付けられていることになります。

 

セレナの寒冷地仕様の有り・無しの見分け方② オートデュアルエアコン

駆動方式が2WDだった場合は、どのように見分ければ良いのでしょうか。

それは、寒冷地仕様になっている場合に必ずセットになってきているオートデュアルエアコンがついているかどうかです

 

その中で、どこを見ればそれがオートデュアルエアコンだとわかるのでしょうか。

オートエアコン

セレナの標準装備であるオートエアコンは、以下のようなスイッチの配置になっています。

引用:https://www.nissan.co.jp/

オートデュアルエアコン

一方、オートデュアルエアコンの場合は、このようになっています。

引用:https://www.nissan.co.jp/

一見変わらないようにみえますが、オートデュアルエアコンには⑥REAR SETスイッチが存在し、REARのオンオフスイッチは一つにまとめられています。

このようなスイッチ配置になっていれば、間違いなく寒冷地仕様です

 

一番手っ取り速い見分け方としては、この方法となります。

 

セレナの寒冷地仕様のシートヒーターは快適って本当?

引用:https://www.nissan.co.jp/

セレナを寒冷地仕様にした場合で、税込83,160円のメーカーオプションにした場合、シートヒーターがセットになります。

正式名称は、「前席クイックコンフォートヒーター付シート」と言います。

 

このシートヒーターは非常に良くできていて、ヒーターが作動してからの時間に応じて、シートの温める場所や温度制御を最適化されるのです。

また、暖かいと感じる時間を短縮して、心地よい暖かさを持続させてくれますし、それによって血の巡りが良くなることで乗車中の疲労を最小限に抑えてくれます。

 

リラックス効果も期待できる機能と言えますね。

この機能が運転席と助手席に付きます。

 

はたして、このシートヒーターが快適というのは本当なのでしょうか。

評判を見てみると、なかなか上々で、こんな意見が多かったです。

  • セレナは室内が広いのでなかなか暖まらないが、シートヒーターのおかげですぐ身体が暖まる
  • エンジンをかけてすぐに暖かくなるので、非常に快適

 

このように、セレナのシートヒーターは皆さん快適という評価をしています。

やはり、寒いと気持ちも落ち込みますし、こういった機能は助かりますよね。

 

セレナの寒冷地仕様の有り無し2列目3列目ヒーターに違いはできる?

 

 

セレナ寒冷地仕様のシートヒーターの価格(値段)は?

 

セレナの寒冷地仕様は必要?見分け方やシートーヒーターまとめ

今回は、セレナの寒冷地仕様は必要かどうか、そしてその見分け方やシートヒーターについて解説してきました。

オートデュアルエアコンやシートヒーターによって、セレナの寒冷地仕様はその付加価値を高め、必要性を感じるものになっている印象です。

 

また、寒冷地仕様のセットは、メーカーオプションのため、購入時に選ばない限り後から装着することはできません。

最初に決断しなければならないので、今回の記事が、本当に必要とご自身が感じるかどうかの参考になれば幸いです!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる