新型セレナe-powerハイウェイスターと標準モデルとの違いを徹底比較!

新型セレナe-powerには、標準モデルとハイウェイスターというグレードが存在します。

グレードの名前が違えば装備や価格等、様々な点で違いがあるのは当然ですが、その違いは何でしょうか。

 

徹底比較することで、その違いが明確にわかり、選ぶ際にもすごくわかりやすいですよね。

今回は、新型セレナe-powerのハイウェイスターと標準モデルの違いを徹底比較していきます!

 

目次

新型セレナe-powerハイウェイスターと標準モデルとの違いは?

新型セレナe-powerには、4つのグレードが用意されています。

  • セレナe-power X
  • セレナe-power XV
  • セレナe-power ハイウェイスター
  • セレナe-power ハイウェイスター V

 

大きく分けると、XとXVを「標準モデル」、それ以外をハイウェイスターとなります。

その違いを見ていきましょう。

 

新型セレナe-powerハイウェイスターと標準モデルの違い① 価格

グレード 新車価格(税込)
e-power X 2,968,920円
e-power XV 3,128,760円
e-power ハイウェイスター 3,178,440円
e-power ハイウェイスター V 3,404,160円

ハイウェイスターは、標準モデルの上位グレードとして位置しています。

そのため、価格としては約30万円程度、ハイウェイスターの方が高くなっています。

 

その分だけ、ハイウェイスターの方が様々な面でより充実しているといえます。

なお、価格は2019年6月時点での税込価格です。

 

新型セレナe-powerハイウェイスターと標準モデルの違い② エクステリア

新型セレナe-powerのハイウェイスターと標準モデルの一番わかりやすい違いは、エクステリアの違いです。

セレナe-power ハイウェイスター

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

ハイウェイスターには、専用のエアロパーツが装備されます

キャラクターラインがはっきりしていることで、よりスポーティーで、かつ引き締まった印象を与えてくれます。

 

また、最近の日産のデザインである「Vモーショングリル」も、ハイウェイスターには採用されています。

e-powerを表すフロントグリルのブルーラインも、2本入っていて格好良いですよね。

 

セレナe-power 標準モデル

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

一方の標準モデルは、シンプルで落ち着いたエクステリアデザインとなっています。

ブルーのラインもこちらは1本です。

 

エクステリアに関しては好みによって分かれるといえますね。

 

新型セレナe-powerハイウェイスターと標準モデルの違い③ インテリア

ハイウェイスターと標準モデルでは、インテリア、とりわけ選べるカラーに差があります。

ハイウェイスター

  • グレージュ
  • ブラック
  • プレミアムインテリア

 

標準モデル

  • ブラック
  • フェザーグレー

 

ハイウェイスターと標準モデルにはどちらもブラックの内装がありますが、全く同じというわけっでなく、ハイウェイスターはシートにブラウンも使われていたりと、より上質な雰囲気になっています。

また、シート素材にも違いがあり、ハイウェイスターでは光沢感や質感がより高まっています。

機能面では特に違いはありません。

 

新型セレナe-powerハイウェイスターと標準モデルの違い④ ハンズフリーオートスライドドア

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

ハイウェイスターと標準モデルの装備の違いの一つは、ハンズフリーオートスライドドアが装備可能かどうかです。

ハンズフリーオートスライドドアとは、スライドドアの下に足を翳すことで、スライドドアがオープン、クローズするという機能です

両手に荷物を持っていたり、子供を抱えていても簡単にスライドドアを開けられるので、非常に重宝します。

 

ハイウェイスターVでは両側に標準装備、ハイウェイスターでは助手席側のみでオプション設定なのに対し、X、XVではオプション設定もありません。

 

新型セレナe-powerハイウェイスターと標準モデルの違い⑤ サスペンション

ハイウェイスターは、サスペンションも専用のパーツを使っています。

それによって、静粛性、乗り心地が標準モデルに比べて向上しています

 

新型セレナe-powerハイウェイスターと標準モデルの違い⑥ 安全装備

これはハイウェイスターと標準モデルの違いというより、X・ハイウェイスターとXV・ハイウェイスターVの違いと言ったほうが正確です。

簡単に言うと、Xないしはハイウェイスターにはセレナの売りの一つである先進安全装備がオプションでも装備できず、上級グレードであるXVとハイウェイスターVのみオプションで装備可能ということです。

 

そのため、X・ハイウェイスターは「セーフティ・サポートカー」、XV・ハイウェイスターVは「セーフティ・サポートカー S ワイド」に区分されているという違いがあります。

 

具体的に見ると、「セーフティパックB」が付けられるかどうかという差があります。

  • プロパイロット
  • インテリジェントエマージェンシーブレーキ
  • インテリジェントアラウンドモニター
  • インテリジェントパーキングアシスト(駐車支援システム)
  • インテリジェントLI(車線逸脱防止システム)
  • インテリジェントDA(ふらつき警告)
  • インテリジェントルームミラー
  • 踏み間違い衝突防止アシスト
  • 標識認識機能
  • 車両接近通報装置
  • ハイビームアシスト

 

等と言った装備が付きます。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/safe.html

その中でも、セーフティパックBならではの安全装備として、プロパイロットが挙げられます。

これは、高速道路上での半自動運転を可能にした日産が誇る技術で、長距離運転の負担軽減等に繋がります。

 

この装備が付けられるのは、ハイウェイスターと標準グレードの上位モデルに当たるハイウェイスターV、XVのみです。

 

新型セレナe-powerハイウェイスターと標準モデル買うならどっち?

ここまで、新型セレナe-powerハイウェイスターと標準モデルを、様々なポイントから違いの比較をしてきました。

それでは、買うべきグレードはどれでしょうか。

 

結論から言うと、セレナe-powerハイウェイスター Vです。

 

まず、基本的な考え方として、装備面ではXとハイウェイスター、XVとハイウェイスター Vが対応しています。

エントリーグレードであるXやハイウェイスターでは、安全装備等が最小限で、最新の車としては少し不満です。

そうなると、上位グレードに当たるXVやハイウェイスター Vの中から選ぶことになります。

 

次に考えたいのが、エクステリアデザインです。

これは好みの問題でもありますが、個人的には、ハイウェイスターの専用エクステリアの方が、格好良いと感じますし、内装の質感も高いです。

実際の販売でも、ハイウェイスターの比率の方がかなり多くなっています

 

つまり、人気があるのはハイウェイスターということですよね。

そうなると、リセールバリューでも差が出ます。

 

乗っているときにも、将来的に売却するときにも、ハイウェイスターの方がメリットがあります。

 

そして、より装備が充実しているハイウェイスター Vを、今回買うべきグレードとしておすすめします。

 

新型セレナe-powerハイウェイスターと標準モデルとの違い・比較まとめ

今回は、新型セレナe-powerハイウェイスターと標準モデルの違い・比較をお届けしました。

比較するとエクステリアは全く印象が違いますし、他にも結構細かい部分まで違いがありましたね。

 

セレナe-powerは同クラスのミニバンでは大人気ですし、注目している方も多いですよね。

今回の記事を参考に、自分に合ったグレードを選んでいただけたら嬉しいです!

 

憧れのミニバンをついに購入!しかも人より52万円以上も安く買えた!

私は今まで10年落ちのノートに乗っていました。

かなり古くなったのと家族も増え、ノートでは使い勝手がかなり悪くなり憧れだったミニバンに乗り換えようと、ディーラーに向かうことに。

見積もりをとってもらい想定の価格をちょっと超えてしまったので、奥手な私、苦手な交渉もがんばり……

20万円値引きします!」といいお返事を頂きました。

はじめは飛び跳ねるように嬉しかったのを覚えています。

 

ただ数分後には、

初心者
(うーんやっぱりこんなものかぁ、これ以上は限界だよなぁ涙)

と思ったとき。

 

「今乗っていらっしゃるノートを下取りに出しませんか?今なら10万円で引き取りますよ!」

ディーラー営業マンからの提案でした!

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたノートです。

初心者
(やったー!10万円!売りに行くのもめんどくさいしラッキー!)

…よく考えたらたった10万円

「10万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思う自分もいれば、

「もっと高く売れるよ!」と思う自分もしました。

 

値引き20万円とノートの下取り10万円で、30万円の値引き

値引きが無いよりは全然マシ!

だけど…いろいろ悩み始めてしまい結局その日は決められませんでした…。

私としてはこれまでで一番大きい買い物。

家に帰ってもう一度考えることにしました。

 

...私の判断は間違っていませんでした。

初心者
新車だし…もっと値引き出来ないかな?

そう思い、色々調べているとわかったことがあります。

衝撃の事実ですが、それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまとハマっていたんです!

ディーラー営業マンの罠にハマるところでした

車の相場を知らない私たちに、ディーラーは下取りを安く見積もっているようで「値引き充当」というもの。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする

という私達の心理を利用したディーラー営業マンのテクニックです。

初心者
値引きが多かったら嬉しいですもんね

 

つまり、そもそも私のノートの価値は「10万円」なんかじゃなかったんです!

あやうく、営業マンの罠にハマるところでした…

苦手な値引き交渉が上手くいったと思ってたけど、トータルで損してしまってはすべて意味がありません。

初心者
結局、私のノートはいくらで買い取ってもらえるの?

そんな疑問を抱え、更に調べます。

 

…なんと、思いも寄らない事実に気づいてしまいました…。

衝撃の値段がついたのです!あるサービスを使うことで!

そのサービスが、これ↓

初心者
愛車の相場や最高の買取価格がすぐに分かります!

楽天グループなので信頼度は抜群。

さらに全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いとのこと。

あの有名なガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれて一番高い価格を提示してくれます。

他の車の例はこんな感じ↓

ディーラーの下取りより明らかにお得です…!

>>私の使った無料査定サービスはこちら

下取り10万円からまさかの…!

衝撃的すぎました!

私の10年落ちノートが、

52万円で売れることがわかったんです!!

驚きすぎて心臓のバクバクがとまりませんでした!笑

 

ディーラー下取りで10万円と言われた私の車が、無料査定を使っただけで52万円になったんです。

驚かない理由がないですよね!

新車自体の値引き20万円も含めると、20万円+52万円…

すごいことになっちゃいました。

もし下取りの10万円で手を打っていたらと思うと後悔してもしきれません…!

 

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

無知は罪ですね、ホント。

私が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、使いやすさは抜群。

当たり前ですが、もし査定額に納得できなかったら売る必要ないです。

完全無料で相場がわかるので一度試してみることをおすすめします!

※査定は完全に無料なので、妹の車の査定もしちゃいました!

けっこういい価格だったので妹も喜んでて「車買い替えちゃおっかな〜」なんて言ってましたよ!笑

>>私が52万円も得した無料査定サービスはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる