セレナe-POWERとヴォクシーを徹底比較!違いは?買うならどっち?

大人気の中型ミニバンとしてライバルとも言われるセレナe-POWERとヴォクシー。

しのぎを削るこの2台の間には、どのような違いがあるのでしょうか。

様々な観点から比較をすると、それぞれにどんな魅力があり、買うならどっちが良いかがわかるはず。

ということで、今回はセレナe-POWERとヴォクシーを比較し、違いを検証した上でどっちを買うべきかをお伝えします!

目次

セレナe-POWERとヴォクシー比較!全体・室内の大きさ(サイズ)の違いは?

セレナe-POWER

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

ヴォクシー

引用:https://toyota.jp/voxy/exterior/?padid=ag341_from_voxy_navi_exterior

セレナe-POWERとヴォクシーは同カテゴリのミニバンです。

だからこそライバルなわけですが、実際の寸法にはどのような違いがあるのでしょうか。

こうみると、本当に同じぐらいの大きさなんだなということが改めてわかります。

 

その中で、室内寸法に関しては、若干ではありますがセレナe-POWERの方が広くなっています。

この数値は、クラストップの数値となっています。

 

実際どれぐらいその大きさの差を感じるかは個人差があると思いますが、室内が少しでも広いというのはプラスポイントですね。

 

セレナe-POWERとヴォクシー比較!何人乗り?乗車定員の違いは?

セレナe-POWERとヴォクシーの間では、乗車人数に違いがあります。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

まずセレナe-POWERですが、7人乗りの設定のみとなっています。

 

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/space/?padid=ag341_from_voxy_in_space04

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/space/?padid=ag341_from_voxy_in_space04

一方、ヴォクシーには各グレードに7人乗り、8人乗りの設定があるのが特徴です。

ただし、ハイブリッドには8人乗りの設定はありません。

 

セレナe-POWERとヴォクシー比較!タイヤサイズの違いは?

タイヤサイズにも、両車で違いがあります。

 

セレナe-POWERは、全グレード共通で15インチのタイヤを装着しています。

一方、ヴォクシーはグレードに応じて15インチ~16インチのタイヤを装着しています。

 

セレナe-POWERとヴォクシー比較!販売価格(値段)の違いは?

次に比較するのが、販売価格です。

 

セレナe-POWERとヴォクシー比較~販売価格編~① セレナe-POWER

最新技術であるe-POWERを搭載していますが、エントリーモデルが2,698,920円~と、ヴォクシーのガソリン車と同程度の価格となっています

一方、上位モデルはヴォクシーのハイブリッドよりも高い設定で、グレードの価格幅が大きいですね。

 

セレナe-POWERとヴォクシー比較~販売価格編~② ヴォクシー

日産のe-powerに対抗するのはハイブリッドということになりますが、エントリーモデルですとセレナの方がお得感があります。

一方、上位モデルになるとヴォクシーは価格上昇がそこまでではなくなります。

 

セレナe-POWERとヴォクシー比較!燃費の違いは?

ここでは、両車の燃費について比較しますが、ヴォクシーはハイブリッドの数値で比較していきます

なぜなら、e-POWERはパワートレインとしてはハイブリッドに近いものがあり、ガソリンとの比較はあまり意味がないからです。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/performance.html

まずセレナe-POWERですが、このカタログ燃費(JC08モード燃費)は26,2km/Lとかなりすごい数値をたたき出しています。

引用:https://toyota.jp/voxy/performance/eng_hv/?padid=ag341_from_voxy_perf_eng_hv01

一方、ヴォクシーハイブリッドも23.8km/Lという素晴らしい数値となっており、約3km/L違うとは言えどちらも低燃費であることがわかります。

 

セレナe-POWERとヴォクシー比較!維持費(自動車税・自動車重量税)の違いは?

次に比較をするのは、セレナe-POWERとヴォクシーの維持費についてです。

 

ここでは、自動車税自動車重量税についてそれぞれ見ていきます。

 

それぞれの税金は、以下のように課税されます。

  • 自動車税:毎年4月1日の所有者に対して、自動的にかかる税金で、金額は排気量によって決まる税金
  • 自動車重量税:新車登録時と車検毎に車両の重さによって課税される税金

 

そして、忘れてはならないのが、エコカー減税グリーン化特例です。

引用:https://toyota.jp/ecocar/about1/

セレナe-POWER、ヴォクシーのハイブリッドはともに取得時の重量税が100%減税、翌年度の自動車税が75%減税となっています

 

セレナe-POWERとヴォクシー比較~維持費編~① セレナe-POWER

セレナe-POWERの自動車税

セレナe-POWERは、発電用に1.2Lエンジンを搭載しているので、これに基づいて自動車税額が決まります。

この場合ですと、税額は34,000円となり、ここから減税をされて8,500円となります。

 

セレナe-POWERの自動車重量税

自動車重量税は、税額30,000円が100%減税になり、0円となります。

 

セレナe-POWERとヴォクシー比較~維持費編~② ヴォクシー

それでは、ヴォクシーの場合はどうでしょうか。

ヴォクシーの自動車税

ヴォクシーには、2つのパワートレインが存在しますが、自動車税額は変わらず39,500円となります。

その中で、ハイブリッドは75%減税がはいるので、10,000円となります。

 

ヴォクシーの自動車重量税

重量税に関しては、ヴォクシーのガソリン車は30,000円になります

ハイブリッドは減税され0円です。

 

セレナe-POWERとヴォクシー比較!乗り心地の違いは?どっちが良い?

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/safe.html

次に見ていくのが、セレナe-POWERとヴォクシーの乗り心地です。

 

セレナe-POWERとヴォクシー比較~乗り心地編~① セレナe-POWER

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/function.html

セレナe-POWERの最大の特徴は、その静粛性にあります。

まるで電気自動車のような静粛性は、他の車では得られない体験です。

また、乗り心地もミニバンらしさはあるものの、上品にまとめられています。

 

e-POWERのもう一つの特徴として、e-ペダルがあります。

これはワンペダル走行が可能になるものです。

回生ブレーキを利用して、発進から加速、減速、停止までをアクセルペダルのみで行うことができます

 

これは操作に慣れが必要で、最初のうちは強くブレーキがかかりすぎたりしてしまいますが、慣れると非常に便利で、足元も操作も楽なので疲れにくくなります。

 

セレナe-POWERとヴォクシー比較~乗り心地編~② ヴォクシー

引用:https://toyota.jp/voxy/performance/performance/?padid=ag341_from_voxy_perf_perf01

ヴォクシーの乗り心地の良さは、街乗りで力を発揮します。

割とソフトな乗り心地で、普段使いでは非常に快適にドライブできますし、特にハイブリッドは静かです。

 

一方、高速走行では路面の凸凹を割と拾ってしまう点と、風の影響を受け車体がふらつくことがあるので、その点はマイナスです。

また、エンジンパワーが少し不足気味で、高速ではエンジン音が気になることもあります。

 

セレナe-POWERとヴォクシー比較!買い替えるならどっち?リアル評価!

今回、様々な視点でセレナe-POWERとヴォクシーの違いを比較してきました。

サイズとしてはほぼ同じで、まさにライバル車のこの2台は、似ている点もそうでない点も発見できました。

その中で、買い替えるならどっちかいうと、今回はセレナe-POWERをお勧めします。

 

その理由は、やはりe-POWERという先進技術の存在です。

エンジンで発電して電気で車を動かすというこの技術は、日産にしかないものですし、それによるメリットもたくさんあります。

 

一つは燃費。

ハイブリッド車をも凌駕する燃費は非常に魅力ですし、特にミニバンでありながらこれだけの数値がだせるのは本当に貴重です。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/performance.html

もう一つは、静粛性の高さによる居住空間の快適性の高さです。

ミニバンは、大人数で乗ることが多い方が選ぶ車です。

 

静粛性がより高ければ、1列目から3列目まで無理なく会話もできて、より楽しくドライブすることができます。

 

そして、この技術を他の普通の車と変わらない金額で乗れるというのも魅力です。

もし、セレナe-POWERがかなり割高であれば、選ぶのは難しくなっていました。

 

これらのことから、今回おすすめするのはセレナe-POWERとします。

 

セレナe-POWERとヴォクシー比較!スペック違いまとめ

同サイズのライバル車の比較では、類似点も多く出る中ででてくる相違点はすなわちその車のコンセプトそのものです。

今回、セレナe-POWERとヴォクシーを比較しましたが、どちらも魅力的であることに変わりはありません。

中型ミニバンを検討する際は必ず候補にあがる2台ですので、今回の記事を参考に、ぜひそれぞれ実際に体験した上で結論を出してくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる