トヨタ新型ルーミーの内装を徹底解剖!カスタムとの違いは?

トヨタの新型ルーミーは内装がいろいろグレードによって異なるようです。

トヨタ新型ルーミーの通常グレードとカスタムグレードではどのような違いがあるでしょうか?

今回は、トヨタ新型ルーミーノ内装を徹底解剖し、カスタムとの違いをまとめてみました!

目次

トヨタ新型ルーミーの内装!カスタムとの内装色の違いは?

トヨタ新型ルーミーの内装についてふれていきましょう。

全体的に見て、どのグレードでもそこまで大きくはかわりません。

ただ、グレードごとに若干違う部分があるので、それらについて解説していきましょう。


引用;https://toyota.jp/roomy/interior/?padid=ag341_from_roomy_navi_interior



引用元 https://toyota.co.jp/ruumy

全体的にブラックを基調として、青とシルバーがアクセントになっています。

引用元 https://toyota.co.jp/ruumy

それに対して、G,Xグレードはブラックを基調としながら、茶色をアクセントにしています。

そして、cozyエディションはちょうどそれの中間どころで、ブラックを基調としながらも、茶色とシルバーがアクセントになっています。


引用元:https://toyota.jp/roomy/grade/special/?padid=ag341_from_roomy_top_rec_grade_special_detail_thumb

カスタムに比べてcozyエディションは優しいイメージですね。

女性はもちろん、男性にもお勧めの内装です。

 

トヨタ新型ルーミー内装!室内空間サイズは?ファミリー向けに充実?

トヨタの新型ルーミーの内装ですが、室内空間サイズはとても広いです。

というのも、窓ガラスがほぼ垂直になっているので、シエンタのような丸みをあまり帯びていないためです。

この画像はカスタムGTを窓前回にして後ろから写したものです。

窓がほぼ垂直になっているため、車の割には室内に入ると大変広く感じます。

ファミリー向きといっても過言ではないですね。

そして私がこの車で気に入っているところは、後部座席のドア近くについている手すりです。

自分の車を撮影しました。

これがあると、小さい子でも、おばあちゃんでも、乗り降りがとても楽なんです。

シエンタと乗り比べてみましたが、この点はシエンタなどと比べて、大変楽ですし、安心ですね。

もちろんシエンタもアシストグリップはあるのですが、ここまで大きくはないです。

車の大きさとしてはシエンタの方が大きいし、人数が乗ることもあり、楽ではあるのですが、三人くらい、後部座席に2~3人程度であれば、かえってこのくらいの車の方が取り回しもいいですね。

ファミリー向けとして、特にこの手すりの安心感は、ほかの車にはないものです

また他のミニバン同様、足元がフラットなので、足を高くあげる必要がないのもいいですね

これはパッソなどの普通のコンパクトカーにはありません。

後部座席側になります。本当にフラットなんですよね。

こちらが助手席側になります。

こちらもフラットでとても乗りやすく、高さは366mmです。

ちなみにボクシーは360mmで、シエンタは330mmなので、ルーミーは若干高いともいえます。

ただボクシーとの差はほとんどないですし、このくらいであれば、使っていて特に問題は無いです。

足をつっかけることもないので、お年寄りを乗せる場合でも楽です。

実際私の母を助手席にも後部座席にも載せることがあるのですが、やはり足を高く持ち上げる必要がないという点では、非常に楽だと言っています。

 

トヨタ新型ルーミーの内装!おすすめパーツはコレ!

トヨタの新型ルーミーの内装はどうでしょう?

全体的な様子を振り返って見てみましょう。

X,XS,G,GTはこのようになっています。


引用元 https://toyota.co.jp/ruumy

そしてカスタムG,GTはこんな感じです。


引用元 https://toyota.co.jp/ruumy

では細かく見ていきましょう。

私の乗っているXグレードはこうなっています。

引用元 https://toyota.co.jp/ruumy

センタークラスターパネルエアコンは手動式でオートではないです。

また、ただ単にブラックで、高級感などは無いです。

といってオートじゃないと・・というのは無いので、あとは好みの問題ですね。

「オートに魅力を感じない!無駄に電気を食うだけ!エアコンは効けばいい!」という人はこちらでいいと思います。

私は“エアコンは効けばいい”と思っているので、問題は無いですね。

他のグレードになると、Gシリーズはブラック調、カスタムGシリーズはピアノブラック調でパネル周りはメッキ仕上げで、どちらもオートになります。


引用元 https://toyota.co.jp/ruumy


そしてエアコンサイドレジスター

  引用元 https://toyota.co.jp/ruumy

いわゆるエアコンの空気の吹き出し口ですね。

他のグレードに比べると若干安っぽい感じはします。

でも他と比べてですので、慣れてしまえばドーってことは無いです。

これがGシリーズだとつまみ部分が銀メッキパーツになり、カスタムGシリーズになると吹き出し口の周りが銀色装飾になります。

そしてフロントインサイドドアハンドルです。


引用元 https://toyota.co.jp/ruumy

私はエアコンよりもこちらの方が気になります。

通常のものだと、結構思ったより小さく、メッキがないので、とても安っぽく思えるんです。

これも気にならない人は気にならないし、割り切れる人もいると思うのですが。

そして、これはGのグレードも同じです

これがちょっとダメ!良くないという人は、カスタムグレードかcozyエディションをお勧めします。

気になる人は、ディーラーで確認してみてください。

引用元 https://toyota.co.jp/ruumy

カスタムとcozyエディションだと、こちらになります

私は買う前はそこまで気にしなかったのですが、使いだしてから気になってきました。

多分今ルーミーを買うとなったら、私はcozyエディションにするでしょうね。


メーターやインフォメーションティスプレイですが、Xグレードのメーターは速度計のみです。

引用元 https://toyota.co.jp/ruumy

最近の車はオートマがほとんどですので、エンジンの回転数を気にする必要ないですから、単眼メーターでも全く問題ありません

Xのグレードのインフォメーションディスプレイのいいところは、シンプルで、オレンジ一色でとても見やすいところです。

他のグレードでも平均燃費などが映し出せるのですが、字が小さいんです。

その点、このメーターはとても燃費の文字が見やすいです

もちろん、オレンジ一色のため軽自動車のようなチープな印象は受けるのですが、白い小さい文字って、見にくい時があるんですよね。

夜間に見るときや、老眼気味な人は大きな文字のほうがはっきり見えます。

ただこれも何を求めるかなど好みの問題ですので、まずは試乗してみることをお勧めします。

Gグレード、カスタムGは、ともにエンジン回転を見るタコメーターが付き、インフォメーションパネルはカラーになります。


G、GTグレード
引用元 https://toyota.co.jp/ruumy


カスタムG、カスタムGT
引用元 https://toyota.co.jp/ruumy

インフォメーションパネルの文字は小さくなりますが、カラーで全体的には見やすいしかっこいいと思います。

そしてドリンクホルダーですが、こちらはどのグレードも共通になっています。

このままスマホのホルダーになります。

結構便利で、気軽にさっと入れられます。

ただ、冬は暖房の風が当たるので、スマホには良くないですね

そういう時は、センターのナビの下のところに入れています。

ここだと充電もしやすいので、とても便利ですね。

ただこの穴は、大変そういう意味では重宝するのですが、運転手側の穴の方は、シフトレバーをPにしておくと、スマホがとりにくいので若干注意が必要です。

またドリンクホルダーは、

二段階で開くので、サングラスを入れたり、


水筒も入れられ、紙パックの飲み物も入れられます。

ただ水筒の場合は、走行中に“カタカタ”音が鳴りやすいので、これまた注意が必要です。

そして一番のお勧めパーツはオプションのコンフォートパッケージの
“運転席・助手席シートヒーター”
です。

寒がりな方には欠かせないシートヒーターは、冬は必須です!

クルマに乗り込んですぐ、からだを優しく温めてくれるシートヒーターがあると、寒い中でも運転にしっかり集中でき、冬のドライブが充実します!

運転席・助手席シートヒーター
引用元:https://toyota.jp/roomy/grade/special/?padid=ag341_from_roomy_top_rec_grade_special_detail_thumb

cozyエディションではこれが初めからついているのが、おすすめポイントですね。

トヨタ新型ルーミーの内装を徹底解剖!カスタムとの違いまとめ

トヨタの新型ルーミー内装をカスタムとの違いなども含めてご紹介してみました。

グレードで内装もかなり変わりますので、どのグレードを選ぶのかは、どういう車に乗りたいかで変わります。

ぜひ実際の車に乗ってみて、違いを実感してみてください。

また、展示場に行く前に、“自分はどこの機能、場所にこだわりたいか”などもぜひ確認しておいてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる