新型アルファードの内装カスタムパーツおすすめは?内装画像有!

新型アルファードは、2018年10月25日に発売されました。

 

これまでのアルファードもそうだったように、新型アルファードにも魅力的な内装カスタムパーツが存在します!

内装画像も気になるところです。

 

そこで今回は、新型アルファードの内装カスタムパーツおすすめ!内装画像を交えながらご紹介させていただきます!

 

 

目次

トヨタ新型アルファードの内装色はベージュが人気?画像有!

引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

アルファードは、トヨタが誇る最上級ミニバンであり、海外においても人気の高い車種です。

 

今回、新型にモデルチェンジがされたことによって購入を検討されている方も多い事かと思います。

新車購入の楽しみの一つは、自分の好みの一台に仕上げられることだと思います。

 

せっかくなら外装だけでなく、内装色もこだわりたいところ。

トヨタ新型アルファードは、「フラクセン(ベージュ)」「ブラック」「ブラック&ホワイト」の3色の内装色が存在します。

 

トヨタ新型アルファードの内装色① フラクセン(ベージュ)

引用:https://toyota.jp/pages/contents/alphard/003_p_004/image/interior/top/carlineup_alphard_interior_top_color_02_02.jpg

フラクセン(ベージュ)は、標準ボディの各グレードで選択が可能な内装色です

上品で暖かな印象を与え、高級感を感じます。

 

トヨタ新型アルファードの内装色② ブラック

引用:https://toyota.jp/pages/contents/alphard/003_p_004/image/interior/top/carlineup_alphard_interior_top_color_02_06.jpg

ブラックは、各Executive Loungeとエアロボディの各グレードで選択が可能です

シンプルかつシックで、落ち着いた雰囲気を演出できる内装色です。

 

トヨタ新型アルファードの内装色③ ブラック&ホワイト

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/?padid=ag341_from_alphard_navi_interior

ブラック&ホワイトは、Executive Lounge Sグレードのみに設定される特別な内装色です。

他の色に比べて、若さとスポーティーさが強い印象です。

 

トヨタ新型アルファードの人気内装色はベージュ!?

引用:https://toyota.jp/alphard/interior/?padid=ag341_from_alphard_navi_interior

以上の3色は、どれも魅力的な色ばかりだと思います。

その中でも、フラクセン(ベージュ)はブラックに比べて重たくなりすぎず、かつアルファードの特徴である高級感を演出できるのでお勧めです。

 

よって、実際に人気も高くなっています!

 

 

トヨタ新型アルファードの内装カスタムパーツ人気はLED?画像有

引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

トヨタ新型アルファードには、多くの内装カスタムパーツがあります。

その中でも、特にイルミネーションとLEDのカスタムパーツの人気が高まっています。

 

今回は、トヨタが提供している内装カスタムパーツを画像付きで紹介します!

 

【新型アルファードの内装カスタムパーツ】インテリアイルミネーション(2モードタイプ・4灯) 22,680円

引用:https://toyota.jp/alphard/dop/image/003_p_006/in/02-p01.jpg

こちらのインテリアイルミネーションは、ブルーの灯りが足元を照射し、ドアを開いた時に点灯、ドアを閉める時にゆっくりと減光するものです。

また、夜間はスモールランプに連動し、淡く照らします。

 

【新型アルファードの内装カスタムパーツ】ステップライト 16,200円

引用:https://toyota.jp/alphard/dop/image/003_p_006/in/03-p01.jpg

こちらのステップライトは、スライドドア開時に白い灯りで足元を照らし、閉時には自動消灯するものです。

 

【新型アルファードの内装カスタムパーツ】スカッフイルミネーション(4枚・4灯 フロント・リア) 37,800円

引用:https://toyota.jp/alphard/dop/image/003_p_006/in/04-p01.jpg

こちらのスカッフイルミネーションは、フロント、リアの各ドアを開くときに、車名ロゴがブルーに点灯するものです。

 

【新型アルファードの内装カスタムパーツ】イルミネーションセット(上記3点のセット) 69,120円

先ほどご紹介した3点(インテリアイルミネーション、ステップライト、スカッフイルミネーション)がすべてセットになったお得なセットです。

別々で購入すると76,680円なので、7,560円お得です。

 

 

【新型アルファードの内装カスタムパーツ】LEDバルブセット(4灯) 15,120円

引用:https://toyota.jp/alphard/dop/image/003_p_006/in/05-p01.jpg

バニティランプとラゲッジランプの計4灯をLEDにするセットです。

バニティランプには暖色系のランプを使用することで、肌映りが良くなります。

 

 

【新型アルファードの内装カスタムパーツ】LEDバルブセット(6灯) 22,680円

引用:https://toyota.jp/alphard/dop/image/003_p_006/in/06-p01.jpg

4灯に加え、ドアカーテシランプが追加されたセットです。

 

【新型アルファードの内装カスタムパーツ】LEDバルブセット(10灯) 37,800円

引用:https://toyota.jp/alphard/dop/image/003_p_006/in/05-p01.jpg

4灯に加え、パーソナルランプが6灯(フロント2灯、リア4灯)追加されています。

 

 

トヨタ新型アルファードの内装カスタムパーツおすすめは?

数多のトヨタ新型アルファードの内装カスタムパーツの中で、特に人気のあるイルミネーションとLEDを紹介しました。

ここでは、その中でどれがおすすめか、お伝えします!

 

トヨタ新型アルファードのおすすめカスタムパーツ① イルミネーション

引用:https://toyota.jp/alphard/dop/image/003_p_006/in/01-p01.jpg

イルミネーションの中では、やはりイルミネーションセットです!

もちろん、価格的にお得ということもそうですが、やはり内装の一体感という意味で、中途半端につけるよりおすすめできます。

 

トヨタ新型アルファードのおすすめカスタムパーツ② LED

引用:https://toyota.jp/alphard/dop/image/003_p_006/in/07-p01.jpg

LEDに関しては、オプションやグレードによって選択が変わってきます。

 

  • 4灯 プロジェクションカーテシイルミ付き車(上記写真、20,520円)
  • 10灯 X、S“A パッケージ“、S、X“サイドリフトアップチルトシート装着車“、S“サイドリフトアップチルトシート装着車“
  • 6灯 上記(4灯、10灯)以外

 

そうなると、もしプロジェクションカーテシイルミを装着したい場合、4灯のみの選択になります。

 

室内の明るさは、暗い場所で乗り降りしたりする状況などで重要になってきます。

特にアルファードのように室内も大きな車は、暗くなる部分も多いと思うので、極力明るくできればそれに越したことはありません。

 

そのことから、6灯もしくは10灯を選ぶのがおすすめです!

 

 

新型アルファードの内装カスタムパーツ・内装画像まとめ

いかがでしたか?

 

今回は新型アルファードの内装カスタムパーツを、内装画像とともに紹介しました。

室内はドライブ時の居住空間ですので、自分自身が一番良いと思える内装にしたいですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

憧れのミニバンをついに購入!しかも人より52万円以上も安く買えた!

私は今まで10年落ちのノートに乗っていました。

かなり古くなったのと家族も増え、ノートでは使い勝手がかなり悪くなり憧れだったミニバンに乗り換えようと、ディーラーに向かうことに。

見積もりをとってもらい想定の価格をちょっと超えてしまったので、奥手な私、苦手な交渉もがんばり……

20万円値引きします!」といいお返事を頂きました。

はじめは飛び跳ねるように嬉しかったのを覚えています。

 

ただ数分後には、

初心者
(うーんやっぱりこんなものかぁ、これ以上は限界だよなぁ涙)

と思ったとき。

 

「今乗っていらっしゃるノートを下取りに出しませんか?今なら10万円で引き取りますよ!」

ディーラー営業マンからの提案でした!

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたノートです。

初心者
(やったー!10万円!売りに行くのもめんどくさいしラッキー!)

…よく考えたらたった10万円

「10万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思う自分もいれば、

「もっと高く売れるよ!」と思う自分もしました。

 

値引き20万円とノートの下取り10万円で、30万円の値引き

値引きが無いよりは全然マシ!

だけど…いろいろ悩み始めてしまい結局その日は決められませんでした…。

私としてはこれまでで一番大きい買い物。

家に帰ってもう一度考えることにしました。

 

...私の判断は間違っていませんでした。

初心者
新車だし…もっと値引き出来ないかな?

そう思い、色々調べているとわかったことがあります。

衝撃の事実ですが、それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまとハマっていたんです!

ディーラー営業マンの罠にハマるところでした

車の相場を知らない私たちに、ディーラーは下取りを安く見積もっているようで「値引き充当」というもの。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする

という私達の心理を利用したディーラー営業マンのテクニックです。

初心者
値引きが多かったら嬉しいですもんね

 

つまり、そもそも私のノートの価値は「10万円」なんかじゃなかったんです!

あやうく、営業マンの罠にハマるところでした…

苦手な値引き交渉が上手くいったと思ってたけど、トータルで損してしまってはすべて意味がありません。

初心者
結局、私のノートはいくらで買い取ってもらえるの?

そんな疑問を抱え、更に調べます。

 

…なんと、思いも寄らない事実に気づいてしまいました…。

衝撃の値段がついたのです!あるサービスを使うことで!

そのサービスが、これ↓

初心者
愛車の相場や最高の買取価格がすぐに分かります!

ヤフーグループなので信頼度は抜群。

さらに全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いとのこと。

あの有名なガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれて一番高い価格を提示してくれます。

他の車の例はこんな感じ↓

ディーラーの下取りより明らかにお得です…!

>>私の使った無料査定サービスはこちら

下取り10万円からまさかの…!

衝撃的すぎました!

私の10年落ちノートが、

52万円で売れることがわかったんです!!

驚きすぎて心臓のバクバクがとまりませんでした!笑

 

ディーラー下取りで10万円と言われた私の車が、無料査定を使っただけで52万円になったんです。

驚かない理由がないですよね!

新車自体の値引き20万円も含めると、20万円+52万円…

すごいことになっちゃいました。

もし下取りの10万円で手を打っていたらと思うと後悔してもしきれません…!

 

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

無知は罪ですね、ホント。

私が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、使いやすさは抜群。

当たり前ですが、もし査定額に納得できなかったら売る必要ないです。

完全無料で相場がわかるので一度試してみることをおすすめします!

※査定は完全に無料なので、妹の車の査定もしちゃいました!

けっこういい価格だったので妹も喜んでて「車買い替えちゃおっかな〜」なんて言ってましたよ!笑

>>私が52万円も得した無料査定サービスはこちら

 

 

目次