トヨタ新型ヴォクシーの口コミはどう?評価・評判は良い?

2019年1月にマイナーチェンジを果たしたトヨタ新型ヴォクシー。

ファミリーカーとして人気の車種だけに、評価や評判は気になるところ。

 

また、実際の口コミだとよりリアルな評判がわかりますよね。

というわけで、今回はトヨタ新型ヴォクシーを様々な角度の口コミでの評価をご紹介します!

 

目次

トヨタ新型ヴォクシーの口コミ!「乗り心地」の評価・評判は?

引用:https://toyota.jp/voxy/performance/eng_hv/?padid=ag341_from_voxy_perf_eng_hv01

新型ヴォクシーは中型サイズのミニバンなので、特にファミリーカーとしての需要が大きい車種です。

それだけに、乗り心地というのは非常に重要なポイントになります。

乗り心地というのは、運転のフィーリング、同乗者の快適性のことを今回は指します

 

ちなみに、トヨタの公式ではヴォクシーの乗り心地を、「ひとクラス上の乗り心地を実現」としています。

その意味でも期待をしたい限りですね。

 

ここでは、実際のユーザーの口コミから、新型ヴォクシーの乗り心地の良い評価と悪い評価をそれぞれ見ていきます。

 

新型ヴォクシーの口コミ~「乗り心地」編~① 高評価

新型ヴォクシーの乗り心地に関する口コミで、高評価だったものをまとめました。

  • 一般道を走るのに非常にマッチしたマイルドな乗り心地
  • 操作性が高く、コーナリングは安定している
  • 大きさを感じさせず、運転しやすい
  • ハイブリッドはやはり静か

 

高評価の口コミで特に目立ったのが、一般道を走行した際の乗り心地に対する満足度です。

新型ヴォクシーはやはりファミリーカーなので、普段使いの部分に力を入れているということがわかります。

 

また、操作がしやすいというのも良いポイントです。

ミニバンはその大きさや見た目から、少し運転しにくそうというイメージがありますが、ヴォクシーでその心配はないですね。

 

新型ヴォクシーの口コミ~「乗り心地」編~② 低評価

一方、口コミをみているとこのような評価も多数見られました。

  • 高速走行では若干のバタつきがあり、路面の突き上げも感じる
  • 高速道路の合流時の加速でもたつく
  • 回転数を上げた時にエンジン音が気になる
  • エコモードはかなり走行性能が下がり、使いにくい

 

街乗りでの高評価から一転、高速走行ではその足回りがマイナスに出てしまいます。

ミニバンは元々腰高ですので、高速走行はそこまで得意ではありませんが、それがそのまま評価として出ています。

 

また、エンジンパワーも高速のようなシチュエーションでは非力に感じてしまいます。

自分が思った通りに加速ができないというのは若干ストレスに感じますね。

だからと言って、回転数を上げてパワーを出すようにすると、エンジンの音が気になってしまいます。

 

新型ヴォクシーは、街乗りで普段の買い物や、ゆっくりお出かけする方が向いていますね。

 

トヨタ新型ヴォクシーの口コミ!「内装」の評価・評判は?

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/?padid=ag341_from_voxy_navi_interior

次に取り上げる項目は、新型ヴォクシーの内装です。

車は外装も大事ですが、居住スペースとなる室内の雰囲気は快適性を感じるために非常に重要な要素です。

「運転する空間としても、くつろぎの空間としてもベストなインテリア」とトヨタでは紹介されていますが、実際はどうでしょうか。

 

ここでも、高評価と低評価の口コミをそれぞれ取り上げて、新型ヴォクシーの内装の真の評価に迫っていきましょう。

 

新型ヴォクシーの口コミ~「内装」編~① 高評価

新型ヴォクシーの内装への評価で好印象だったのは、以下のようなものがありました。

  • ロングスライドの2列目シートが非常に自由度が高く便利
  • シンプルで飾らない内装のパーツで、高級感がある
  • 全体的に解放感を感じる
  • オプションのツインムーンルーフの解放感が良い

 

まず特に多かったのが、2列目シートへの高評価です。

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/?padid=ag341_from_voxy_navi_interior

最大810mmのロングスライドが可能な2列目シートは、用途に応じて使える自由度が高く、ミニバンだからこそできる設計です。

 

また、内装は全体的にシンプルで、それも好印象と言えますし、窓も大きいため解放感を感じることは間違いなしです。

引用:https://toyota.jp/voxy/interior/comfort/

また、オプションで装備可能のツインムーンルーフは解放感をさらに強くしてくれます。

2列目の背もたれを倒して、夜空を見るなんて言うのも非常に良いですね!

 

新型ヴォクシーの口コミ~「内装」編~② 低評価

一方、低評価では以下のような口コミがありました。

  • 3列目は完全に非常時用、長距離で大人は厳しい
  • プラスチック素材の使用は多いので、安っぽく感じる時がある
  • 収納は少ない

 

3列目に関しては、やはりスペースの問題上そこまで期待できないですね。

3列目まで常にフルで使うという方には、ヴォクシーでは小さすぎる可能性があるので、あくまで緊急用と考えるのがよいです。

 

また、インテリアは全体的にシンプルな反面、使用素材にプラスチックが多いのは少し残念な部分ですね。

 

そして、意外なのが収納がそこまでないという点。

スペースは多いのですが、明確に収納スペースと言える部分が少ないので、物の置き方には工夫が必要です。

 

トヨタ新型ヴォクシーの口コミ!「実燃費」の評価・評判は?

引用:https://toyota.jp/voxy/performance/eng_hv/?padid=ag341_from_voxy_perf_eng_hv01

次に見ていくのは、新型ヴォクシーの実燃費の評価です。

燃費は日々のランニングコストに直結しますので、できる限り低燃費であってほしいですとね。

特に、ミニバンという車種自体、燃費がそこまで良くなるタイプではないので、どこまでそれを改善できるのか気になるところ。

 

ちなみに、ヴォクシーのカタログ燃費(JC08モード燃費)は

  • ガソリン車 15.0km/L~16.0km/L
  • ハイブリッド車 23.8km/L

となっています。

当然、この数字のままの燃費を実燃費で出すのは難しいので、ここではガソリン、ハイブリッドそれぞれの実燃費の口コミを見ていきましょう。

 

トヨタ新型ヴォクシーの口コミ~「実燃費」編~① ガソリン

それでは、まずはガソリンの実燃費の口コミで代表的なものを見ていきましょう。

  • 下道7km/L、高速10km/L
  • 街乗り8km/L~9km/L、高速12~13km/L
  • とりわけ良いというわけではないが、及第点

 

具体的な数字では、街乗りで8km/L前後、高速で10km/Lは超えてきます

一般的に、カタログ燃費の70%程度が実燃費とも言われていますが、そうすると10.5km/L~11.2km/Lとなるので、可もなく不可もなくという印象ですね。

 

トヨタ新型ヴォクシーの口コミ~「実燃費」編~② ハイブリッド

次に、ハイブリッドの実燃費に関する口コミを見ていきましょう。

  • 街乗り9割高速1割で20km/L前後なので大満足
  • 19km/L前後が基本でラフに運転すると16km/L~17km/L
  • 高速での走行が多くなってもそこまで燃費伸びない

 

ハイブリッドのカタログ燃費が23.8km/Lなので、70%ですと16.6km/Lぐらいになりますが、多くの口コミでそれよりも良い数値が見られました

もちろん、運転の仕方にも変わってきますが、そこまで神経質にならなくても19km/Lぐらいの数値だ出せます。

 

また、これはハイブリッド全般に言えることですが、ガソリン車と違って、高速走行が増えたからと言って燃費にはそこまで影響しません。

ハイブリッドがその力を特に発揮するのは街乗りです。

ヴォクシーは乗り心地も街乗りに強くなっていますし、ハイブリッドの低燃費と合わせたらかなり良いですね。

 

トヨタ新型ヴォクシーの口コミ・評価・評判まとめ

今回は、トヨタ新型ヴォクシーの「乗り心地」「内装」「実燃費」の口コミでの評価、評判を見てきました。

どんな車にも一長一短はあるので、今回のヴォクシーへの評価の中で、自分にとって重要だと思う部分の評価がどうなっているかが重要です。

とはいえ、実際に乗ってみないとわからない部分はかなりあるので、ぜひ今回の口コミを参考にしつつ、自分自身で体験した上でヴォクシーへの評価を出してくださいね!

 

憧れのミニバンをついに購入!しかも人より52万円以上も安く買えた!

私は今まで10年落ちのノートに乗っていました。

かなり古くなったのと家族も増え、ノートでは使い勝手がかなり悪くなり憧れだったミニバンに乗り換えようと、ディーラーに向かうことに。

見積もりをとってもらい想定の価格をちょっと超えてしまったので、奥手な私、苦手な交渉もがんばり……

20万円値引きします!」といいお返事を頂きました。

はじめは飛び跳ねるように嬉しかったのを覚えています。

 

ただ数分後には、

初心者
(うーんやっぱりこんなものかぁ、これ以上は限界だよなぁ涙)

と思ったとき。

 

「今乗っていらっしゃるノートを下取りに出しませんか?今なら10万円で引き取りますよ!」

ディーラー営業マンからの提案でした!

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたノートです。

初心者
(やったー!10万円!売りに行くのもめんどくさいしラッキー!)

…よく考えたらたった10万円

「10万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思う自分もいれば、

「もっと高く売れるよ!」と思う自分もしました。

 

値引き20万円とノートの下取り10万円で、30万円の値引き

値引きが無いよりは全然マシ!

だけど…いろいろ悩み始めてしまい結局その日は決められませんでした…。

私としてはこれまでで一番大きい買い物。

家に帰ってもう一度考えることにしました。

 

...私の判断は間違っていませんでした。

初心者
新車だし…もっと値引き出来ないかな?

そう思い、色々調べているとわかったことがあります。

衝撃の事実ですが、それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまとハマっていたんです!

ディーラー営業マンの罠にハマるところでした

車の相場を知らない私たちに、ディーラーは下取りを安く見積もっているようで「値引き充当」というもの。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする

という私達の心理を利用したディーラー営業マンのテクニックです。

初心者
値引きが多かったら嬉しいですもんね

 

つまり、そもそも私のノートの価値は「10万円」なんかじゃなかったんです!

あやうく、営業マンの罠にハマるところでした…

苦手な値引き交渉が上手くいったと思ってたけど、トータルで損してしまってはすべて意味がありません。

初心者
結局、私のノートはいくらで買い取ってもらえるの?

そんな疑問を抱え、更に調べます。

 

…なんと、思いも寄らない事実に気づいてしまいました…。

衝撃の値段がついたのです!あるサービスを使うことで!

そのサービスが、これ↓

初心者
愛車の相場や最高の買取価格がすぐに分かります!

ヤフーグループなので信頼度は抜群。

さらに全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いとのこと。

あの有名なガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれて一番高い価格を提示してくれます。

他の車の例はこんな感じ↓

ディーラーの下取りより明らかにお得です…!

>>私の使った無料査定サービスはこちら

下取り10万円からまさかの…!

衝撃的すぎました!

私の10年落ちノートが、

52万円で売れることがわかったんです!!

驚きすぎて心臓のバクバクがとまりませんでした!笑

 

ディーラー下取りで10万円と言われた私の車が、無料査定を使っただけで52万円になったんです。

驚かない理由がないですよね!

新車自体の値引き20万円も含めると、20万円+52万円…

すごいことになっちゃいました。

もし下取りの10万円で手を打っていたらと思うと後悔してもしきれません…!

 

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

無知は罪ですね、ホント。

私が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、使いやすさは抜群。

当たり前ですが、もし査定額に納得できなかったら売る必要ないです。

完全無料で相場がわかるので一度試してみることをおすすめします!

※査定は完全に無料なので、妹の車の査定もしちゃいました!

けっこういい価格だったので妹も喜んでて「車買い替えちゃおっかな〜」なんて言ってましたよ!笑

>>私が52万円も得した無料査定サービスはこちら

 

 

目次