キックス(日産)新型の日本仕様のサイズは?外装や内装も調査!

キックス(日産)新型の日本仕様の発売が確定しました。

2020年6月10日発売開始ということで、注目度も上がってきますが、日本仕様のサイズや外装、内装はどうなるのでしょうか。

人気カテゴリである小型SUVだけに、かなり気になるところです。

 

今回は、日産新型キックスのサイズ、外装、内装について、日本仕様を徹底調査していきます!

目次

キックス(日産)新型の日本仕様のサイズは?

キックス(日産)新型の日本仕様のサイズについてご紹介します。

新型キックス(日産)のカテゴリは?

車種としてはSUV(Sport Utility Vehicle)に当たります。

近年、人気を博しているタイプで、どのメーカーも主力車種を投入しています。

同じ日産ですと、「エクストレイル」がSUVですね。

新型キックス(日産)の日本仕様サイズは?

全長 4,290mm
全幅 1,760mm
全高 1,610mm

キックスのサイズはこのようになっています。

サイズとしてはコンパクトSUVになり、ライバル車として想定されるのはトヨタ「ライズ」「CH-R」、ダイハツ「ロッキー」、ホンダ「ヴェゼル」あたりです。

それらの車ともサイズを比較してみます。

キックス ライズ/ロッキー CH-R ヴェゼル
全長 4,290mm 3,995mm 4,385mm 4,330mm
全幅 1,760mm 1,695mm 1,795mm 1,770mm
全高 1,610mm 1,620mm 1,550mm 1,605mm

同カテゴリのSUVの中では、中くらいのサイズ感というイメージになります。

現在はほぼライズ一強になりつつあるこのカテゴリで新型キックスがどんな存在感を発揮するのか注目です。

新型キックスはジュークの後継車

SUVは、元々ランドクルーザーやJEEPのように、オフロードに強い車というイメージでした。

しかし、最近では都市型SUVと呼ばれる、スタイリッシュなモデルが増えています。

その先駆け的な存在が、日産「ジューク」です。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/juke.html

クーペライクなフォルムとポップな内外装は、当時画期的な提案でした。

ヨーロッパでの人気も高く、2019年には2代目へフルモデルチェンジされました

しかし、日本国内においてはそうはならず、2019年末に販売を終了しています。

 

そこで、その後継車として、北南米や中国で販売されているキックスが導入されることになったのです。

ジュークともサイズを比較してみましょう。

キックス ジューク
全長 4,290mm 4,135mm
全幅 1,760mm 1,765mm
全高 1,620mm 1,565mm

ジュークの方が全高が抑えられ、幅も広いので、キックスはジュークよりもクーペ感はなく、よりSUV色を強めている印象です。

キックス(日産)新型の日本仕様の外装(エクステリア)は?

キックス(日産)新型の日本仕様の外装(エクステリア)は、どのようになるでしょうか。

完全には決定していないのですが、アメリカでは販売されている車なので、それを参考に見てみましょう。

引用:https://www.nissanusa.com/vehicles/crossovers-suvs/kicks.html

最近の日産らしく、Vモーションデザインが用いられています。

日本仕様においては、あくまで予想ですが、現行セレナのように、このVモーションがもっと強調され、グリルが下方向に延びるのではないかと言われています。

引用:https://www.nissanusa.com/vehicles/crossovers-suvs/kicks.html

後ろ姿も、エクストレイルに通じるような、日産らしい仕上がりです。

ボディカラーは単色か、もしくはルーフのみ違う色を使ったツートンカラーが用意されます。

キックス(日産)新型の日本仕様の内装(インテリア)は?

キックス(日産)新型の日本仕様の内装(インテリア)はどんな感じになるのでしょうか。

ここでも、アメリカ版キックスをもとに見ていきます。

引用:https://www.nissanusa.com/vehicles/crossovers-suvs/kicks.html

インテリアに関しても、基本的には日産らしいミニマルでシンプルなデザインになります。

当然、日本仕様では右ハンドルになりますが、それ以外はここから大きく変わる可能性はないのではないかと見ています。

キックス(日産)新型の日本仕様の特徴は?

新型キックス(日産)とは、いったいどんな車で、日本仕様ではどのような特徴があるのでしょうか。

キックスとはそもそもどんな車?

日本では新型として販売が開始するキックスですが、海外ではすでに売られていた車です

2016年にブラジルでデビューし、その後は北米、そして中国へと販売エリアを増やしています。

 

そもそも、日産はジュークを世界戦略車と位置付けていましたが、今ではジュークを欧州専用車、それ以外をキックスとしています。

日本市場もその流れに沿ってジュークを販売終了させ、この度キックスを導入するということになったのです。

キックス(日産)新型の日本仕様の特徴① e-Power専用車

北米版キックスにはガソリン仕様もあるのですが、日本仕様においては、少なくも今回のタイミングではe-Power専用車となることになります。

ノートにも搭載されている1.2L 3気筒エンジンで発電し、モーターで駆動する形です。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

これはかなり攻めた戦略と言えますが、ノートやセレナでも好評なe-Powerなので、非常に期待が持てます。

キックス(日産)新型の日本仕様の特徴② グレード構成

日本仕様においては、非所にシンプルなグレード構成にする予定です。

  • X
  • X ツートーンエディション

のみです。

ツートーンエディションは、先ほど外装(エクステリア)でご紹介した、ボディカラーがツートーンになっている仕様のことです

ベースとなるグレードはX一つなので、これはかなりシンプルです。

 

グレード展開が多すぎるとわかりにくい一面もあるので、これは歓迎すべきこととも言えます。

キックス(日産)新型の日本仕様の特徴③ プロパイロット導入

日産と言えば、半自動運転技術であるプロパイロットです。

日本仕様のキックスでも、このプロパイロットは搭載される見込みです。

プロパイロット1.0なのか、それともより進化した2.0なのかは不明ですが、コンパクトカーでもこの機能がつくのは運転の負担軽減につながりますし、よい方向ですね。

キックス(日産)新型の日本仕様の特徴④ タイで生産して逆輸入

キックスは、生産をタイで行い、日本に輸入して販売するという形をとります。

日産には過去にもこういった例があり、マーチがそれです。

 

それは、タイ政府の政策が関わっています。

タイは、電動車の生産を促すため、

  • 生産設備の輸入税免税
  • 物品税減税等の優遇制度

を持ち、日産もe-Powerの生産をタイですることで、設備投資費を圧縮することができます。

そのため、キックスはタイで生産されることになったのです。

 

懸念点としては、日本の消費者にタイ生産が受け入れられるかという点。

マーチはそれで販売が低迷したということもあるので、同じわだちを踏まないようにしないといけませんね。

キックス(日産)新型の日本仕様の特徴⑤ 価格設定

キックスがe-Powerを導入する以上、低価格で勝負とはならないため、ライバルと位置付けるヴェゼルやライズのハイブリッドモデルの価格に対応していくと考えられます。

そうなると、価格設定としては、280万円~310万円程度になると推測されます。

 

また、将来的にガソリンモデルを追加することで、200万円前後のグレードを作っていくことになりそうです。

キックス(日産)新型の日本仕様のサイズは?外装や内装も調査!まとめ

今回は、キックス(日産)新型の日本仕様のサイズ、外装、内装を調査していきました。

日本に導入される日産車としては久しぶりの新型車になりますし、ニーズも高いカテゴリのコンパクトSUVになるので、注目度はかなり高くなると予想されます。

 

北米版から少し改良されて、日本仕様になると思われますので、今後も発売開始までその動向をチェックしていきたいですね。

 

憧れのミニバンをついに購入!しかも人より52万円以上も安く買えた!

私は今まで10年落ちのノートに乗っていました。

かなり古くなったのと家族も増え、ノートでは使い勝手がかなり悪くなり憧れだったミニバンに乗り換えようと、ディーラーに向かうことに。

見積もりをとってもらい想定の価格をちょっと超えてしまったので、奥手な私、苦手な交渉もがんばり……

20万円値引きします!」といいお返事を頂きました。

はじめは飛び跳ねるように嬉しかったのを覚えています。

 

ただ数分後には、

初心者
(うーんやっぱりこんなものかぁ、これ以上は限界だよなぁ涙)

と思ったとき。

 

「今乗っていらっしゃるノートを下取りに出しませんか?今なら10万円で引き取りますよ!」

ディーラー営業マンからの提案でした!

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたノートです。

初心者
(やったー!10万円!売りに行くのもめんどくさいしラッキー!)

…よく考えたらたった10万円

「10万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思う自分もいれば、

「もっと高く売れるよ!」と思う自分もしました。

 

値引き20万円とノートの下取り10万円で、30万円の値引き

値引きが無いよりは全然マシ!

だけど…いろいろ悩み始めてしまい結局その日は決められませんでした…。

私としてはこれまでで一番大きい買い物。

家に帰ってもう一度考えることにしました。

 

...私の判断は間違っていませんでした。

初心者
新車だし…もっと値引き出来ないかな?

そう思い、色々調べているとわかったことがあります。

衝撃の事実ですが、それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまとハマっていたんです!

ディーラー営業マンの罠にハマるところでした

車の相場を知らない私たちに、ディーラーは下取りを安く見積もっているようで「値引き充当」というもの。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする

という私達の心理を利用したディーラー営業マンのテクニックです。

初心者
値引きが多かったら嬉しいですもんね

 

つまり、そもそも私のノートの価値は「10万円」なんかじゃなかったんです!

あやうく、営業マンの罠にハマるところでした…

苦手な値引き交渉が上手くいったと思ってたけど、トータルで損してしまってはすべて意味がありません。

初心者
結局、私のノートはいくらで買い取ってもらえるの?

そんな疑問を抱え、更に調べます。

 

…なんと、思いも寄らない事実に気づいてしまいました…。

衝撃の値段がついたのです!あるサービスを使うことで!

そのサービスが、これ↓

初心者
愛車の相場や最高の買取価格がすぐに分かります!

楽天グループなので信頼度は抜群。

さらに全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いとのこと。

あの有名なガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれて一番高い価格を提示してくれます。

他の車の例はこんな感じ↓

ディーラーの下取りより明らかにお得です…!

>>私の使った無料査定サービスはこちら

下取り10万円からまさかの…!

衝撃的すぎました!

私の10年落ちノートが、

52万円で売れることがわかったんです!!

驚きすぎて心臓のバクバクがとまりませんでした!笑

 

ディーラー下取りで10万円と言われた私の車が、無料査定を使っただけで52万円になったんです。

驚かない理由がないですよね!

新車自体の値引き20万円も含めると、20万円+52万円…

すごいことになっちゃいました。

もし下取りの10万円で手を打っていたらと思うと後悔してもしきれません…!

 

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

無知は罪ですね、ホント。

私が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、使いやすさは抜群。

当たり前ですが、もし査定額に納得できなかったら売る必要ないです。

完全無料で相場がわかるので一度試してみることをおすすめします!

※査定は完全に無料なので、妹の車の査定もしちゃいました!

けっこういい価格だったので妹も喜んでて「車買い替えちゃおっかな〜」なんて言ってましたよ!笑

>>私が52万円も得した無料査定サービスはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる