新型エスクァイアの価格(値段)は?グレード比較!違いは?おすすめは?

2019年1月にマイナーチェンジを果たした新型エスクァイア。

人気のMサイズミニバンなので、そのグレード毎の価格(値段)や違い、そしておすすめグレードは気になるところです。

 

それぞれ比較することで、なぜそのグレードがおすすめになるのかもわかるはずです。

ということで、今回は、新型エスクァイアの値段(価格)や違いをグレード毎に比較し、おすすめグレードをご紹介します!

 

目次

新型エスクァイアの新車価格(値段)は?グレード別比較!違いは?

新型エスクァイアは、7人乗りもしくは8人乗りの3列シートを備えた中型ミニバンです。

 

エンジンはガソリンとハイブリッドのグレードがあり、それぞれXi, Gi, Gi Premium Package, Gi Premium Package Black Tailored(特別仕様車)が存在します。

価格(値段)はガソリン車が2,664,360円~ハイブリッドが3,140,640円~となっています。

 

エスクァイアはグレード毎の違いはそこまで大きくはないのですが、ポイントを抑えつつ、各グレードを詳しく見ていきましょう。

 

新型エスクァイアのグレード別比較① Xi / HYBRID Xi

Xi

引用:https://toyota.jp/esquire/grade/xi/?padid=ag341_from_esquire_grade_xi_thumb

HYBRID Xi

引用:https://toyota.jp/esquire/grade/hy_xi/?padid=ag341_from_esquire_grade_hy_xi_thumb

エスクァイアのエントリーモデルとなるXi, HYBRID Xiは、雰囲気としては非常に良くできています。

 

まず、安全装備はToyota Safety Senseが備わっています。

多くの車でエントリーモデルはこのような安全装備がオプションであることが多いので、これは非常にありがたいです。

 

運転席と助手席には快適温熱シートも標準装備され、エントリーモデルとしては非常に充実しています。

引用:https://nagoya.toyopet-dealer.jp/lineup/esquire/interior

ただ、シートは消臭機能つきとはいえファブリックなので、その点が少し残念です

引用:https://toyota.jp/esquire/interior/

もう一点、非常に残念だなと感じるのが、ガソリンモデルではスマートエントリーシステム、スマートキーが装備になく、スマートキーがオプションになってしまう点です。

また、パワースライドドアも助手席側のみで、両側にするにはオプションになります。

 

これは、高級感をコンセプトにしている中では非常に残念で、前時代的な設定です。

 

新型エスクァイアのグレード別比較②  Gi / HYBRID Gi

Gi

引用:https://toyota.jp/esquire/grade/gi/?padid=ag341_from_esquire_grade_gi_thumb

HYBRID Gi

引用:https://toyota.jp/esquire/grade/hy_gi/?padid=ag341_from_esquire_grade_hy_gi_thumb

エスクァイアには、大きく分けるとXiとGiの2グレードということになるので、実質このGiとHYBRID Giが最上位モデルの位置づけになります。

それだけに、装備はXiに比べて非常に充実しています。

 

まずはシートですが、合成皮革になったことで高級感は当然増します。

引用:https://toyota.jp/esquire/interior/

内装色もブラックもしくはバーガンディ&ブラックを選択できるので、自分の好みにも合わせられるのも非常に良いです。

 

また、Toyota Safety Senseは当然ありますが、このGiにはインテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ【静止物】)が追加で装備されています

引用:https://toyota.jp/esquire/safety/?padid=ag341_from_esquire_navi_safety

引用:https://toyota.jp/esquire/safety/?padid=ag341_from_esquire_navi_safety

これは、駐車時などに障害物を検知し知らせてくれるのと、衝突しそうな場合にブレーキをかけてくれるという安全装備です。

 

また、ハイブリッドを選択すると、リヤクーラーがリヤオートエアコンに変わります。

リヤオートエアコンがあると、後部座席でもエアコンを細かく操作することができます。

 

新型エスクァイアのグレード別比較③ Gi Premium Package / HYBRID Gi Premium Package

Gi Premium Package

引用:https://toyota.jp/esquire/grade/gip/?padid=ag341_from_esquire_grade_gip_thumb

 

HYBRID Gi Premium Package

引用:https://toyota.jp/esquire/grade/hy_gip/?padid=ag341_from_esquire_grade_hy_gip_thumb

 

Giをベースに、内装をさらに豪華に仕立てたGi Premium Packageは、どのような装備を持っているのでしょうか。

シートはさらに豪華になって、ブランノーブというヌバック調の革と合成皮革を組み合わせたものになりました

引用:https://toyota.jp/esquire/interior/?padid=ag341_from_esquire_navi_interior

また、快適温熱シートに加えて、ステアリングヒーターも装備されます。

引用:https://nagoya.toyopet-dealer.jp/lineup/esquire/interior

寒い日はハンドルを握るのも一苦労ですから、これはありがたいですよね。

 

新型エスクァイアのグレード別比較④ Gi Premium Package Black Tailored / HYBRID Gi Premium Package Black Tailored

Gi Premium Package Black Tailored

引用:https://toyota.jp/esquire/grade/special/?padid=ag341_from_esquire_grade_bt_gip_thumb

 

HYBRID Gi Premium Package Black Tailored

引用:https://toyota.jp/esquire/grade/special/?padid=ag341_from_esquire_grade_bt_gip_thumb

そして、今回のマイナーチェンジで新たに登場した特別仕様車が、このGi Premium Package Black Tailoredです。

引用:https://toyota.jp/esquire/grade/special/?padid=ag341_from_esquire_grade_bt_gip_thumb

基本的な部分はGi Premium Packageと変わりませんが、内外装のメッキの色味が変わったり、シート色も変わったりと特別な一台に仕上がっています。

 

新型エスクァイアはハイブリッド車とガソリン車どっちが人気?

新型エスクァイアはグレードの数自体はそこまで多くはないですが、多くの方が迷うポイントはガソリンにするかハイブリッドにするかですよね。

人気はどちらの方があるのでしょうか。

 

車購入を決める際にはいくつかの要素がありますが、特に大きいのは価格のことでしょう。

一般的に、本体価格はガソリン車の方が安く、ハイブリッドは高くなります。

 

エスクァイアですと、エントリーモデルのXiで476,280円Giでも408,240円の価格差があり、これは結構大きいですよね。

一方、ハイブリッドは低燃費でガソリン代が安く済むのと、エコカー減税の恩恵を受けられる点で有利です。

 

そのため、距離を長く乗れば、ハイブリッドの方がガソリン車よりお得になります。

また、エコカー減税は約14万円あるので、ガソリンとの実質の価格差はXiで約33万円ほどとなります。

 

この価格差を埋めるには、年間約2万キロ乗って約7年ほどかかってきます

結構大変ですね。

 

エスクァイアをかなりの頻度で長い距離を乗るという方のみ、ハイブリッドの方がおすすめできます。

ですが、これだけの使い方をする方は特に都市部ではなかなかいらっしゃらないですし、やはり価格差もあるので、ガソリンの方が人気があります

 

新型エスクァイアのおすすめグレードは?

引用:https://toyota.jp/esquire/exterior/?padid=ag341_from_esquire_navi_exterior

ここまで、新型エスクァイアのグレード毎の比較、エンジンでの比較をしてきました。

それでは、おすすめするグレードはどれになるでしょうか。

 

それは、ズバリGi Premium Packageです。

 

なぜか説明していきます。

まず、ガソリンにするかハイブリッドにするかです。

 

先ほどもあったように、ガソリンとハイブリッドの価格差を埋めるにはかなりの距離を乗らないといけない点を踏まえ、ガソリンの方が結果として経済的にも優れていると考えます。

なので、パワートレインはガソリンを選びます。

 

次にグレードですが、Xiは装備の関係で外れます。現代で新車を買おうという時に、スマートキーなどがついていないというのは非常にマイナスだと考えるからです

 

そうなると、あと残るのは

  • Gi
  • Gi Premium Package
  • Gi Premium Package Black Tailored

となります。

 

Giとそれ以外の大きな違いは、シート素材にあります。

Giが合成皮革なのに対し、Gi Premium Package, Gi Premium Package Black Tailoredはブランノーブ+合成皮革です。

 

実は、この合成皮革が滑りやすいというユーザーの声が結構あります

ブレーキ時にも少し滑ったり、荷物が落ちたりもして、評判が芳しくありません。

 

そこで、合成皮革のみのGiではなく、ブランノーブをメインに使っているGi Premium Package, Gi Premium Package Black Tailoredの方が快適に使えます。

2つまで絞れましたが、装備や機能としてはほとんど変わらない中、Gi Premium Package Black Tailoredは300万円を超えてきます

 

価格差にしたらそんなに大きくはないのかもしれませんが、わざわざ特別仕様車にする必然性もないです。

なので、結論としてはGi Premium Packageが一番理にかなっていて、かつエスクァイアの魅力を引き出せるグレードと考え、おすすめします。

 

新型エスクァイアの価格(値段)・グレード比較・違いまとめ

今回は、新型エスクァイアの価格(値段)やグレードを比較し、それぞれの違いを見てきました。

比較すると、各グレードの特徴というのが掴めます。

 

実際に購入する際は今回の記事も参考にしていただき、自分の使い方に合ったグレードを選んでくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる