ホンダ新型フリードはハイブリッドが人気?価格・値段をグレード別に紹介!

コンパクトながらも3列目シートを備えたちょうどいいサイズのホンダ新型フリード。

ガソリンモデルやハイブリッドモデルがラインナップされており、フリードをこれから購入しようとされている方にとってはどれが人気なのか、価格やグレードが事前にわかればとても良いと思っている方が多いと思います。

そこで今回はホンダ新型フリードについて、ハイブリッドモデルやガソリンモデルどちらが人気なのか、価格・値段をグレード別に紹介したいと思います。

 

目次

ホンダ新型フリードの価格・値段をグレード別に紹介!

それではホンダ新型フリードの価格をグレード毎に紹介していきます。

まずフリードには大きく分けると2つに分類されます。

フリード

  • 6人、7人乗り

 

フリード+

  • 5人乗りのみ

という2つから選べます。

3列シートは要らないけどフリードが欲しい、というユーザーからの要望にこたえるために設定されたのでしょう。

この2つにそれぞれガソリンモデルとハイブリッドモデルが設定されています。

 

フリードもフリード+どちらも全く同じグレードが設定されており、排気量1.5L、使用燃料はレギュラーガソリン、というようになっています。

主な違いは、駆動方式と乗車定員だけとなっています。

 

フリードとフリード+は全く同じグレード設定のため、今回この記事で紹介させていただくのはフリードのみを紹介させて頂き、フリード+は割愛させて頂きます。

 

フリードガソリンモデル:グレード別の紹介

ではガソリンモデルから見ていきたいと思います。

フリード B

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/gasoline/

こちらのグレードは基本装備のみのエントリークラスとなっています。

駆動方式は2WD、4WDどちらも選べて、乗車定員は6人乗りのみで価格は、

  • 1,880,000円(FF/6人乗り)
  • 2,096,000円(4WD/6人乗り)

となっています。

なかなかお手頃な価格ではないかと思います。

フリード G

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/gasoline/

パワースライドドアなどの便利装備を標準で備えたモデルとなります。

このグレードは2WD、4WDを選べるのですが、4WDを選んでしまうと乗車定員は6人乗りのみとなってしまいます。

2WDは6人か7人乗りを選ぶことが出来ます。

 

価格帯は

  • 1,980,000円(FF/6人乗り)
  • 2,001,600円(FF/7人乗り)
  • 2,212,200円(4WD/6人乗り)

となっています。

こちらもまだお手頃な価格ではないかと思います。

 

フリード G・Honda SENSING

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/gasoline/

快適装備が充実した上級モデルとなります。

フリードGと同じように、2WDか4WDを選べますが、4WDは6人乗りのみで、2WDは7人乗りを選べます。

価格が

  • 2,100,000円(FF/6人乗り)
  • 2,121,600円(FF/7人乗り)
  • 2,332,200円(4WD/6人乗り)

という設定のようです。

ここら辺のグレードから2,000,000円以上となってきますがまだ、無理な範囲の金額ではないような気もします。

フリード Modulo X Honda SENSING

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/gasoline/

ガソリンモデルにおける最上位グレードです。

こちらは2WDしかなく、乗車定員は6人か7人のどちらかを選べる様になっています。

  • 2,830,680円(FF/6人乗り)
  • 2,852,280円(FF/7人乗り)

価格もこのクラスから急に本気を出し始めたように、3,000,000円台に近い金額となってきます。

ただ、装備も充実しているためコストパフォーマンスは高いと思います。

 

フリードハイブリッドモデル:グレード別の紹介

次にフリードハイブリッドモデルの紹介をしていきたいと思います。

ハイブリッドモデルもガソリンモデルと同じ数の4グレードが設定されています。

フリード HYBRID B

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/hybrid/

ハイブリッドモデルのエントリークラスですね。

ガソリンモデルと同じで乗車定員は6人乗りのみ、駆動方式は2WDか4WDを選べます。

 

価格帯は

  • 2,256,000円(FF/6人乗り)
  • 2,472,000円(4WD/6人乗り)

となっています。

お手頃といえばそうですが、ガソリンモデルはもっと安かったので少し割高感が出てきます。

 

フリード HYBRID G・Honda SENSING

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/hybrid/

こちらも快適装備が標準で装備されたグレードになります。

2WDか4WDを選べますが、4WDは6人乗りだけとなります。

2WDは6人乗りと7人乗りのどちらか選べる様になっています。

 

価格帯は

  • 2,496,000円(FF/6人乗り)
  • 2,517,600円(FF/7人乗り)
  • 2,728,200円(4WD/6人乗り)

となります。

やはりといいますか、ハイブリッドモデルは基本価格が高い設定ですね。

 

フリード HYBRID EX

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/hybrid/

標準で快適装備が色々ついてくる上級グレードになります。

駆動方式は2WDのみで乗車定員も6人乗りだけとなります。

 

上級グレードなのにかなり限定されてしまうグレードですね。

価格は

  • 2,656,000円(FF/6人乗り)

となっています。

フリード HYBRID G・Honda SENSINGとそんなに変わらない値段にも変わらず、色々と限定されてしまうので上級グレードとなっていてもあまり興味が湧いてこないですね。

 

フリード HYBRID Modulo X Honda SENSING

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/hybrid/

フリードハイブリッドモデルの最上級グレードになります。

専用エアロに快適装備が充実したグレードです。

こちらも駆動方式は2WDのみですが、6人乗りか7人乗りが選べます。

価格帯は

  • 3,130,920円(FF/6人乗り)
  • 3,152,520円(FF/7人乗り)

というように、最上級グレードに相応しい3,000,000円越えとなりました。

正直、フリード HYBRID EXは選択肢に全く入ってこないですが、このフリード HYBRID Modulo X Honda SENSINGは自分の中では選択肢に入ってきています。

 

ホンダ新型フリードはハイブリッド車とガソリン車どっちが人気?

次はホンダ新型フリードのガソリン車とハイブリッド車はどっちが人気(売れている)なのかを紹介したいと思います。

ホンダ新型フリードの新車販売時におけるガソリン車とハイブリッド車の比率は、若干ですがガソリン車の方が上回っているようです。

 

月によってはハイブリッド車の方が上回るときもあるようですが、トータルで見ると間違いなくガソリン車の方が売れている、イコール人気があります

理由は色々あると思いますが、個人的にはハイブリッド車は支払総額がガソリン車に比べて高いから、だと思います。

 

ガソリン車のエントリークラスであるフリード Bと、同じくハイブリッド車のエントリークラスのフリード HYBRID Bで比べてみるとその差は376,000円となりました。

この差をガソリン代だけで埋めようとするとどうなるか、計算してみます。

 

まずガソリン車とハイブリッド車の実燃費は

  • ガソリン車:14㎞/L
  • ハイブリッド車:19㎞/L

となっているようです。

その差は5㎞/Lですね。

 

月1,000㎞走るとして年間12,000㎞の走行距離で、2019年2月23日現在のレギュラーガソリンの価格は

  • 139.2円

でしたので、これで計算してみます。

 

ハイブリッド車も計算します。

年間でのガソリン代差額は31,398円となります。

ということは、376,000円÷31,398円=11.975・・・

となり、およそ12年ハイブリッド車に乗り続けないと元が取れない計算になりますね。

 

そんなに乗り続ける前にどこか壊れる可能性の方が大きいような気がします。

ですので、ガソリン車の方がコストパフォーマンス優れるので人気があるのではないかと個人的には思っています。

 

ホンダ新型フリードのおすすめグレードは?

最後になりますがホンダ新型フリードのおすすめグレードを紹介したいと思います。

私がおすすめするグレードはずばり、フリード Modulo X Honda SENSING(FF/7人乗り)ホワイトオーキッド・パールです。

 

フリード Modulo X Honda SENSING ホワイトオーキッド・パール

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/type/gasoline/

理由の一つは、先ほども説明しましたがガソリン車の方がコストパフォーマンスに優れるからです。

ハイブリッド車でも約12年乗ることはあまり想定できないですからね。

 

もう一つは、最上級グレードに人気色であるホワイト系の色の組み合わせがかなりリセールバリューが期待できるからです。

現実的な買い替えは5~7年後だと想定しています。

 

ホワイトやブラック系の色はどの車種でも人気色のため、値崩れしづらいというデータがあります。

また、最上級グレードであれば標準装備でオプション装備が装着されていたりもしますので、かなりコストパフォーマンスも高いです。

 

以上のことから、私個人がおすすめするグレードはフリード Modulo X Honda SENSING(FF/7人乗り)ホワイトオーキッド・パールをおすすめします。

 

ホンダ新型フリードの価格・値段!グレード別紹介まとめ

ホンダ新型フリードの価格・値段をグレード別に紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

ハイブリッドモデルは月々のガソリン代は節約できますが、トータルで考えたときはガソリンモデルの方がコストパフォーマンスに優れているようです。

 

そういったこともあったので、個人的にはフリードガソリンモデルをおすすめします。

これから新型フリードを購入しようとしている方々へ、この記事が少しでも有益な情報になり、ご自身のニーズに合った車選びの参考になればと思っています。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる