【スズキ】ハイゼットトラックのタイヤサイズ・ホイールサイズは?インチついても解説

・ハイゼットトラックのタイヤサイズはどのくらい?
・ハイゼットトラックのホイールサイズについても知りたい
・ハイゼットトラックのインチダウンはできる?

こんな悩みに答えます。

ハイゼットトラックのタイヤに関する情報を詳しく知りたいものの「よく分かっていない」と感じている人は多いのではないでしょうか。

ハイゼットトラックはスズキが製造・販売する軽トラックです。

本記事では、スズキのハイゼットトラックのタイヤサイズやホイールサイズについて解説していきます。

この記事を読むことで、あなたの疑問を解決することができますよ。
目次

【スズキ】ハイゼットトラックの基本情報

・ハイゼットトラックとは
・ハイゼットトラックの特徴

ハイゼットトラックとは

ハイゼットトラック1960年に初代が発売されてから60周年を迎えました。

軽トラック市場では初めて農業で働く女性の視点も取り入れ、農業女子パックが誕生し、カラフルなボディー8種類やUVカットのウィンドウやミラー付きのサンバイザーと女性には嬉しい装備が整っています。
女性視点を取り入れたことも効果があり、軽トラックの中では、過去10年の販売台数実績で不動の1位を獲得しているロングセラーカーです。

ハイゼットトラックの特徴

ハイゼットトラックは2013年のフルモデルチェンジからセミキャブオーバー型に変更されました。

農作業で使用されているため、畑などの畦道での小回りを重視することから、回転半径を小さくできるセミキャブオーバーに変更されて走行安定性が向上しました。

また、亜鉛メッキ処理による防錆鋼板で、防錆処理を車体表面100%実行しているため、保証期間も長く過酷な状況で使用される農作業には嬉しいポイントとなっています。

軽トラック初の安全装備も標準装備されており、畦道でも安全に作業することができます。

ハイゼットトラックの純正タイヤサイズは?


次にハイゼットトラックの純正タイヤサイズについて解説していきます。

・スタンダード
・ハイルーフ
・ジャンボ

ハイゼットトラックの純正タイヤサイズは145R12 6PRが標準装着されています。

全グレード同じタイヤサイズとなっています。

ハイゼットトラックの純正ホイールサイズは?


次にハイゼットトラックの純正ホイールサイズについても解説していきます。

・スタンダード
・ハイルーフ
・ジャンボ

ハイゼットトラックの純正ホイールサイズは12インチのスチールホイールが標準装着されています。

リム径 12インチ
リム幅 4J
ボルト穴数 4穴
PCD 100mm
オフセット +40

ハイゼットトラックをインチダウン・インチアップするには?


最後にハイゼットトラックのインチダウン・インチアップについても解説します。

・インチダウン・インチアップを行うときの注意点
・インチダウンにおすすめのサイズは?
・インチアップにおすすめのサイズは?

インチダウン・インチアップを行うときの注意点

インチダウン、インチアップをする際に注意することがあります。

・外径を大きくしたことによるメーター類の誤差
・外径を大きくしたことによるフェンダー内タイヤハウスへの干渉
・ホイール径を小さくすることによるブレーキキャリパーへの干渉

タイヤ外径を大きくしてしまうと、スピードメーターなどのメーター類に誤差が出てしまい危険です。

またフェンダー内のタイヤハウスに干渉したりしまうので注意しましょう。ホイール径を小さくし過ぎるとブレーキキャリパーに干渉して取り付けができなくなります。
また、グレードによってはインチダウン、インチアップができない場合もあります。
外径を大きく変えないのがインチダウン、インチアップの基本になります。

インチダウンにおすすめのサイズ

ハイゼットトラックは純正タイヤサイズで12インチが装着されているため、インチダウンを行うことはできません。

他のハイゼットシリーズでは、インチダウンが可能な種類もありますが、ハイゼットトラックはインチダウンできませんので注意してください。

インチアップにおすすめのサイズ

ハイゼットトラックは13インチまでのインチアップが可能です。おすすめのサイズは145R13 6PRです。

リム径 13インチ
リム幅 4J
ボルト穴数 4穴
PCD 100mm
オフセット +40
純正タイヤサイズより1インチアップしたサイズのため、エクステリアともバランスが取れて乗り心地がちょうどいいサイズです。

まとめ


軽トラックのホイールを選ぶときは、いくつかの基準があります。

タイヤは6PR(プライ)以上の種類で、ホイールはJWL-Tマーク付きの種類を選んでください。この2点を基準に選ぶとトラックとしての走行で、強度基準をクリアすることができます。また、乗用タイヤを装着したい場合は、クルマの最大積載量とタイヤの最大負荷能力を確認してタイヤ交換を行ってください。
ハイゼットトラックのタイヤ・ホイールサイズに関する記事は以上です。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる