エスティマのサイズをライバル車と比較!vsオデッセイ・アルファード他!

エスティマは、トヨタの大型ミニバンです。

ミニバンはファミリーカーとして人気車種ですが、同じカテゴリーのライバル車であるオデッセイやアルファードと比較するとサイズはどれくらい違うのでしょうか。

 

サイズの違いは運転のしやすさや室内空間の広さにもかかわるので、気になるところ。

というわけで、今回は、エスティマのサイズをライバル車であるオデッセイやアルファード等と比較、解説します!

 

目次

新型エスティマの車体サイズ(大きさ)と室内サイズは?

引用:https://toyota.jp/estima/

新型エスティマは、Lサイズミニバンというカテゴリーに属しています。

そのため、ミニバンの中でも割と大きめのサイズとなっているのが特徴です。

 

それでは、車体サイズ、室内サイズをそれぞれ見ていきましょう。

 

新型エスティマの車体サイズ(大きさ)

エスティマ
全長 4,820mm
全幅 1,810mm
全高 1,760mm
ホイールベース 2,950mm

 

車体サイズは幅、長さともにしっかりあり、ホイールベースも長くなっています。

一方、全高は1,760mmとミニバンとして考えた時に低めに感じます。

それは、エスティマ独自の流線形でタマゴ型のデザインによるものです

 

そのことから、全体的なフォルムとしては低く安定感があるように見えます。

 

新型エスティマの室内サイズ

エスティマ
室内長 3,010mm
室内幅 1,580mm
室内高 1,255mm

車体サイズに応じて、室内サイズもエスティマはしっかり取られています。

 

ここでも、室内高は少し低く感じる方もいるはずです。

 

エスティマのサイズ(大きさ)をライバル車と比較!vs オデッセイ

引用:https://www.honda.co.jp/ODYSSEY/

エスティマの各サイズをご紹介したところで、次はライバル車との比較をしていきます。

最初の比較対象は、ホンダ オデッセイです。

 

オデッセイは、昔からエスティマの最大のライバルとされ、お互いにかなり強く意識し合う存在です。

カテゴリーとしては同じLサイズミニバンですが、そのサイズは比較すると実際にどう違うのでしょうか。

 

エスティマ vs オデッセイ① 車体サイズ(大きさ)

エスティマ オデッセイ
4,820mm 全長 4,840mm
1,810mm 全幅 1,820mm
1,760mm 全高 1,685~1,715mm
2,950mm ホイールベース 2,900mm

 

エスティマとオデッセイを比較すると、全長、全幅はオデッセイの方が大きい一方、高さ、ホイールベースの数値がエスティマの方が大きくなっています。

具体的には、以下のような差があります。

  • 全長:-20mm
  • 全幅:-10mm
  • 全高:+45~75mm
  • ホイールベース:+50mm

 

そのため、全体的なデザインとしてはオデッセイの方がより重心が低くどっしりした雰囲気になります

 

エスティマ vs オデッセイ② 室内サイズ

エスティマ オデッセイ
3,010mm 室内長 2,935mm
1,580mm 室内幅 1,560mm
1,255mm 室内高 1,305~1,325mm

室内サイズに目を向けると、室内長、室内幅に関してはエスティマの方がかなり広く、ゆとりのある室内空間となっているのがわかります。

オデッセイは、ボディサイズに比べて室内区間が少し小さいですね。

  • 室内長:+75mm
  • 室内幅:+20mm
  • 室内高:-50~100mm

 

意外なのが、全高がより低いオデッセイの方が室内高では上回っている点です

その部分はエスティマに改善の余地があります。

 

エスティマのサイズ(大きさ)をライバル車と比較!vs アルファード

引用:https://toyota.jp/alphard/exterior/?padid=ag341_from_alphard_navi_exterior

次に比較するのが、トヨタの最高級ミニバンであるアルファードです。

アルファードは、いわゆるLLサイズミニバンというカテゴリーに属し、エスティマよりもワンサイズ大きくなります。

 

実際の寸法ですとどれほどの差が出るのでしょうか。

 

エスティマ vs アルファード① 車体サイズ(大きさ)

エスティマ アルファード
4,820mm 全長 4,945~4,950mm
1,810mm 全幅 1,850mm
1,760mm 全高 1,950mm
2,950mm ホイールベース 3,000mm

さすがというべきか、アルファードはすべての数値以下の通りエスティマよりも大きくなっています。

  • 全長:125~130mm
  • 全幅:40mm
  • 全高:190mm
  • ホイールベース:50mm

 

これだけ違うと、アルファードの存在感というのはかなりすごいですね。

特に長さと高さの違いは顕著で、パッと見ただけでも雰囲気の違いがわかります。

 

エスティマ vs アルファード② 室内サイズ

エスティマ アルファード
3,010mm 室内長 3,210mm
1,580mm 室内幅 1,590mm
1,255mm 室内高 1,400mm

 

 

車体サイズに伴って、室内サイズも以下の数値アルファードの方が大きくなっています。

  • 室内長:200mm
  • 室内幅:10mm
  • 室内高:145mm

幅にそこまでの差はないものの、長さ、高さに関しては乗った時にすぐ違いがわかるぐらいの差となっています。

 

アルファードは最上級ミニバンですので、広いのは当然ですが、室内の広さに本当にこだわりたい方はアルファードを選んだほうが満足度は上がりますね

 

エスティマのサイズ(大きさ)をライバル車と比較!vs ノア/ヴォクシー

引用:https://toyota.jp/noah/exterior/?padid=ag341_from_noah_navi_exterior

続いて比較するのが、トヨタ ノア/ヴォクシーです。

この2台は兄弟車で、デザインに違いはあれど寸法は全く一緒です。

カテゴリーとしてはMサイズミニバンで、エスティマよりも全体的に小さくなることが予想されます。

エスティマ vs ノア/ヴォクシー① 車体サイズ(大きさ)

エスティマ ノア/ヴォクシー
4,820mm 全長 4,695~4,710mm
1,810mm 全幅 1,695~1,735mm
1,760mm 全高 1,825mm
2,950mm ホイールベース 2,850mm

ヴォクシーにはグレードによって3ナンバーと5ナンバー車が存在するため、特に幅の部分で差が出ます。

具体的な差は、以下の通りになります。

  • 全長:+110mm~125mm
  • 全幅:+75mm~115mm
  • 全高:‐65mm
  • ホイールベース:+100mm

 

感覚としては、エスティマを運転した後にノア/ヴォクシーを運転すると、かなり小さく感じて運転が楽になります。

 

エスティマ vs ノア/ヴォクシー② 室内サイズ

エスティマ ノア/ヴォクシー
3,010mm 室内長 2,930mm
1,580mm 室内幅 1,540mm
1,255mm 室内高 1,400mm

室内サイズに関しても、エスティマとノア/ヴォクシーでは乗り比べればすぐに違いがわかるほどの差があります。

  • 室内長:+80mm
  • 室内幅:+40mm
  • 室内高:ー145mm

 

しかし、高さに関してはノア/ヴォクシーの方がかなり高いので、頭上の圧迫感という部分ではエスティマの方が強く感じます。

 

エスティマのサイズ(大きさ)をライバル車と比較!vs セレナ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

最後に比較するのは、ミニバン人気No.1とも言われる日産 セレナです。

セレナはノア/ヴォクシーと同じMサイズミニバンのカテゴリーに属していますが、エスティマと比較した時の大きさの違いはどれほどのものでしょうか。

 

エスティマ vs セレナ① 車体サイズ(大きさ)

エスティマ セレナ
4,820mm 全長 4,690~4,770mm
1,810mm 全幅 1,695~1,740mm
1,760mm 全高 1,865mm
2,950mm ホイールベース 2,860mm

 

 

 

エスティマとセレナを比較すると、やはりエスティマがワンサイズ上のミニバンであることがわかります。

  • 全長:+50~130mm
  • 全幅:+70~115mm
  • 全高:-105mm
  • ホイールベース:+90mm

全高以外の数値ではエスティマの方がかなり大きいですよね。

 

エスティマ vs セレナ② 室内サイズ

エスティマ セレナ
3,010mm 室内長 3,170~3,240mm
1,580mm 室内幅 1,545mm
1,255mm 室内高 1,400mm

 

室内空間に関しては、セレナのパッケージングが上手いのか、エスティマと比べても非常に良い数値になっています。

  • 室内長:-160~230mm
  • 室内幅:+35mm
  • 室内高:-145mm

 

室内長と室内高でエスティマの方が短く、低いので、セレナの方が広々と感じる可能性が高いです。

コンパクトな車体でありながら室内サイズをしっかり確保しているのは、セレナの強みと言えます。

 

エスティマのサイズをライバル車と比較まとめ!

今回は、エスティマのサイズを各ライバル車と比較してきました。

比較することで、各クルマの特徴や強みがわかってきます。

 

エスティマは、長さ、幅、広さでは期待通りのサイズですが、高さはデザイン優先ということで他のミニバンに比べて弱い部分でもあります。

何を重要視するかによってクルマ選びは変わるので、ぜひ様々な視点から各クルマを比較していってください!

 

憧れのミニバンをついに購入!しかも人より52万円以上も安く買えた!

私は今まで10年落ちのノートに乗っていました。

かなり古くなったのと家族も増え、ノートでは使い勝手がかなり悪くなり憧れだったミニバンに乗り換えようと、ディーラーに向かうことに。

見積もりをとってもらい想定の価格をちょっと超えてしまったので、奥手な私、苦手な交渉もがんばり……

20万円値引きします!」といいお返事を頂きました。

はじめは飛び跳ねるように嬉しかったのを覚えています。

 

ただ数分後には、

初心者
(うーんやっぱりこんなものかぁ、これ以上は限界だよなぁ涙)

と思ったとき。

 

「今乗っていらっしゃるノートを下取りに出しませんか?今なら10万円で引き取りますよ!」

ディーラー営業マンからの提案でした!

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたノートです。

初心者
(やったー!10万円!売りに行くのもめんどくさいしラッキー!)

…よく考えたらたった10万円

「10万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思う自分もいれば、

「もっと高く売れるよ!」と思う自分もしました。

 

値引き20万円とノートの下取り10万円で、30万円の値引き

値引きが無いよりは全然マシ!

だけど…いろいろ悩み始めてしまい結局その日は決められませんでした…。

私としてはこれまでで一番大きい買い物。

家に帰ってもう一度考えることにしました。

 

...私の判断は間違っていませんでした。

初心者
新車だし…もっと値引き出来ないかな?

そう思い、色々調べているとわかったことがあります。

衝撃の事実ですが、それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまとハマっていたんです!

ディーラー営業マンの罠にハマるところでした

車の相場を知らない私たちに、ディーラーは下取りを安く見積もっているようで「値引き充当」というもの。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする

という私達の心理を利用したディーラー営業マンのテクニックです。

初心者
値引きが多かったら嬉しいですもんね

 

つまり、そもそも私のノートの価値は「10万円」なんかじゃなかったんです!

あやうく、営業マンの罠にハマるところでした…

苦手な値引き交渉が上手くいったと思ってたけど、トータルで損してしまってはすべて意味がありません。

初心者
結局、私のノートはいくらで買い取ってもらえるの?

そんな疑問を抱え、更に調べます。

 

…なんと、思いも寄らない事実に気づいてしまいました…。

衝撃の値段がついたのです!あるサービスを使うことで!

そのサービスが、これ↓

初心者
愛車の相場や最高の買取価格がすぐに分かります!

楽天グループなので信頼度は抜群。

さらに全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いとのこと。

あの有名なガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれて一番高い価格を提示してくれます。

他の車の例はこんな感じ↓

ディーラーの下取りより明らかにお得です…!

>>私の使った無料査定サービスはこちら

下取り10万円からまさかの…!

衝撃的すぎました!

私の10年落ちノートが、

52万円で売れることがわかったんです!!

驚きすぎて心臓のバクバクがとまりませんでした!笑

 

ディーラー下取りで10万円と言われた私の車が、無料査定を使っただけで52万円になったんです。

驚かない理由がないですよね!

新車自体の値引き20万円も含めると、20万円+52万円…

すごいことになっちゃいました。

もし下取りの10万円で手を打っていたらと思うと後悔してもしきれません…!

 

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

無知は罪ですね、ホント。

私が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、使いやすさは抜群。

当たり前ですが、もし査定額に納得できなかったら売る必要ないです。

完全無料で相場がわかるので一度試してみることをおすすめします!

※査定は完全に無料なので、妹の車の査定もしちゃいました!

けっこういい価格だったので妹も喜んでて「車買い替えちゃおっかな〜」なんて言ってましたよ!笑

>>私が52万円も得した無料査定サービスはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる