エスティマは何人乗り?7人乗りと8人乗り?どっちを選ぶ?

エスティマは、トヨタのLサイズミニバンです。

 

ミニバンといえば、多人数乗車が可能な乗用車ということでファミリーカーとして大変実用性がたかいですが、エスティマは何人乗りでしょうか。

正解は、7人乗りもしくは8人乗りですが、選ぶとしたらどっちを選ぶべきでしょうか。

 

今回は、エスティマが何人乗りかを解説し、7人乗り、8人乗りのうちどっちを選ぶべきか解説します。

 

目次

エスティマは何人乗り?7人乗りと8人乗りがある?

グレード 乗車人数
エスティマ AERAS 7人/8人
エスティマ AERAS PREMIUM 7人
エスティマ AERAS SMART 7人
エスティマ AERAS PREMIUMU-G 7人
エスティマ ハイブリッド AERAS 7人/8人
エスティマ ハイブリッド AERAS PREMIUM 7人
エスティマ ハイブリッド AERAS SMART 7人
エスティマ ハイブリッド AERAS PREMIUMU-G 7人

 

トヨタエスティマは、このようにグレードによって最大乗車人数が変わります。

そして、7人乗り、もしくは8人乗りの設定があります

その中で、8人乗りはガソリン、ハイブリッドともにエントリーグレードであるAERASのみに設定されています。

 

そのため、8人乗る機会が多く、8人乗りの必要性が高い方は、自ずとグレードはAERASに絞られますね。

 

エスティマ7人乗りの特徴とメリット・デメリットは?

引用:https://toyota.jp/estima/interior/indoor_space/

全グレードに設定のある7人乗りは、エスティマのメインのシート構成です。

その特徴を見ていきましょう。

エスティマ7人乗りの特徴① リラックスキャプテンシート

引用:https://toyota.jp/estima/interior/indoor_space/

7人乗りの最大の特徴は、このセカンドシートに採用されているリラックスキャプテンシートです。

独立したシートは余裕があり、快適性も高いです。

また、最大で800mmというスライドを可能にすることで、まさにVIPな空間を創ることができます

 

標準装備でオットマンも装備されているので、まるで飛行機のファーストクラスのような気分になりますね。

 

エスティマ7人乗りの特徴② 5種類のシートアレンジ

エスティマ7人乗りでは、5種類のシートアレンジが可能です。

スーパーリラックスモード

引用:https://toyota.jp/estima/interior/indoor_space/

サードシートを格納し、セカンドシートを最大限下げることで広大な足元スペースを確保したのが、スーパーリラックスモードです。

VIPな空間をこのアレンジで作ることができます。

 

トライアングルモード

引用:https://toyota.jp/estima/interior/indoor_space/

トライアングルモードは、小さなお子様がいる方には特におすすめのシートアレンジです。

セカンド・サードシートのアクセスが簡単で、見守りやすい位置に座らせることができます。

 

セカンドシート・サードシートフラットモード

引用:https://toyota.jp/estima/interior/indoor_space/

車中泊をするならこのシートアレンジです。

セカンド・サードシートをフラットにすることで、大きな空間が生まれます。

 

フラットラゲッジモード

引用:https://toyota.jp/estima/interior/indoor_space/

人ではなく大きな荷物を運びたい場合は、フラットラゲッジモードです。

 

フロントシート・セカンドシートフラットモード(サードシート床下格納)

引用:https://toyota.jp/estima/interior/indoor_space/

ドライブ途中の休憩などで使えそうなのが、フロントシート・セカンドシートフラットモードです。

そこまで使う機会は多くないかもしれませんが、このように自由度が高いシートアレンジがあるのは重宝します。

 

 

次に、7人乗りのメリットとデメリットは、どこにあるのでしょうか。

エスティマ7人乗りのメリット

  • キャプテンシート、オットマンによるセカンドシートの快適性の高さ
  • 5種類のシートアレンジ

 

なによりも、セカンドシートの快適性の高さは7人乗りならではのものです。

この部分を重要視する場合、7人乗りは外せませんね。

 

エスティマ7人乗りのデメリット

  • セカンドシートのスライド量に応じて、収納力が落ちる
  • サードシートの乗降性が少し低い
  • ウォークスルー機能に難あり

 

スライドが長くできるということは、その分後ろは圧迫されます。

また、サードシートへのアクセスは、セカンドシートを前方へスライドしなければならないのも気になります。

 

そして、エスティマにもウォークスルーを備えていますが、それを行うには、セカンドシートを横方向にスライドしなければならず、すこし手間を感じます。

 

エスティマ8人乗りの特徴とメリット・デメリットは?

引用:https://toyota.jp/estima/interior/indoor_space/

8人乗りの場合は、どのような特徴があるのでしょうか。

 

エスティマ8人乗りの特徴① 6:4分割チップアップセカンドシート

引用:https://toyota.jp/estima/interior/indoor_space/

セカンドシートは、ワンタッチで折り畳みが可能な分割可倒式のチップアップシートになっています。

チップアップ機構によって、サードシートへのアクセスもより簡単です

 

エスティマ8人乗りの特徴② 3種類のシートアレンジ

8人乗りにも、3種類のシートアレンジが可能になっています。

セカンドシート・サードシートフラットモード

引用:https://toyota.jp/estima/interior/indoor_space/

8人乗りで車中泊をするなら、このシートアレンジです。

フラットラゲージモード

引用:https://toyota.jp/estima/interior/indoor_space/

チップアップ機構のメリットがでるのが、このフラットラゲッジモードです。

座面が折りたためるので、7人乗りの同モードに比べて収納力は高まります。

フロントシート・セカンドシートフラットモード(サードシート床下格納)

引用:https://toyota.jp/estima/interior/indoor_space/

7人乗りと同じように、こちらのモードも用意されています。

 

次に、8人乗りのメリットとデメリットです。

エスティマ8人乗りのメリット

  • チップアップシートによる手軽さと収納力の高さ
  • シートがシンプルなので、価格面でもお得

 

チップアップシート機構によって、サードシートへのアクセスが容易であったり、畳んだ時の収納力アップに貢献しています。

 

また、キャプテンシートに比べてシンプルな機構なため、価格面では8人乗りがお得です。

例えば、ガソリン仕様のAERASの場合、7人乗りが税込(2019年5月時点)3,312,655円に対し、8人乗りは3,271,418円と約4万円お得です。

 

エスティマ8人乗りのデメリット

  • 7人乗りに比べてシートホールド性が低く、乗り心地で劣る
  • エントリーグレードのAERASしか選べない
  • シートアレンジが3種類のみ

 

ベンチシート型の8人乗りは、どうしても体のホールド力が低くなってしまいます。

また、グレードに選択肢がないのもデメリットと言えます。

 

エスティマの7人乗りと8人乗り!どっちを選ぶ?

ここまで、エスティマの7人乗り、8人乗りそれぞれの特徴、メリット、デメリットを見てきました。

では、どっちを選ぶべきでしょうか。

これは、家族構成によっても変わってきます。

 

エスティマ7人乗りがおすすめの家族構成

7人乗りの場合、家族の人数としては4人程度、両親+子供が2人ぐらいだと快適です。

やはり、セカンドシートが独立していると子供たちも快適ですし、もし他の大人を乗せた時も、子供たちをサードシートに座らせることで大人がセカンドシートに座ることもできます。

 

エスティマ8人乗りがおすすめの家族構成

8人乗りは、常に5~6人以上乗るという大家族におすすめです。

7人乗りを選んでしまうと、少し全体的に窮屈になってしまって、余裕がありません。

荷物を多く積みたい場合でも、セカンドシートに3人座れるので、5人家族の場合サードシートは完全に倒して使えます。

それは7人乗りでは不可能ですので、8人乗りの方が良いです。

 

エスティマ 何人乗り?7人乗り・8人乗りどっちを選ぶまとめ!

今回は、トヨタエスティマに何人乗りが存在し、それぞれの特徴を見てきました。

7人乗りはVIPのようなセカンドシートの空間、8人乗りはコスパの良さがきわだちました。

使い方、人数によってどっちが良いかは変わってきますので、購入前にしっかり考えたいですね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる