新型デリカD5のサイズ・大きさは?車両寸法や室内寸法をライバル車と比較!

新型デリカD5のサイズ・大きさはどうなっているでしょうか?

車両寸法や室内寸法がどうなっているか、ライバル車と比較しながらだとわかりやすいかと思います。

この記事では新型デリカD5のサイズ・大きさ、車両寸法や室内寸法をライバル車と比較しながら紹介していきます。

目次

新型デリカD5のサイズ・大きさ!車両寸法や室内寸法は?荷室は広い?

まずは新型デリカD5のサイズ・大きさについて紹介していきます。

車両寸法や室内寸法、荷室は広いのでしょうか。

新型デリカD5のサイズ・大きさ(車両寸法・室内寸法)

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/spec/spe_02.html

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/spec/spe_02.html

車両寸法や室内寸法はこのようなサイズになっています。

  • 全長: 4,800㎜
  • 全幅: 1,795㎜
  • 全高: 1,875㎜
  • 室内長:2,980㎜
  • 室内幅:1,505㎜
  • 室内高:1,310㎜

かなり大きく、広い作りですね。

 

ディーラーの営業マンが言うには、3列目が特等席と言うだけあって2列目の座面よりも大きくとってあります。

3列目までフル乗車する機会が多い方にとっては、最後尾の列の乗り心地が良いことはかなりのアピールポイントになるのではないでしょうか。

新型デリカD5の荷室の大きさ

次は新型デリカD5の荷室の大きさを紹介していきます。

5名乗車+ラゲッジスペース (8人乗り)

 引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/utility/uti_02.html

2列目の足元が少々狭くなってしまいますが、シートを前方にスライドさせることで、5人乗車を可能にしつつ荷室長は1,200㎜とかなり広めの荷室が確保できます。

2名乗車+最大ラゲッジスペース

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/utility/uti_02.html

2列目を最大限にスライドさせることで、さらに荷室長が増えて最大で1,610㎜のフラットで広大な荷室が出来上がります。

セカンドシート+サードシートフラットモード

 引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/utility/uti_02.html

4名乗車+長尺ラゲッジスペース

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/utility/uti_02.html

元々大きいサイズであり、室内寸法もかなり余裕があるためこのようなシートアレンジも可能になります。

アウトドア&ファミリー層にとても高評価な要因は、多彩なシートアレンジと快適な居住性が両立出来ていることが伺えますね。

新型デリカD5のサイズ・大きさをライバル車と比較!

次は新型デリカD5のサイズ・大きさをライバル車と比較しながら紹介していきます。

日産セレナの大きさ・サイズ

まずは日産のセレナと比較していきます。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/specifications.html

ミニバンクラスNo.1の室内長と室内幅と記載されているように、かなりの広さを誇ります。

  • 全長 :4,770㎜
  • 全幅 :1,740㎜
  • 全高 :1,875㎜
  • 室内長:3,240㎜
  • 室内幅:1,545㎜
  • 室内高:1,400㎜

デリカD5と比較してみます。

全長と全幅はデリカD5が大きくなっていますが、車内寸法に関してはセレナの方が広い作りになっています。

特に室内長はセレナの方が26㎝程大きくなっています。

 

室内寸法はセレナの方が広い作りになっていますが、3列目のシートはデリカD5の方が厚いため、快適性は上回っています。

室内長は26㎝違いますが、他の項目に関しても数㎝程度の違いでしかないため、そこまで神経質になるほどでもないかなと思います。

トヨタノアの大きさ・サイズ

次はトヨタのノアと比較していきます。

引用:https://toyota.jp/noah/interior/space/?padid=ag341_from_noah_in_space02

2018年度において、2.0Lサイズまでのミニバンではトヨタの車が販売台数で1位でした。

よく売れていることから車両寸法や室内寸法がとても使いやすいサイズであることも伺えます。

  • 全長 :4,710㎜
  • 全幅 :1,735㎜
  • 全高 :1,825㎜
  • 室内長:2,930㎜
  • 室内幅:1,540㎜
  • 室内高:1,400㎜

デリカD5と比較してみます。

室内幅と室内高はノアの方が大きい作りになっています。

それ以外の項目に関してはデリカD5が上回る数値となっています。

 

3列目シートはどちらも跳ね上げ式となっていますが、シートの厚みや座面の大きさはデリカD5が優れているため、快適性はとても高いです。

またデリカD5はディーゼルエンジンのため、日々のガソリン代は単価の安い軽油であることも、アピールポイントになります。

ホンダフリードの大きさ・サイズ

最後にホンダのフリードと比較していきます。

少しサイズが小さめとなりますがどうなっているでしょうか。

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/cabin/

フリードは『ちょうどいい』がコンセプトになっているため、多人数が乗れても取り回しのしやすいボディサイズが特徴的です。

  • 全長 :4,265㎜
  • 全幅 :1,695㎜
  • 全高 :1,735㎜
  • 室内長:3,045㎜
  • 室内幅:1,455㎜
  • 室内高:1,275㎜

デリカD5と比較してみます。

ほぼ全ての項目でデリカD5の数値が上回っています。

しかし、室内長だけは6.5㎝程フリードの方が大きいようです。

 

車両寸法は一回り以上大きいデリカD5ですが、室内寸法はそこまで大きく差は開いていないですね。

ただ、室内寸法の広さは快適性と密接に関係があるため、デリカD5が優勢であると思います。

新型デリカD5大きさ・サイズまとめ

各ライバル3車種とデリカD5の大きさ・サイズを比較してみましたが、まとめとして全車種比較をしてみます。

車両寸法に関してはやはりデリカが一番大きくなっています。

 

セレナ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena/exterior_interior.html

室内寸法はセレナが一番広い作りとなっていますね。

ノア

引用:https://toyota.jp/noah/exterior/?padid=ag341_from_noah_navi_exterior

ノアの車両・室内寸法は、ちょうどデリカD5とセレナの中間といったようなサイズになります。

悪く言えば中途半端ですが、ちょうどいいサイズ感ともとれます。

フリード

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/utility/

フリードはデリカD5、セレナ、ノアに比べると一回りほど小さいサイズであるため、車両・室内寸法に関してはリードを許しています。

しかし、室内長に関してはセレナに次いで2位の大きさになりますので、スペースの有効活用度はかなり高いです。

ノア MU(MULTI UTILITY)

引用:https://www.modellista.co.jp/product/noah/mu/?padid=ag341_from_noah_top_multiutility

フリード+

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/webcatalog/interior/cabin/

また、ノアとフリードは3列目を撤去し、5人乗りで荷室を広く使えるモデルも出ています。

アウトドアユースに特化した仕様ですね。

 

デリカD5はSUVとしての側面を持ち合わせているため、悪路での走行を想定した作りとなっています。

ビッグマイナーチェンジで大きく変わったフロントマスクにより、都会の街並みにも溶け込みやすいデザインとなっただけでなく、アウトドアでの使用も高いレベルで行けます。

マルチユースな使い方が出来るのがデリカD5のいいところですね。

新型デリカD5のサイズ・大きさ!車両寸法や室内寸法をライバル車と比較まとめ

新型デリカD5のサイズ・大きさ、車両寸法や室内寸法をライバル車と比較しながら紹介してきました。

 

デリカD5のサイズをセレナ、ノア、フリードと比較した場合、車両寸法はデリカD5が一番大きいサイズとなっています。

室内寸法はセレナが一番広い作りになっていて、ノアはデリカD5とセレナの中間ぐらいの広さとなっています。

 

またフリードは、全体的なサイズは一回り程小さくなるため、車両寸法や室内寸法は3車種に比べるとどうしても小さくなってしまいます。

しかし、室内長は一番長いセレナに次いで2位の長さを誇るため、荷室はセレナやノアとあまり変わらない広めの作りになっています。

 

デリカD5はビッグマイナーチェンジでフロントマスクが特徴的になり、都市部に映えるモダンな感じのデザインになりました。

しかしSUV顔負けの走破性はそのままのため、アウトドアでもがっちり使い倒せます。

 

高級感があふれる内装や、実際のサイズ感をぜひお近くの三菱ディーラーで試乗して体感してみてくださいね。

 

憧れのミニバンをついに購入!しかも人より52万円以上も安く買えた!

私は今まで10年落ちのノートに乗っていました。

かなり古くなったのと家族も増え、ノートでは使い勝手がかなり悪くなり憧れだったミニバンに乗り換えようと、ディーラーに向かうことに。

見積もりをとってもらい想定の価格をちょっと超えてしまったので、奥手な私、苦手な交渉もがんばり……

20万円値引きします!」といいお返事を頂きました。

はじめは飛び跳ねるように嬉しかったのを覚えています。

 

ただ数分後には、

初心者
(うーんやっぱりこんなものかぁ、これ以上は限界だよなぁ涙)

と思ったとき。

 

「今乗っていらっしゃるノートを下取りに出しませんか?今なら10万円で引き取りますよ!」

ディーラー営業マンからの提案でした!

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたノートです。

初心者
(やったー!10万円!売りに行くのもめんどくさいしラッキー!)

…よく考えたらたった10万円

「10万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思う自分もいれば、

「もっと高く売れるよ!」と思う自分もしました。

 

値引き20万円とノートの下取り10万円で、30万円の値引き

値引きが無いよりは全然マシ!

だけど…いろいろ悩み始めてしまい結局その日は決められませんでした…。

私としてはこれまでで一番大きい買い物。

家に帰ってもう一度考えることにしました。

 

...私の判断は間違っていませんでした。

初心者
新車だし…もっと値引き出来ないかな?

そう思い、色々調べているとわかったことがあります。

衝撃の事実ですが、それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまとハマっていたんです!

ディーラー営業マンの罠にハマるところでした

車の相場を知らない私たちに、ディーラーは下取りを安く見積もっているようで「値引き充当」というもの。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする

という私達の心理を利用したディーラー営業マンのテクニックです。

初心者
値引きが多かったら嬉しいですもんね

 

つまり、そもそも私のノートの価値は「10万円」なんかじゃなかったんです!

あやうく、営業マンの罠にハマるところでした…

苦手な値引き交渉が上手くいったと思ってたけど、トータルで損してしまってはすべて意味がありません。

初心者
結局、私のノートはいくらで買い取ってもらえるの?

そんな疑問を抱え、更に調べます。

 

…なんと、思いも寄らない事実に気づいてしまいました…。

衝撃の値段がついたのです!あるサービスを使うことで!

そのサービスが、これ↓

初心者
愛車の相場や最高の買取価格がすぐに分かります!

楽天グループなので信頼度は抜群。

さらに全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いとのこと。

あの有名なガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれて一番高い価格を提示してくれます。

他の車の例はこんな感じ↓

ディーラーの下取りより明らかにお得です…!

>>私の使った無料査定サービスはこちら

下取り10万円からまさかの…!

衝撃的すぎました!

私の10年落ちノートが、

52万円で売れることがわかったんです!!

驚きすぎて心臓のバクバクがとまりませんでした!笑

 

ディーラー下取りで10万円と言われた私の車が、無料査定を使っただけで52万円になったんです。

驚かない理由がないですよね!

新車自体の値引き20万円も含めると、20万円+52万円…

すごいことになっちゃいました。

もし下取りの10万円で手を打っていたらと思うと後悔してもしきれません…!

 

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

無知は罪ですね、ホント。

私が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、使いやすさは抜群。

当たり前ですが、もし査定額に納得できなかったら売る必要ないです。

完全無料で相場がわかるので一度試してみることをおすすめします!

※査定は完全に無料なので、妹の車の査定もしちゃいました!

けっこういい価格だったので妹も喜んでて「車買い替えちゃおっかな〜」なんて言ってましたよ!笑

>>私が52万円も得した無料査定サービスはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる