コンパクトミニバン人気ランキング2020!徹底比較でおすすめは?

ミニバンは、その実用性の高さから非常に人気のタイプの車です。

その中でも、扱いやすさを兼ね備えたコンパクトミニバンは気になる方も多いはず。

2020年現在、どんな車種があって、人気でおすすめなのか、ランキング形式で徹底比較されていると、より分かりやすいですよね。

それぞれの違いも気になるところ。

今回は、「コンパクトミニバン人気ランキング2020」ということで、それぞれを徹底比較し、おすすめをご紹介します!

目次

コンパクトミニバンの主な種類は?

コンパクトミニバンには、主にどんな種類があるのでしょうか。

コンパクトミニバンのサイズは?

まずは、今回におけるコンパクトミニバンの定義を定めましょう。

そこで重要になってくるのは、サイズです。

通常、コンパクトカーは「5ナンバー」を指します。

5ナンバーとは、以下の寸法、排気量に収まる車を言います。

項目 5ナンバーサイズ
長さ 4.7m以下
1.7m以下
高さ 2.0m以下
総排気量 660cc超~2,000cc以下

上記の寸法以上になると、「3ナンバー」と呼ばれるサイズになります。

 

そのため、今回のコンパクトミニバンも、「5ナンバー」に収まる車にしましょう。

コンパクトミニバンの種類(ラインナップ)は?

現在、日本国内で購入可能なコンパクトミニバンは、どのような種類があるのでしょうか。

メーカー SSサイズ Sサイズ Mサイズ
トヨタ ・シエンタ ・ノア
・ヴォクシー
・エスクァイア
ホンダ ・フリード
・フリードプラス
・フリードクロスター
・ステップワゴン
日産 ・セレナ
三菱
スズキ ・ランディー

現在、新車で購入可能なコンパクトミニバンは全10車種存在します。

SSサイズという最もコンパクトなカテゴリでは、「シエンタ」「フリード」といったおなじみの車種がありますね。

 

Sサイズミニバンには、現在そこに属する車はありません。

 

Mサイズミニバンは、皆さんがミニバンと聞いてすぐに想像するような車種たちがあります。

こういった車種にも、グレードによってコンパクトミニバン=5ナンバーのカテゴリに入るものがあります。

コンパクトミニバン人気ランキング2020!

それでは、ここまで挙げた車種の中から、コンパクトミニバン人気ランキング2020を発表します!

コンパクトミニバン人気ランキング2020 第5位 トヨタ シエンタ

引用:https://toyota.jp/sienta/

第5位にランクインしたのは、トヨタのSSサイズミニバン、シエンタです。

小回り性を示す一つの使指標である最小回転半径が5.2mという数値です

一般的に5.5mを下回った場合、小回りが利くと言われます。

 

しかし、一つだけ注意が必要な点があり、オプションで装着可能な16インチタイヤ&アルミホイール(ノーマルは15インチ)にすると、この数値は5.8mまで跳ね上がります。

大きなアルミホイールはかっこ良いのですが、シエンタの良さの一つである小回りは失われてしまいます。

コンパクトミニバン人気ランキング2020 第4位 ホンダ フリード

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

シエンタのライバル的存在が、ホンダ フリードです。

フリードには5人乗りのプラス、クロスオーバー風のクロスターという派生グレードがあります。

最小回転半径はこちらも5.2mと非常にコンパクトです。

 

ポイントなのが、クロスターを選んでも5ナンバーに収まっている点。

ここはホンダのこだわりでもあるとのことです。

コンパクトミニバン人気ランキング2020 第3位 トヨタ エスクァイア

引用:https://toyota.jp/esquire/

第3位にランクインしたのが、トヨタ エスクァイア。

ノア・ヴォクシーの兄弟車ですが、こちらは高級感をイメージして作られています。

最小回転半径は5.5mです。

 

ポイントとしては、全グレード5ナンバーサイズに収まっている点

高級感があるというと、何となく色々装飾がついて大きくなることを想像しがちですが、アルファードなどとの差別化もありここは抑えられています。

コンパクトミニバン人気ランキング2020 第2位 日産 セレナ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

第2位が日産 セレナです。

同サイズのミニバンで売り上げNo.1にも輝いた実績もある車です。

最小回転半径は5.5mとなっており、取り回し性もばっちりと言えます。

 

しかし、1位にならなかった理由として、デザイン的に多くの方が選択するであろうグレードである「ハイウェイスター」は3ナンバーサイズとなってしまう点です。

とはいえ、e-Powerという先進的なパワートレインも通常グレードから選べるので、十分選択肢の幅は感じることができます。

コンパクトミニバン人気ランキング2020 第1位 トヨタ ノア/ヴォクシー

引用:https://toyota.jp/noah/

第1位は、ノア/ヴォクシーというトヨタのMサイズミニバンです。

こちらも非常に人気がある車種です。

 

最小回転半径は5.5mで、パッと見た感じでは大きそうでも非常に扱いやすいのが特徴です。

SSサイズミニバンでは積載性に少し不安があり、かつ大きすぎるのは嫌だという方にはまさにジャストサイズと言えます。

 

なお、ノア/ヴォクシーは最上位モデルだけ3ナンバーサイズにかかってくるので、そこは注意が必要です。

コンパクトミニバンを徹底比較した結果!おすすめは?

ここまで、コンパクトミニバンを徹底的に比較してきました。

その結果のおすすめを1台発表します!

おすすめコンパクトミニバンはフリードクロスター

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

SSサイズミニバンの中の派生グレードであるクロスターは、まさにSUV風のデザインが持ち味です。

おすすめする点としては、以下の通りです。

  • 5ナンバーサイズのSUVはない
  • ミニバンの利便性とSUVのデザインがマッチ
  • コテコテのSUVではなく、あくまで都会風SUV

いわゆるコンパクトSUVと言われるホンダ ヴェゼルなどのような車種でも、3ナンバーサイズですし、やはりスライドドアなどのミニバンらしさを考えるとフリードクロスターは非常に絶妙なポジションの車と言えます。

 

小さいながら遊び心を感じるので、他のミニバンとは明確に差別化できていると感じますので、ここではおすすめとさせていただきます。

コンパクトミニバンを選ぶなら新型と中古どっちが良い?

コンパクトミニバンを選ぶ際に、新型を選ぶべきか、中古で良いのか、考えますよね。

ここでは、どちらが良いか、それぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。

コンパクトミニバンを選ぶなら新型 or 中古?① 新型

新型のメリット

  • 最新の技術の車に乗れる
  • オプションやカラー等、自分好みに選べる
  • 保証期間が長い

新型のメリットとしては、やはり新しい車なので、それにちなんだメリットが多くなります。

特に大きいと感じるのは、最新の安全装備が使える可能性があることです。

 

ドライバーをサポートする安全装備は多いに越したことないすからね。

新型のデメリット

  • 購入時の諸費用が多くかかる
  • 車種に限りあり
  • 納車まで時間がかかることも

新型の場合、やはり購入金額が相対的に高くなるというデメリットは避けて通れません。

そのほか、人気車種では納期が長くなってしまうなど、すぐに欲しい!という方には難しい面もあります。

コンパクトミニバンを選ぶなら新型 or 中古?② 中古

中古のメリット

  • 諸費用含め価格が安め
  • 現物をチェックできる
  • 過去のモデル含めて選択肢が豊富

中古車のメリットは、やはり価格面ですよね。

また、すでに新車では買えないモデルを選べるので、自分が好きなデザインに出会える可能性も高まります。

 

もう一つ加えるとすれば、例えば小さなお子様がいる家庭で、車内が汚れることもある場合、中古車であれば気にしすぎることもなくなるという点ですね。

中古のデメリット

  • 故障の可能性
  • 前のオーナーの癖がついている

これは完全に個体差がある話になります。

車は見えないところにダメージを負っていたりするのですが、素人目にはなかなかわかりません。

 

そういった意味では、メーカーの認定中古車を狙うと、そういった心配は軽減できます。

コンパクトミニバン人気ランキング2020!徹底比較でおすすめまとめ

今回は、コンパクトミニバン人気ランキング2020!をお届けしました。

徹底比較することで、おすすめの車種をご紹介しましたが、車に求めるニーズは人それぞれ。

購入する際は、様々な選択肢と自分の使い方をイメージして選んでくださいね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる