新型エスクァイアの色(カラー)の人気色・色番号はどれ?色見本アリ

2019年にマイナーチェンジを果たした新型エスクァイア。

実用性の高い人気のMサイズミニバンですが、その色(カラー)はどのようなものがあるでしょうか。

 

見本見れたり、色番号があればわかりやすいですし、人気色も知りたいですよね。

そこで、今回は新型エスクァイアの色(カラー)の色見本を色番号付きで紹介し、人気色はどれかも解説していきます!

 

目次

新型エスクァイアの色!ボディカラーバリエーションは?色見本アリ

引用:https://toyota.jp/esquire/exterior/?padid=ag341_from_esquire_navi_exterior

新型エスクァイアには、以下7色のボディーカラーバリエーションが存在します。

  • ブラック(202)
  • シルバーメタリック(1F7)
  • ボルドーマイカメタリック(3R9)
  • アバンギャルドブロンズメタリック(4V8)
  • ホワイトパールクリスタルシャイン(070)※
  • スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(220)※
  • ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(221)※

 

上記の7色のうち、※がついている3色は、メーカーオプションとなり32,400円の追加料金が発生します

 

それでは、一色づつ色見本を見てみましょう。

ブラック(202)

引用:https://toyota.jp/esquire/exterior/?padid=ag341_from_esquire_navi_exterior

王道のブラックは、エスクァイアの雰囲気にもピッタリです。

TPOを選ばず使いやすく目立ちすぎないので、どんな方も選んで間違いボディカラーです。

 

フロントグリルのメッキが結構存在感あるので、ブラックは引き締まって見えるのも良いですね。

 

シルバーメタリック(1F7)

引用:https://toyota.jp/esquire/exterior/?padid=ag341_from_esquire_navi_exterior

大人の落ち着いた雰囲気ながらも、存在感のあるシルバーメタリック。

ブラック同様TPOを選ばずに使いやすいボディカラーですね。

 

フロントグリルとの相性も良く、清潔感を非常に感じます。

 

ボルドーマイカメタリック(3R9)

引用:https://toyota.jp/esquire/exterior/?padid=ag341_from_esquire_navi_exterior

赤ワインを思わせるボルドー色が特徴的なボルドーマイカメタリック。

単純なレッド系の色より暗さと深みがあるので、ミニバンの大きな車体でも派手になりすぎず、かつ個性を出せるところが良いですね。

 

メッキパーツとの相性も非常に良くて、野暮ったさが全くないのがお洒落です。

 

アバンギャルドブロンズメタリック(4V8)

引用:https://toyota.jp/esquire/exterior/?padid=ag341_from_esquire_navi_exterior

大きく分類するとブラウン系の色味になるであろうアバンギャルドブロンズメタリック。

地味なようで、結構存在感あります。

 

個性的な色ですが、グリルとのマッチも非常に良くてエスクァイアの世界観は損なわないので、他人と違う雰囲気を求める方にはおすすめです。

 

ホワイトパールクリスタルシャイン(070)※

引用:https://toyota.jp/esquire/exterior/?padid=ag341_from_esquire_navi_exterior

ホワイトパールということで、完全なホワイトではないですが、高級感はより高まっています。

ブラックに並ぶ王道の色で、エスクァイアの高級感にもぴったりな外さないボディカラーですね。

 

単調なホワイトですと膨張して見えるのですが、ホワイトパールなのでより輝きがあって、引き締まって見えることで、より洗練されたカラーと感じます。

 

スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(220)※

引用:https://toyota.jp/esquire/exterior/?padid=ag341_from_esquire_navi_exterior

ブラックとは名がついているものの、一見パープルにも見えるスパークリングブラックパールクリスタルシャイン。

 

ブラックも良いけど、もう少し個性を出したい場合は非常に有力な選択肢になります。

基本はブラック系なので、使いやすさはブラックと同様とみてよいです。

 

昼と夜とでは色の映え方も若干変わってくるので、様々な表情を楽しめますね。

 

ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(221)※

引用:https://toyota.jp/esquire/exterior/?padid=ag341_from_esquire_navi_exterior

ブルー系ともグリーン系ともいえるこの不思議なカラーは、エスクァイアをより個性的な一台に仕上げたい時にぜひ選びたいですね。

他の車でもなかなか見ないボディカラーですし、かつとても上品で格好良いので街で見かけたら一度は見てしまいそうですね。

 

エスクァイアを知らない人でしたら、ヨーロッパの車と見間違えるかもしれないぐらい、日本ではなかなかお目にかかれない上品なカラーと言えます。

 

新型エスクァイアの内装色(カラー)とインパネの種類は?画像有!

引用:https://toyota.jp/esquire/interior/?padid=ag341_from_esquire_navi_interior

ここまで、新型エスクァイアの外装ボディカラーを各色見てきました。

また、新型エスクァイアにはグレードによって内装色(カラー)やインパネに違いがあります。

 

それぞれ画像とともに見ていきましょう。

 

新型エスクァイアの内装色(カラー)

ブラック+ファブリック

引用:https://toyota.jp/esquire/interior/?padid=ag341_from_esquire_navi_interior

エントリグレードのXi(ハイブリッド含む)に設定されるブラックとファブリック組み合わせは、シンプルで一体感のある内装色になっています。

 

下手に奇をてらっていないので、ファブリックの質感が悪い意味で目立つこともありません。

 

ブラック+合成皮革

引用:https://toyota.jp/esquire/interior/?padid=ag341_from_esquire_navi_interior

Gi(ハイブリッド含む)に標準設定されるのはこのブラックと合成皮革の組み合わせです。

ファブリックに比べると格段に高級感が増すのがわかりますよね。

 

バーガンディ&ブラック+合成皮革

引用:https://toyota.jp/esquire/interior/?padid=ag341_from_esquire_navi_interior

同じくGi(ハイブリッド含む)で選択できるバーガンディを入れたブラウン系の内装色です。

バーガンディとは、ワインで有名なフランスのブルゴーニュの英語読みです。

そのため、ワインのようなディープレッドとブラウンの中間のようなカラーなのです。

 

基本パーツはブラックと組み合わされているので非常に落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

 

バーガンディ&ブラック+ブランノーブ&合成皮革

引用:https://toyota.jp/esquire/interior/?padid=ag341_from_esquire_navi_interior

Gi Premium Package(ハイブリッド含む)に設定されるのは、バーガンディに「ブランノーブ」というヌバック調表皮も組み合わされ、さらに高級感が増しています。

ブランノーブは触り心地も良く、体にフィットするので、ワンランク上の車の質感に大変身します。

 

最上級グレードに相応しい内装ですね。

 

新型エスクァイアのインパネの種類

ブラック+合成皮革

引用:https://toyota.jp/esquire/interior/?padid=ag341_from_esquire_navi_interior

ブラックの内装の場合、インパネも全体的にブラックになるので、非常にシンプルになります。

この感じが絶対に嫌だ!という方はまずいないですよね。

 

ブラック+合成皮革

引用:https://toyota.jp/esquire/interior/?padid=ag341_from_esquire_navi_interior

シート素材が変わっても、ブラックの場合基本的にインパネまわりは変わりません。

 

バーガンディ&ブラック+合成皮革

引用:https://toyota.jp/esquire/interior/?padid=ag341_from_esquire_navi_interior

差し色でバーガンディが使われると、インパネ回りも少しカラーにコントラストがでて、ブラックとは印象がガラッと変わりますね。

 

とはいえ、ヴィヴィッドな色ではないので、全体の落ち着いた雰囲気はばっちり出ています。

 

バーガンディ&ブラック+ブランノーブ&合成皮革

引用:https://toyota.jp/esquire/interior/?padid=ag341_from_esquire_navi_interior

最上位モデルになると、シフトノブにも木目調の装飾が付き、より高級感を増します。

また、メッキがブラックメッキとなり、引き締まった印象を与えます。

 

乗った瞬間に、いい車だなと感じることができますよね。

新型エスクァイアの特別仕様車Gi“Premium Package・Black-Tailored”で選べるボディカラー・内装色(カラー)は?

新型エスクァイアのボディカラーや内装色(カラー)に関してご紹介をしてきました。

ここでは、新型エスクァイアのラインナップに新たに追加された特別仕様車Gi“Premium Package・Black-Tailored”で選択できるボディカラーや内装色(カラー)についてご紹介していきます。

新型エスクァイアの特別仕様車Gi“Premium Package・Black-Tailored”で選択できるボディカラーは?

引用:https://toyota.jp/esquire/grade/special/?padid=ag341_from_esquire_grade_bt_gip_thumb

新型エスクァイアの特別仕様車では、全7色あるボディカラーのうち、4色が選択できます。

  • ブラック(202)
  • ホワイトパールクリスタルシャイン(070)※
  • スパークリングブラックパールクリスタルシャイン(220)※
  • ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(221)※

 

そのうち3色がメーカーオプションで有償カラーとなり、無償カラーはブラックのみとなります。

 

新型エスクァイアの特別仕様車Gi“Premium Package・Black-Tailored”の内装色は?

引用:https://toyota.jp/esquire/grade/special/?padid=ag341_from_esquire_grade_bt_gip_thumb

特別仕様車のGi“Premium Package・Black-Tailored”(ハイブリッド含む)には、Gi Premium Packageの内装をベースに、バーガンディだった内装色を特別なブラック系に変更されています

組み合わせとしては、ブラック+ブランノーブ&合成皮革という形になります。

 

新型エスクァイアの特別仕様車Gi“Premium Package・Black-Tailored”のインパネは?

引用:https://toyota.jp/esquire/grade/special/?padid=ag341_from_esquire_grade_bt_gip_thumb

内装色と同様、インパネもGi Premium Package のバーガンディー部分がブラックになり、特別な一台であることを強く印象付けてくれます。

 

このように、新型エスクァイアの特別仕様車Gi“Premium Package・Black-Tailored”では、「Black-Tailored」という名前からもわかる通り、ブラックを基調にしたインテリアが強調され、よりシックで洗練された雰囲気を醸し出しています。

 

新型エスクァイアの色(ボディカラー)!人気色番号(カラーナンバー)は?

ここまで、外装、内装のカラーを色見本や画像とともに紹介しました。

それでは、新型エスクァイアの人気色(ボディカラー)はどの色なのでしょうか?

 

ランキングにすると、以下の通りになります。

  • 1位 ホワイトパールクリスタルシャイン
  • 2位 ブラック
  • 3位 ボルドーマイカメタリック
  • 4位 スパークリングブラックパールクリスタルシャイン
  • 5位 シルバーメタリック
  • 6位 ブラッキッシュアゲハガラスフレーク
  • 7位 アバンギャルドブロンズメタリック

 

 

1位は、やはり安定のホワイト系、ホワイトパールクリスタルシャインでした。

なんと、エスクァイアを購入した方の半数近い方がこのボディーカラーを選択するそうです

 

やはり、高級感があって好き嫌いが分かれないホワイトは、皆さんに受け入れられやすいのですね。

 

2位には、こちらも王道のブラック。

標準カラーなので追加料金もかかりませんし、好みや流行に左右されないブラックが人気なのも納得です。

 

3位には、ボルドーマイカメタリックが入りました。

ブラック系の他の色を抑えての3位はそれだけ魅力があるからです。

 

深みのあるカラーで、落ち着いて洗練された雰囲気を醸し出すことができて、ブラックやホワイトとも差別化できるのが良いですね。

また、複雑なカラーでありながら標準カラーで追加料金がかからないのも魅力ですね。

 

新型エスクァイアは、高級感をテーマにしたミニバンなので、ホワイトやブラックといった王道のボディカラーが人気になります

また、その雰囲気を壊さないボルドーマイカメタリックのような色も人気なので、エスクァイアを選ぶ方はやはり高級感を大事にされているんだなということがわかりますね。

 

とはいえ、今回ランキングでは下位になってしまったボディカラーが悪いというわけではありません!

共通していえるのは、どのボディカラーもエスクァイアの世界観をしっかり表現しているということです。

 

また、エスクァイアぐらいの人気車種になると、人気カラーは他の人と被る可能性がかなり高く、街中で数多く見かけることになります

敢えて、他の方が選ばないカラーにするというのも、一つの楽しみ方ですね。

 

新型エスクァイアの色(カラー)の人気色・色番号!まとめ

新型エスクァイアの色(カラー)は、7色もあって選ぶ際は結構悩みますよね。

ですが、色見本や実際の車を見ながら、実際に自分が乗った時の姿を想像するのも車を購入する際の楽しみの一つです。

 

どのボディーカラーを選んでもエスクァイアの世界観はしっかり表現されていますし、あとは自分の感性を信じて良いです。

もちろん、どうしても決められない時は、人気のホワイトパールクリスタルシャイン、ブラック、ボルドーマイカメタリックあたりから選ぶのも良いので、今回の記事を参考にしてくださいね。

 

憧れのミニバンをついに購入!しかも人より52万円以上も安く買えた!

私は今まで10年落ちのノートに乗っていました。

かなり古くなったのと家族も増え、ノートでは使い勝手がかなり悪くなり憧れだったミニバンに乗り換えようと、ディーラーに向かうことに。

見積もりをとってもらい想定の価格をちょっと超えてしまったので、奥手な私、苦手な交渉もがんばり……

20万円値引きします!」といいお返事を頂きました。

はじめは飛び跳ねるように嬉しかったのを覚えています。

 

ただ数分後には、

初心者
(うーんやっぱりこんなものかぁ、これ以上は限界だよなぁ涙)

と思ったとき。

 

「今乗っていらっしゃるノートを下取りに出しませんか?今なら10万円で引き取りますよ!」

ディーラー営業マンからの提案でした!

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたノートです。

初心者
(やったー!10万円!売りに行くのもめんどくさいしラッキー!)

…よく考えたらたった10万円

「10万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思う自分もいれば、

「もっと高く売れるよ!」と思う自分もしました。

 

値引き20万円とノートの下取り10万円で、30万円の値引き

値引きが無いよりは全然マシ!

だけど…いろいろ悩み始めてしまい結局その日は決められませんでした…。

私としてはこれまでで一番大きい買い物。

家に帰ってもう一度考えることにしました。

 

...私の判断は間違っていませんでした。

初心者
新車だし…もっと値引き出来ないかな?

そう思い、色々調べているとわかったことがあります。

衝撃の事実ですが、それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまとハマっていたんです!

ディーラー営業マンの罠にハマるところでした

車の相場を知らない私たちに、ディーラーは下取りを安く見積もっているようで「値引き充当」というもの。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする

という私達の心理を利用したディーラー営業マンのテクニックです。

初心者
値引きが多かったら嬉しいですもんね

 

つまり、そもそも私のノートの価値は「10万円」なんかじゃなかったんです!

あやうく、営業マンの罠にハマるところでした…

苦手な値引き交渉が上手くいったと思ってたけど、トータルで損してしまってはすべて意味がありません。

初心者
結局、私のノートはいくらで買い取ってもらえるの?

そんな疑問を抱え、更に調べます。

 

…なんと、思いも寄らない事実に気づいてしまいました…。

衝撃の値段がついたのです!あるサービスを使うことで!

そのサービスが、これ↓

初心者
愛車の相場や最高の買取価格がすぐに分かります!

楽天グループなので信頼度は抜群。

さらに全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いとのこと。

あの有名なガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれて一番高い価格を提示してくれます。

他の車の例はこんな感じ↓

ディーラーの下取りより明らかにお得です…!

>>私の使った無料査定サービスはこちら

下取り10万円からまさかの…!

衝撃的すぎました!

私の10年落ちノートが、

52万円で売れることがわかったんです!!

驚きすぎて心臓のバクバクがとまりませんでした!笑

 

ディーラー下取りで10万円と言われた私の車が、無料査定を使っただけで52万円になったんです。

驚かない理由がないですよね!

新車自体の値引き20万円も含めると、20万円+52万円…

すごいことになっちゃいました。

もし下取りの10万円で手を打っていたらと思うと後悔してもしきれません…!

 

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

無知は罪ですね、ホント。

私が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、使いやすさは抜群。

当たり前ですが、もし査定額に納得できなかったら売る必要ないです。

完全無料で相場がわかるので一度試してみることをおすすめします!

※査定は完全に無料なので、妹の車の査定もしちゃいました!

けっこういい価格だったので妹も喜んでて「車買い替えちゃおっかな〜」なんて言ってましたよ!笑

>>私が52万円も得した無料査定サービスはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる