新型シエンタの寝引き限界額は40万~50万?値引き相場や目標額も!2019最新情報

新型シエンタは人気の車種です。最近は特に人気が出ていて納車にも大変時間がかかっています。

そんな新型シエンタの値引きの限界額はいくらくらいでしょうか?

値引き相場も40万から50万という話も聞きます。

では実際の新型シエンタの値引きの限界額はどれくらいなのか、値引き相場はいくらなのか、また目標額はいくらぐらいに設定すればいいかなど、2019年の値引き相場と目標額等についての最新情報をお伝えします。

目次

トヨタ新型シエンタの値引き相場は?(2019年最新情報)

引用:https://toyota.jp/sienta/

トヨタの新型シエンタの値引き相場はいくらなのかについて2019年5月の最新情報をお知らせします。

2018年9月11日にマイナーチェンジした新型シエンタは、発売当初の頃と異なり値下げ幅は徐々に大きくなり、2019年5月段階の値引き相場はオプション込みで約26万円と、以前の相場に戻っています。

トヨタ新型シエンタの値引き目標額は?(2019年最新情報)

 

引用:https://toyota.jp/sienta/

トヨタの新型シエンタの購入時の値引きの目標額について2019年5月時の最新情報をお伝えします。

値引き目標額はズバリ約23万円です。

まずはこの金額を目標にしていきましょう。

 

この金額を値引きできたら当面の目標は達成できたと考えていいでしょう。

そしてさまざまなオプションをつけることでさらに値引きが期待できます。

そのためオプション等込み値引きを総額26万円と考えておきましょう。

 

ただし、オプションをつけていけばいくほど総額が高くなったり、納期が遅れてくることがあります。

「オプションが付けば安くなるのでいい」というものではありません。

あくまでオプションは必要最低限にとどめて置き、出来る限り早く納車されるようにしましょう。

 

トヨタ新型シエンタの値引き限界額は40万~50万?(2019年最新情報)

引用:https://toyota.jp/sienta/

トヨタの新型シエンタの値引き限界額は40万から50万という話を聞きますが実際はどうなのか、2019年5月時の最新情報をお伝えします。

先ほども触れましたが、2019年5月度の値引き目標金額は約23万円です。

 

もちろん値引きで40万や50万を値引きできた!という話を聞くことがありますが、実際は各ディーラーには最大値引き可能金額というものが一覧で配布されています。

営業担当によっては、その一覧を見せてくれる人もいます。

 

それは「その範囲であれば営業担当の裁量や販売店裁量で値引きしても良いよ」というもので、逆にその金額以上の値引きは原則できません。

もちろん本当なのかどうかはこちらは知る由もないのですが、その話をもとに営業をしてくることは知っておいた方がいいでしょう。

 

つまり40万や50万の値引きというものは本来はできないものなので、それを可能にするには、例えば下取り車の買取金額を通常よりも安く見積もり、その差額を足すことであたかも40〜50万の金額を値引きしたように錯覚させているケースがほとんどです。

もちろんオプションの付け方などで値引きできる金額もありますから、どこまで車にオプションをつけるかなど諸条件で総金額は変わってきます。

そして、車両本体価格そのものの値引きという点では23万円の値引きが妥当で、それ以上の値引きは、オプションを付けることで変わってきます。

そのため、まずは下取り車なしの条件で、どの程度安くなるのかを営業担当に確認してみることをお勧めします。

 

ただ、いくら値引きの目標や金額を知っていても、それを営業担当に伝えるだけでは値引きにはなりません。

値引きをするには、あくまで買いたいという意思を示すことが重要です。

営業担当者も、自分のところの車を気に入ってくれる人に、買いたいと考えている人に買ってもらいたいからです。

 

そのためには、シエンタを買いたいという意思を示すだけでなく、ほかの店舗や車種、検討しているものがほかにもあり、それらと比べてシエンタを検討していることを明確に営業担当側に伝えましょう。

そうすることで、取引の材料になるとともに、自分がどういうことを車に望んでいるかも明確になります。

 

そうした要望を営業担当に伝えるだけでも、どういうオプションがいいのかなど相談に乗ってくれるきっかけになるとともに、値引きも大変快く応じてくれるきっかけになります。

よく引き合いに出されるのが、ホンダのフリードと、日産のセレナです。

 

ホンダフリード

引用:https://www.honda.co.jp/FREED/

日産 セレナ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/serena.html

そのため、予備知識としてもフリードとセレナの価格や特徴を知っておきましょう。

 

トヨタ新型シエンタハイブリッド(HV)の値引きは渋い?

引用:https://toyota.jp/sienta/

トヨタの新型シエンタのハイブリッド(HV)車は値引きはされるでしょうか?

ハイブリッドの値引き状況について確認してみました。

 

新形シエンタのハイブリッド車の本体価格値引きは10万から20万円が相場のようです。

ハイブリッドだからと言って大きな差はないようです。

 

しかしオプションを値引きしてもらうこともできるので、どういったオプションをつけるかでも変わってくるようですね。

中にはオプションで更に10万安くなった事例があります。

 

ただ、いくら安くしてもらえたからと言って、総額自体が高くなっていては支払う金額は高くなってしまします。

自分の中での支払額の目標を決めて置き、その範囲に収まるように話を進めていくことが、結果的に安く購入することにつながります。

 

ディーラーの口車に乗らないよう、きちんと金額としての予定や、オプションも自分にとって必要なものとそうでないものを考えて交渉に臨みましょう。

もちろんそれでも新型シエンタのハイブリッド車が値引きされない、価格が折り合わないという場合は、走行距離の少ない中古車を狙ってみるのもありです。

 

新形シエンタは人気の車種ですので、走行距離に関係なく売れています。

そして中古市場に出回る量こそ少なめですが、一時期よりも出るようになってきました。

新形シエンタのハイブリッド車は中古の場合、どのくらいの走行距離でいくらぐらいなのか、を予め確認して価格交渉に臨んでみてもいいでしょう。

 

もし価格が本当に折り合わない場合は、中古の新型シエンタのハイブリッド車に乗るということを営業に伝えながら、双方ともに納得のいく交渉が出来るようになります。

そうすることで、買いたいという意志が営業担当に伝わりやすくもなり、価格交渉がしやすくなります。

ぜひ押さえておきましょう。

 

新型シエンタの値引き相場・目標・限界額(2019値引きレポート)まとめ

新型シエンタの値引き相場と目標、そして限界額についての2019年の最新の値引きレポートをお伝えしてきました。

新型シエンタは人気もあるため、他の車種よりも購入には時間がかかります。

とりあえず新型シエンタに乗りたい!という人は走行距離の少ない中古車の新型シエンタを狙ってみるのも一つの方法です。

どちらの場合も出来る限り早く情報を入手し、他店や他のメーカーのライバル車などを引き合いに出すなどをして、可能な限り安く早く手に入れましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる