ノア WXB2の値引き相場や限界額は?2019最新値引きレポート

ノアのWXB2(ダブルバイビーⅡ)はミニバンの中でもかなり人気のある機種になっています。

発売したばかりのノアWXB2(ダブルバイビーⅡ)は2019年の値引き相場や目標額、そして値引き限界額どのくらいになっているのか、2019年の最新値引きレポートが知りたいですよね!

そこでノアWXB2(ダブルバイビーⅡ)2019年度の最新の値引き相場や値引き目標額、限界額について最新の値引き状況をレポートします。

目次

ノア WXB2(ダブルバイビーⅡ)の値引き相場は?(2019年最新情報)

引用:トヨタ公式サイト

それでは、ノア WXB2の値引き相場どのようになっているでしょうか。

2019年の最新の値引き相場についてお伝えしていきます。

 

2019年7月時点のノア WXB2の値引き相場は、30万~45万円(オプション等込み)となっています。

この金額は少ないとみるべきか、相応と考えるべきかは意見の分かれるところです。

しかし、2019年の1月に出たばかりで、Siグレードをベースにした特別仕様車だと考えると、このくらいの金額が妥当ではと考えられます。

 

実際、価格差でみるとSiとWXB2は10万円くらいの割に、リヤオートエアコンと両側パワースライドドアを標準装備としているので、相対的に見るとかなりお得な車です。

 

リヤオートエアコン

引用:トヨタ公式サイト

これがあると後ろだけクーラーをつけることもできるので、わざわざ運転席をガンガンに冷やさなくてもいいわけです。

冷え性のお母さんが運転する場合、後部座席のためにガンガンと冷やすのは体に良くありません。

後部座席を利用している人が自分で温度調整できるのもいいですね。

 

ワンタッチスイッチ付デュアルパワースライドドア

引用:トヨタ公式サイト

パワースライドドアは荷物をたくさん持っているときなどに大変重宝します。

こうした装備を考えるとノア WXB2の値引き相場は、大変お買い得です。

 

ちなみに、ノア WXB2(ダブルバイビーⅡ)ハイブリッドの口コミ評価・評判の記事はこちらです。

【関連記事】

ノア WXB2ハイブリッドの口コミはどう?評価・評判は良い?

 

ノア WXB2の値引き目標額はどのくらい?(2019年最新情報)

引用:トヨタ公式サイト

それでは、ノア WXB2の値引き目標額はどのくらいでしょうか。

60万という話もききますが、本当でしょうか?

そこでノア WXB2の2019年度の最新の値引き目標額についてお伝えします。

 

ノア WXB2の値引き目標額は本体分30万円、オプション分5万円分の合計35万円です。

ノア WXB2はカラーがあまり多くないなど不満な点を挙げる人もいますが、それ以外を除けば装備の充実度から考えてこの妥当な値引き額だと考えてよいでしょう。

 

もちろん、値引き目標額にするにはディーラーとしっかり交渉しましょう。

最大限この値引き額を引き出せるようにしていくためには、競合する車である、ヴォクシーやエスクァイアなどといった兄弟車の価格なども押さえておくと良いでしょう。

さらにノアのライバルとして日産のセレナとホンダのステップワゴンも対決車種として調査しておくことをおすすめします。

 

オプションについて

ディーラーオプションなど、付属品についても2割程度の値引きを目標にして働きかけるのもポイントです。

もちろん純正品を使うのではなく、ディーラーオプションに変更することで安くすることもできます。

 

また塗装などは金額が高価にはなりますがディーラーが好むオプションになるので、値下げ幅も期待できます。

値下げ交渉の前にこれらのことをあらかじめ確認しておきましょう。

 

購入時期について

また値下げは時期の問題もからみます。

ボーナス時期や決算時期は大変ねらい目です。

特に、お盆休み明けから9月までは中間決算の時期ですので、それまでに資料集めも含めて動き始めるとよいでしょう。

 

もちろん12月ボーナス・年末商戦、1月から3月の年度末決算期、6月から7月のボーナス時期についてもねらい目です。

これらの時期は大幅な値引きが期待できますので、ご都合の良い時期に狙ってみましょう。

 

ノア WXB2の値引き限界額は?(2019年最新情報)

引用:トヨタ公式サイト

ノア WXB2の値引き限界額はどのくらいなのでしょうか?

2019年7月時点での最新の値引き限界額についてお伝えします。

オプションからの値引きを含む限界値引きは58万円になります。
ノア WXB2ガソリン車モデルのオプション装着で53万7千円の際、値引き最大額は58万1千円というデータがあります。
ノア WXB2の値引きは、車両のオプションを合計50万円以上付けることで、値引金額合計が50万円を突破して限界まで値引きしやすくなる傾向があるようです。

オプション内容にガラス系統のボディコーティングや高額のナビがあると、ディーラーの利益率が高いため、値引きの総額も大きくできるでしょう。

特にボディコーディングは販売店の利益の率がとても高いため、オプションとして喜ばれる傾向にあります。

 

値引きをするためのポイント

競合の車種と競わせてみる

引用:トヨタ公式

最安値を引き出すためには、最低でもカローラ店とネッツ店の2店舗は回りましょう

両店舗で同じグレードで同じオプションのノアとヴォクシーの価格見積もりを作ってもらい、合計3枚の見積書を手に入れた後で、一番安くしてくれた見積書を持って2番目安くしてくれたディーラーに行き交渉するのがいいでしょう。

交渉をしても目標額に到達しない場合はトヨタ店とトヨペット店に行き、同様にエスクァイアの見積もりを出してもらう方法もあります。

 

また、カローラ店はミニバンを好む方も多く抱えていますが、現行モデルへの代替は思ったように進んでいないため、日産セレナを選ばれてしまうということで、危機感を持っています。


引用:日産公式

そのため交渉の過程でセレナも検討していることや、セレナも気になっているという一言があるかないかも値引きに影響します。

オプションで検討するのは必要ですが、他社のミニバンも検討していることをちらつかせるのも有効です。

 

一度に交渉しようとしない

まずディーラーに赴いた際は、ノアの展示車や試乗車に見て触れて、実際に自分で車を確かめてみましょう。

値引き以前に実際に乗ってみて、きちんと納得することも必要です。

 

特に各部収納や3列目シートの使い勝手や収納方法を確認したり、実際に車を試乗して乗り心地を体感してみましょう。

引用:トヨタ公式

最初は具体的な値引きや値引きの金額について触れるのではなく、あくまで興味がある前提を作りましょう。

そうすることで、必要なオプションなどについても把握しやすくなります。

値引きについては相手の出方を見る程度にとどめておきましょう。

 

2回目に値引き交渉をする

まず競合車のディーラーと交渉し、今の時点で値引き額を出来る限り出してもらい、その条件をノアの交渉材料に使ってみましょう。

値引きを引き出すためには、自分にとってどこか一つでも好条件が出たら、その結果を他ディーラーへ提示し、そのうえでさらに好条件が出た時に違うディーラーへ提示するなどして条件を繰り返しながら、すり合わせていくと良いとされています。

そうすることで、限界に近い値引き額を引き出すことが出来るようになります。

 

こうした限界に近い値引き額を引き出すには、どれにするか迷っていること出来るだけ安く買いたいこと、この2点をディーラーに伝えていくことがポイントです。

 

補足

前述のとおり、他社ミニバンやトヨタのミニバンと競争させたり、オプションで交渉するのは良い方法です。

また純正品にこだわらずに、ディーラーオリジナル品に変えるという方法で値下げをする方法もあります。

ただオプションによる値引きは注意が必要です。

 

それはオプションによる値引きは、オプション自体を純正品でなくディラーオプションに変えることで出来るケースが多いのですが、純正のオプションをつけていた方が売るときに少しでも高額になる可能性があるためです。

また、いくら値下げされても支払い総額自体が高すぎては何もなりません。

 

もちろん、ある程度のオプションをつけておいた方が、車を売却する際に高査定になることは間違いありません。

こうしたことを踏まえて、どんな装備をつけるとどのくらいの値引きが可能なのか、総額がいくらになるのか、さらに売却する際の値段を意識すると良いです。

そして、自分にとって必要なオプションなのかどうか、などもきちんと考えて交渉することをお勧めします。

ノア WXB2ハイブリッド(HV)の値引きは渋い?

引用:トヨタ公式サイト

ノア WXB2ハイブリッド(HV)の値引きは渋いという話を聞きますが、それは本当なのでしょうか?

その真偽もそうですし、理由なども知りたいですよね。

そこでノア WXB2ハイブリッド(HV)の値引きについてもお知らせします。

 

発売してからのノア WXB2ハイブリッド(HV)モデルのオプション装着平均は73万6千円で、値引き最大の平均額は51万4千円となっています。

したがって、ノア WXB2ハイブリッドの値引き目標額は45万円程度と考えて良いでしょう。

こうしてみると、ガソリン車と値引き目標額自体はあまり変わらないように思います。

 

ただ、値引きは確かにされるのですが、平均額を見ると、ガソリン車よりも値引きの最大金額は若干抑えられています。

またオプションの金額を付けていても、それに対する値引きは、ガソリン車に比べると抑えられています。

 

オプション装着金額は高いのに値引きされる割合は低いため、他と比べて値引きが渋いといわれているようです。

ノア WXB2の値引き相場・目標・限界額(2019値引きレポート)まとめ

ノア WXB2の値引き相場・目標・限界額について2019年7月段階での値引きレポートをお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか。

やはり乗りたい車は出来る限り安く購入したいですよね。

そのためにもまずは自分の目で見て、試乗して納得の上で資料を集めていきましょう。

 

ライバル車種の装備や価格を踏まえた上で、交渉材料として使えるようにしておくとその後の取引がスムーズに運びます。

あとは自分の希望するオプションはどんなものかをきちんとおさえておきましょう。

 

これらのことをぜひ車購入の際の参考にしてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる