スズキ ランディの値引き相場や限界額は?2019値引きレポート最新!

スズキ ランディの値引き相場や限界額はどうなっているのでしょうか?

日産セレナの販売は絶好調のようなので、OEM販売であるランディの2019年値引きレポート最新が気になりますよね。

この記事ではスズキ ランディの2019年値引きレポート最新として値引き相場や限界額を紹介していきたいと思います。

目次

スズキ ランディの値引き相場は?(2019年最新情報)

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/landy/

それではスズキ ランディの値引き相場(2019年最新情報)はどれくらいなのかを紹介していきたいと思います。

ランディの値引き相場は2019年7月現在で200,000~450,000円の間で推移しています。

大きく開いているものの、平均値は大体250,000円ぐらいに落ち着くと思われます。

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/landy/styling/

また、スズキ ランディの値引きを獲得するにはいくつかのコツがあります。

まずはライバル車と競合させることです。

トヨタ ヴォクシー

引用:https://toyota.jp/voxy/exterior/?padid=ag341_from_voxy_navi_exterior

スズキ ランディのライバル車は、トヨタのヴォクシーや、ホンダのステップワゴン、OEMの供給元である日産のセレナもライバル車になります。

上手く値引きをゲットした方は、もれなくライバル車との競合をさせている方ばかりでした。

 

また、同じスズキのディーラー同士での競合も有効な手段となります。

スズキ ランディの値引き相場近くを引き出すには、ライバル車やディーラー同士での競合が最も効果的でおすすめです。

上手くライバル車と競合をさせてランディの値引き相場を引き出したとしても、まだ油断してはいけません。

先に紹介した値引き相場では450,000円という大幅な値引きをゲットしているユーザーもいました。

 

450,000円の値引きはいかないまでも、大きく値引きをゲットしているユーザーに共通している事がありました。

それは、在庫車を選んでいた事でした。

在庫車とはディーラーの見込み発注で生産された車両や、何らかの理由で納車直前にキャンセルになった車両のことを指します。

割と最初から大きく値引きがゲット出来るこの在庫車ですが、他のメリットやもちろんデメリットもあります。

 

[box class=”blue_box” title=”在庫車のメリット”]

  • 受注生産の場合、納車まで1~2ケ月かかる所、在庫車の場合は2~3週間と大幅に短縮できる
  • 在庫期間や在庫数によっても前後するが、最初から値引きが期待できる

[/box]

 

在庫車を選ぶ最大のメリットは、最初から値引きが期待出来る点です。

また、納期がかなり短縮出来るのもいいですね。

 

[box class=”glay_box” title=”在庫車のデメリット”]

  • 選択出来るカラーやグレードに制限がある
  • メーカーオプションの装備が出来ない
  • 展示車の場合もあり、不特定多数が車に触れている可能性がある
  • 旧型の在庫車だった場合は、リセールバリューが大きく下がってしまう

[/box]

在庫車のデメリットはオプションの装備や、ボディカラーやグレードに制限が出てしまうことです。

また、在庫車が展示車の場合だと不特定多数の人が色々な箇所に触れている場合が想定されます。

 

納車されてから各所に不具合が出て、修理に時間とお金がかかってしまう様であれば、せっかく在庫車を選んで大幅値引きをゲットしてもお得感が半減してしまいます。

なので、在庫車を選ぶ際は営業マンの方に「展示車は入れないでください」と一言伝えるだけで展示車は外してくれるのでOKです。

また在庫車のデメリットに、旧型の在庫車の場合だとリセールバリューが大きく下がってしまうこともあります。

リセールバリューとは、車を手放すときの売却価格等を指します。

ですので、長く乗る分には全く問題ないのですが、割と短期間での乗り換え(例えば最初の車検時まで等)を想定している場合にはあまりおすすめできません。

このようにデメリットも結構ある在庫車ですが、カラーやグレードなどにこだわりが無ければ、ほぼメリットしか無いため、とても魅力的な選択肢となります。

スズキ ランディの購入には在庫車も選択肢に入れておくと選ぶ幅が広がり、自身にとって一番良い形で購入するチャンスが多くなるでしょう。

スズキ ランディの値引き目標額は?(2019年最新情報)

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/landy/

次にスズキ ランディの値引き目標額(2019年最新情報)を紹介していきたいと思います。

ただ、地域やディーラーによってもかなり値引き額にバラつきがあるため、平均的な値引き目標額と捉えて頂ければと思います。

 

値引き目標額を最大限に引き出すには?

スズキ ランディの値引き相場が200,000円からとなっているため、プラス50,000円した250,000円を値引き目標額としたいと思います。

そこからさらにオプション価格の25%の値引きを目安に、営業マンと交渉していくと良いでしょう。

 

この値引き目標額を最大限に引き出すために、

[box class=”blue_box” title=”値引き目標額を引き出すために”]

  • ライバル車との競合
  • 下取り車がある場合は買取業者に見積り依頼をしておく

[/box]

この2点を出来る限り行うことで、値引き目標額を引き出しやすくなりますのでおすすめです。

 

注意点としては、ライバル車を競合させる場合に間違ったライバル車を引き合いに出してしまうと、かえって逆効果になります。

ホンダ ステップワゴン

引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/webcatalog/styling/design/

スズキ ランディの競合車はトヨタのノア・ヴォクシー・エスクァイアの3兄弟車や、ホンダのステップワゴン日産のセレナになります。

 

最終契約前にも気を抜いてはいけない?

ライバル車との競合も上手くいき、値引き目標額をクリアしても契約書にハンコを押すまで油断は禁物です。

営業マンも契約をまとめて、「(これで契約1件ゲット!)」と、もうウキウキ状態です。

 

このチャンスは逃さずに、「やっぱり、オプション見てたら○○と△△欲しくなってきちゃいましたよ。どうですか、何かサービスしてくれたすぐハンコ押すんだけどなぁ」と伝えてみてください。

営業マンにとっても契約はのどから手が出るほど欲しいはずです。

 

結果的に無料サービスが受けられるものとして・・・、

フロアマット

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/landy/landy/HTML5/pc.html#/page/8

ドアバイザー

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/landy/landy/HTML5/pc.html#/page/8

ボディコーティング

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/landy/landy/HTML5/pc.html#/page/20

ETC取付工賃

引用:https://www.suzuki.co.jp/accessory_car/landy/landy/HTML5/pc.html#/page/16

納車時ガソリン満タン

これらのいずれか、あるいは複数を無料でゲットしたユーザーが多数いました。

最終契約前に一言付けるだけなので、お手軽でおすすめです。

スズキ ランディの値引き限界額は?(2019年最新情報)

引用:https://www.suzuki.co.jp/car/landy/styling/

次はスズキ ランディの値引き限界額(2019年最新情報)を紹介していきたいと思います。

 

値引き限界額は相場と比較してどう?

スズキ ランディの値引き相場は200,000~450,000円です。

200,000円の値引きでもなかなかの金額ですが、中にはもっと値引きを引き出しているユーザーも何人かいるようでした。

 

スズキ ランディを購入したユーザーの中には400,000円以上の値引きをゲットしたユーザーが何人か居るようです。

その400,000円以上の値引きをゲットしたユーザーのほとんどに共通していたことが、下取り車の価格をアップさせていたことでした。

多くの方はディーラーで車を購入する場合、そのまま現車を下取りに出すと思いますが、実はその際の査定金額はかなり抑え目に査定されている事がほとんどです。

値引き限界額近くの値引きをゲットしたユーザーのほとんどは共通して、下取り車の査定を事前に行っていました。

バラつきもありますが、ディーラーでの査定よりも平均で約200,000円程、買取業者の査定が高額になっているようです。

その買取業者での査定額を、ディーラーとの引き合いに出すことで下取り額をアップさせ、結果的にスズキ ランディを値引き相場よりもかなり安く購入することが出来ています。

そのため、これからスズキ ランディを購入予定の方は、下取り車の査定を事前に行っておいてから、ディーラーと交渉されることをおすすめします。

そしてディーラーでの交渉時、下取り車の査定額が確認出来たら、そこで事前に行っておいた査定額を提示してこう伝えてみましょう。

「○○っていう買取業者は現車を△△△円で買い取ってくれるみたいですね。あれ、この下取り価格よりも□□□円高いですね」

と伝えることで「・・・すみません。上司と相談させてください・・・(汗)」となり、下取り価格がアップする可能性がグンとあがります。

しかし、「・・・申し訳御座いません、お客様。当店ではこれ以上の下取り価格アップは無理です・・・」となる可能性もあります。

そうなった場合は、そのまま買取業者に買い取ってもらい、差額分を購入資金やオプション費に回したりするのがおすすめです。

 

下取り車が無い場合でもお得に購入するには?

これから初めて車を買われる方は下取り車が無いと思いますが、そんな方でもしっかりお得に購入できる方法があります。

ズバリ、新古車の購入です。

新古車とは、ナンバープレートを装着した車のことを指します。

ナンバープレートを取得した車は、走行距離や年式に関係なく一律に中古車として扱われます。

法律的には新古車も中古車なのですが、中古車と区別するために新古車といワードが使用されます。

何万㎞も走った車や5年以上も前の車と、ほぼ新車でナンバープレートを取得しただけの車が同じというのは何だかおかしな話ですが、そこに抜け道があります。

新古車のほとんどは走行距離数が数十㎞程度であるため、コンディションは新車とほぼ変わりません。

そのため、不具合が出る可能性も新車とほぼ変わらないので、下取り車が無い方はぜひ新古車を検討してみてください。

スズキ ランディの値引き相場・目標・限界額2019値引きレポートまとめ!

スズキ ランディの値引き相場・目標・限界額を2019年値引きレポート最新として紹介してきました。

  • 値引き相場は200,000~450,000円
  • 選択肢に「在庫車」も入れておく
  • 在庫車は納期の短縮、大幅値引きというメリットがあるが、カラーやオプションに制限、リセールバリューの下落というデメリットもある
  • 値引き目標額は250,000円、オプション価格は25%を目安に値引き交渉していく
  • 値引き目標額、限界額近くを引き出すためにはライバル車、同じスズキディーラー同士で競合させる
  • ライバル車はトヨタのノア・ヴォクシー・エスクァイア、ホンダのステップワゴン、日産のセレナ
  • 下取り車がある場合は、事前に買取業者に見積もり依頼をしておく
  • 下取り車が無い場合は、新古車の購入も視野に入れる

最初から値引きありきで交渉すると上手く進まなかったり、中には購入自体を断られることも出てきてしまいます。

 

この記事で紹介したことをほどほどに活用しつつ、お気に入りのスズキ ランディをお得に購入してくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる