新型デリカD5の価格(値段)をグレード別にご紹介!おすすめは?

新型デリカD5の価格はどうなっているでしょうか?

グレード毎によっても細かく価格が違うため、気になっている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、新型デリカD5の価格(値段)をグレード別に、またおすすめのグレードを紹介していきます。

目次

新型デリカD5の価格(値段)は?グレード別に紹介!画像有

まずは新型デリカD5の価格(値段)をグレード別に紹介していきます。

このように新型デリカD5のグレードはかなり細かく分けられていて、グレードの数だけで言うと8グレードもあることになります。

価格にもかなり幅があり、最大で1,766,880円の価格差がついています。

デリカD5 ガソリン仕様

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_gasoline/index.html

ガソリン仕様車のイニシャルコストは他のグレードに比べてかかりませんが、ランニングコストの燃料代が後々に響いてくる可能性がありますね。

イニシャルコストをとるか、ランニングコストをとるか悩みどころです。

次は画像と一緒にデリカD5の3モデルを紹介していきます。

デリカD5(標準車) 3,842,640円~

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

2019年2月15日にビッグマイナーチェンジが施されたデリカD5が発売されました。

今流行の大胆なフェイスリフトを行い、ダイナミックシールドを導入しています。

街並みに溶け込みやすいとても洗練されたデリカになったな、という印象を受けました。

デリカD5 URBAN GEAR 4,067,280円~

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_urbangear/exterior/

こちらのモデルは基本デザインはデリカD5と変わりませんが、専用エアロを装備したデリカD5のエアロモデルという位置づけです。

アウトドアにももちろんですが、より市街地に溶け込みやすいシャープなデザインとなっています。

デリカD5 ガソリン仕様 2,449,440円~

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_gasoline/exterior/

こちらのデザインは、ビッグマイナーチェンジ前のデザインをそのまま残しています。

デリカと言えばこれ、というような存在感のある顔で、この顔を見るとなぜかアウトドアに出掛けたくなります。

新型デリカD5!標準モデルとアーバンギアとの違いは?

次は新型デリカD5の標準モデルとアーバンギアの違いについて紹介していきます。

標準モデルとアーバンギアには4つの大きな違いがありましたので、順に紹介していきます。

フロントパネルデザイン

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/

このように、標準モデルとアーバンギアのフロントパネルデザインが違います。

どちらも洗練されていて、大き目のフロントグリルに変更となり、今現在の主流なデザインになりました。

標準モデル

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/index.html

標準モデルはデコボコ、ゴツゴツしたイメージです。

アーバンギア

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_urbangear/exterior/

アーバンギアはよく切れるカミソリのようなデザインですね。

ボディカラー

標準モデルは全8色から、アーバンギアは3色のみとなります。

アーバンギアはちょっと少なめのカラーバリエーションです。

しかし、どちらも専用のカラーが設定されているため、ボディカラーにこだわりがある方にとっては、とても悩ましいのではないでしょうか。

 

まずは標準モデルの各ボディカラーを画像付きで紹介していきます。

ウォームホワイトパール

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

有料カラーのウォームホワイトパールです。

人気色でリセールバリューが高いのが特徴です。

汚れが目立ちやすいので、日頃からまめなお手入れが必要になります。

スターリングシルバーメタリック

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

幅広い年代から支持されるシルバー系のカラーです。

大きいフロントマスクとの相性もバッチリです。

こちらは細かい傷などが目立ちにくい特徴があります。

ブラックマイカ

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

こちらもリセールバリューが高めで推移する黒系の色になります。

パール系ではないためか、有料色ではないのがうれしいですね。

汚れは目立ちにくいですが、小傷等が目立ってしまう特徴があります。

エメラルドブラックパール

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

有料色では珍しいグリーン系のカラーになります。

かなり黒に近いグリーンで、標準モデル専用色です。

アウトドアによく合う色で、デリカD5にピッタリのカラーといった印象です。

ウォームホワイトパール×スターリングシルバーメタリック

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

有料色のツートンカラーで、ホワイトとシルバーの組み合わせになります。

高級感のある白に、だれからも好かれやすいシルバーを下部に合わせることで、より洗練されたデザインが引き立っています。

スターリングシルバーメタリック×アイガーグレーメタリック

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

こちらはシルバー一色だと少し飽きやすいところ、黒系の色を差し色に使うことで変化を持たせています。

アイガーグレーメタリック×ブラックマイカ

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

かなり黒に近いシルバー系の色に、あえて黒を差し色に使っています。

黒一色よりも重厚感が増したような印象を受けます。

エメラルドブラックパール×アイガーグレーメタリック

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

こちらは有料色のエメラルドブラックパールに、シルバー系を合わせたツートンカラーです。

小傷がついても目立ちにくいシルバー系の色を下部に使うことで、よりアウトドアでの使用を想定しているのではないかと思っています。

 

次はアーバンギアの各ボディカラーを画像付きで紹介していきます。

ウォームホワイトパール

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_urbangear/exterior/

アーバンギア唯一の有料色です。

アーバンギアの都会に溶け込むデザインがさらに際立つ色です。

ブラックマイカ

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_urbangear/exterior/

標準モデルと同じブラック系の色になります。

黒一色もかなり良いですね。

重厚感と存在感がすごいです。

アイガーグレーメタリック

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_urbangear/exterior/

こちらはアーバンギア専用のカラーになります。

標準モデルではツートンカラー専用で使っていたカラーを、それ一色にしてあります。

黒とはまた違った存在感があります。

シート

シートの違いはシートカラーで、標準モデルが2色から選択可能アーバンギアが1色のみとなっています。

また、どちらのモデルも本革シートをオプションで選択できるようになっています。

 

標準モデルのシートカラーから紹介していきます。

ファブリック (ブラック内装)

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/interior/

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/interior/

とても落ち着いた色です。

少しの汚れであれば目立ちにくいので、特にお子さんがいる家庭におすすめです。

ファブリック (ベージュ内装)

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/interior/

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/interior/

温かみのある色で癒しの空間を演出しています。

こちらは汚れが目立ちやすいですが、『汚れプロテクト』が施されているため安心して使用できます。

 

次はアーバンギアのシートカラーになります。

ファブリック(ブラック内装)

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_urbangear/interior/

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_urbangear/interior/

標準モデルと全く一緒になります。

そのため、汚れプロテクトは施されていません。

 

 

次は標準モデル、アーバンギア共通の本革シートを紹介します。

本革 (ブラック内装)

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/interior/

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/interior/

シートのデザインは大きく変わりませんが、素材が本革となります。

高級感が一気に増すアイテムです。

ただ、夏場は湿気がこもりやすかったり、革製品のため日頃のケアが必要になりますので、取り扱いには十分注意が必要になります。

ホイール

ホイールはデザインの違いとサイズが違います。

標準モデルのホイールから紹介します。

標準モデル(M)

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

標準モデルのMは、5本スポークに215/70R16のホイールサイズを組み合わせます。

標準モデル(G、G-Power Package、P)

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

標準モデルのG、G-Power Package、Pの3グレードは7本スポークのホイールになります。

すべてホイールが225/55R18の切削光輝仕上げになります。

 

次はアーバンギアのホイールを紹介します。

アーバンギア

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_urbangear/exterior/

アーバンギアは5本スポーク、225/55R18の切削光輝仕上げアーバンギア専用デザインのホイールになります。

新型デリカD5のおすすめグレードは?

次は新型デリカD5のおすすめグレードを紹介します。

ズバリ、標準モデルのPです。

デリカD5(P)

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/exterior/

ボディカラーはツートンのウォームホワイトパール×スターリングシルバーメタリックシートはベージュ

おすすめです。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5_standard/interior/

やはり、汚れプロテクトはとても気になる装備です。

また、どうせ有料色のカラーを選ぶなら2色使っている方がお得感があるため、ツートンカラーを選びました。

後々の燃料代を考えるとディーゼルエンジンの方が良いと思われますので、是非参考になさってください。

新型デリカD5の価格(値段)まとめ

新型デリカD5の価格(値段)について画像付きでグレード毎に紹介してきました。

私のおすすめは、標準モデルのPでツートンのウォームホワイトパール×スターリングシルバーメタリック、シートはベージュになります。

 

ただ、カラー等は写真と実際に見た時を比較すると、イメージと違うことがよくあります。

そのため、可能な限りはご自身の目で見ることをおすすめします。

これからデリカD5を購入しようとしている方や迷っている方にとって、この記事がデリカD5のイメージに役立てばと思っています。

 

憧れのミニバンをついに購入!しかも人より52万円以上も安く買えた!

私は今まで10年落ちのノートに乗っていました。

かなり古くなったのと家族も増え、ノートでは使い勝手がかなり悪くなり憧れだったミニバンに乗り換えようと、ディーラーに向かうことに。

見積もりをとってもらい想定の価格をちょっと超えてしまったので、奥手な私、苦手な交渉もがんばり……

20万円値引きします!」といいお返事を頂きました。

はじめは飛び跳ねるように嬉しかったのを覚えています。

 

ただ数分後には、

初心者
(うーんやっぱりこんなものかぁ、これ以上は限界だよなぁ涙)

と思ったとき。

 

「今乗っていらっしゃるノートを下取りに出しませんか?今なら10万円で引き取りますよ!」

ディーラー営業マンからの提案でした!

10年落ちで正直ボロボロだったので、値段なんてつかないだろうと思っていたノートです。

初心者
(やったー!10万円!売りに行くのもめんどくさいしラッキー!)

…よく考えたらたった10万円

「10万円でも値段がついただけマシかぁ 」と思う自分もいれば、

「もっと高く売れるよ!」と思う自分もしました。

 

値引き20万円とノートの下取り10万円で、30万円の値引き

値引きが無いよりは全然マシ!

だけど…いろいろ悩み始めてしまい結局その日は決められませんでした…。

私としてはこれまでで一番大きい買い物。

家に帰ってもう一度考えることにしました。

 

...私の判断は間違っていませんでした。

初心者
新車だし…もっと値引き出来ないかな?

そう思い、色々調べているとわかったことがあります。

衝撃の事実ですが、それは...

ディーラーの交渉テクニックにまんまとハマっていたんです!

ディーラー営業マンの罠にハマるところでした

車の相場を知らない私たちに、ディーラーは下取りを安く見積もっているようで「値引き充当」というもの。

値引きを高くするかわりに、下取りを安くする

という私達の心理を利用したディーラー営業マンのテクニックです。

初心者
値引きが多かったら嬉しいですもんね

 

つまり、そもそも私のノートの価値は「10万円」なんかじゃなかったんです!

あやうく、営業マンの罠にハマるところでした…

苦手な値引き交渉が上手くいったと思ってたけど、トータルで損してしまってはすべて意味がありません。

初心者
結局、私のノートはいくらで買い取ってもらえるの?

そんな疑問を抱え、更に調べます。

 

…なんと、思いも寄らない事実に気づいてしまいました…。

衝撃の値段がついたのです!あるサービスを使うことで!

そのサービスが、これ↓

初心者
愛車の相場や最高の買取価格がすぐに分かります!

楽天グループなので信頼度は抜群。

さらに全国対応で、同じ車でも買取業者によって大きく査定金額が異なる場合があるので、自分で思っている以上に高値がつくことが多いとのこと。

あの有名なガリバーをはじめ、大手の買取専門業者が自分の車の買取価格を競ってくれて一番高い価格を提示してくれます。

他の車の例はこんな感じ↓

ディーラーの下取りより明らかにお得です…!

>>私の使った無料査定サービスはこちら

下取り10万円からまさかの…!

衝撃的すぎました!

私の10年落ちノートが、

52万円で売れることがわかったんです!!

驚きすぎて心臓のバクバクがとまりませんでした!笑

 

ディーラー下取りで10万円と言われた私の車が、無料査定を使っただけで52万円になったんです。

驚かない理由がないですよね!

新車自体の値引き20万円も含めると、20万円+52万円…

すごいことになっちゃいました。

もし下取りの10万円で手を打っていたらと思うと後悔してもしきれません…!

 

車を乗り換える前に、事前に愛車の本当の買取額を知ることが大切だと痛感しました。

無知は罪ですね、ホント。

私が使ったこの無料査定サービスは、1分くらいですぐに相場価格が知れるし、使いやすさは抜群。

当たり前ですが、もし査定額に納得できなかったら売る必要ないです。

完全無料で相場がわかるので一度試してみることをおすすめします!

※査定は完全に無料なので、妹の車の査定もしちゃいました!

けっこういい価格だったので妹も喜んでて「車買い替えちゃおっかな〜」なんて言ってましたよ!笑

>>私が52万円も得した無料査定サービスはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる