新型アルファードの納期・納車はいつ?2019年最新情報!

新型アルファードは、トヨタのLLサイズミニバンです。

 

「最上級ミニバンといえばアルファード!」と言っても過言ではないクルマですが、2019年最新情報での納期・納車はいつなのでしょうか。

スケージュールがわかれば、購入したい時にいつゲットできるのかのタイミングもわかってきますよね。

 

というわけで、今回は新型アルファードの納期・納車に関する2019年最新情報をお伝えします!

 

目次

新型アルファードの納期はいつ頃?納車状況は?

引用:https://toyota.jp/alphard/

新型アルファードは、ミニバンの中でもかなり人気のクルマです。

それだけに、納期もそれなりの期間が必要になります。

 

トヨタの公式サイトを見ると、工場出荷時期目処というものを知ることができます。

引用:https://toyota.jp/alphard/

工場出荷時期目処というのは、ディーラーでの注文後、メーカーで生産されて出荷されるまでの期間の予想を指し、納期とは違います

 

その後、注文したアルファードがディーラーに到着し、オプション等の装備や各種設定を施したあと、いよいよ納車となります。

ここまでが納期ですね。

 

そして、トヨタの公式サイトで見てみると、アルファードの工場出荷時期目処は、2か月~3か月程度とされています。

 

2ヶ月~3ヶ月後に出荷されるということですから、その後のプロセスも踏まえると、納期は遅くとも3ヶ月~4ヶ月程度と考えるのが妥当といえますね。

つまり、2019年5月に注文した場合、納車されるのは8月~9月頃というところです。

 

新型アルファードの納期はグレードごとに違う?

新型アルファードの納期には、グレードによって多少の差が生じると言われています。

先ほどの工場出荷時期目処で見てみると、エンジンタイプやグレードで差があります。

  • ガソリン 3ヶ月
  • ハイブリッド 2~3ヶ月
  • Executive Longe(ガソリン・ハイブリッド) 2~3ヶ月

 

ハイブリッドないしはExecutive Loungeの納期は、工場出荷時期目処が早いこともあって多少早く納車されそうです。

 

また、納期が早くなりやすいグレードというものも存在します。

それは、売れ筋グレードを狙うという方法です

 

意外に思われるかもしれませんが、売れ筋グレードというのは工場のラインをフル回転でまわして生産するので、その分生産量も上がります。

それによって、他のグレードよりも約1か月程度納期を短縮できるといわれています。

 

それでは、新型アルファードの人気グレードはどれでしょうか。

 

引用:https://toyota.jp/alphard/grade/sc/?padid=ag341_from_alphard_grade_sc2_thumb

それは、エアロボディタイプ・ガソリンモデルの「2.5S Cパッケージ」です。

アルファードの中では中級のグレードで、価格は税込み(2019年5月時点)で4,387,720円~となっています。

 

早めに納車されてほしい!という方は、ぜひこのグレードを第一候補に検討してみましょう。

 

新型アルファードの納期は遅れ気味?納車が早まることはある?

ここまで、新型アルファードの納期と、グレードによる納期の違いを見てきました。

とはいえ、アルファードはやはり人気車種なので、全体的な納期は遅れ気味となっています。

 

なぜなら、アルファードは日本専売モデルではなく、特に中国でかなりの人気を博しています

一定数は海外向けに生産されてしまうので、その分日本向けの生産能力が低下してしまうのです。

 

しかし、せっかく購入したのであれば、少しでも早く手に入れたいというのが人間の心情というものですよね。

その方法の一つが、先ほどご紹介した人気グレードを狙うということですが、他にも方法はあります!

いくつか見ていきましょう。

 

新型アルファードの納期を早める方法① キャンセル車を狙う

キャンセル車とは、一度契約がされたものの、何かしらの理由で納車前にキャンセルされ、クルマ自体はあるが買い手がついていない状態のクルマを指します。

 

こういったクルマはディーラーにとっては在庫車となり、極力早く売りたいものです。

特に、アルファードのような人気のクルマは、契約の絶対数が多い分だけキャンセルの数も多くなります。

 

クルマがすでにあれば、状態としてはいつでも納車可能ですので、新車にも関わらず納期なしということになります。

ディーラーオプションであれば装着もできますし、もし自分の欲しかったグレードやカラーにマッチしていれば、積極的に狙っていきましょう。

 

ディーラーとしても、早く売りたいという心理なので、値引き等でも融通が利く可能性が高いです

クオリティは正真正銘の新車で、保証もありますので、安心感もありますね。

 

ですが、デメリットとしては常にあるとは限らないということです。

タイミングが合わないと、キャンセル車、しかも自分の希望グレードのクルマには出会えません。

 

しかし、その可能性を高めることはできます。

それは、ディーラーの担当者に、キャンセル車情報をいち早く教えてもらえるようにお願いをしておくということです

 

そうすれば、キャンセル車をゲットできる可能性が高まります。

 

新型アルファードの納期を早める方法② ディーラーの担当者に聞く

ディーラーは、そのクルマの大まかな納期を知っています。

こういった情報はデーターベース化され、契約されたクルマがいつ生産、完成するのか、いつディーラーに向けて発送され、いつ届くのかまでわかります。

 

なので、契約前に納期の詳細を聞くのはもちろんのこと、契約後も定期的に担当者に進捗状況を聞いていくことで、納車時期の目安を掴むことができます。

 

また、このように常に気にしているということを担当者に暗に知らせることで、担当者も「このお客さんは納期をとても重要視している」と思ってくれます。

 

ユーザーの満足度を上げ、長期の顧客になってもらうためにも、担当者はできる範囲でお客様の希望に応えたいと思うものです。

なので、生産ラインの順番を変えて、納期を早くしてくれることもあります

それは実際に可能です。

 

あまり強く言いすぎるのも良くないですが、暗にそうすることで担当者も意識してくれますし、お互いにとって良い結果になります。

担当者とは納車後も点検や、買い替えなど、非常に長い付き合いになりますので、お互いに信頼関係を築き、適度な緊張感のある良い関係にしておきたいですね。

 

新型アルファードの納期を早める方法③ 新古車を狙う

新古車とは、いわゆる未登録車のことです。

一度ナンバーを取得すると、すべて中古車扱いになる関係で、新古車という表現を使います。

 

とはいえ、状態は新車、メーカーの新車保証もしっかり受けられますので、問題ありません。

新車に比べて諸経費を安く済ませられるのも魅力ですね。

また、現物はもちろんあるので、即納車可能なクルマになるものポイントです。

 

アルファードのような人気のクルマは、新古車市場にも出回りやすいので、インターネットでチェックすると良いですね。

ですが、その分売れるまでのスピードも速いので、頻繁にチェックするのは欠かせません。

 

とはいえ、ここでも注意しなければならないのが、自分が希望しているグレードやカラーが必ずしもあるとは限らないということです。

妥協しなければならない部分も出てくる可能性もあります。

 

しかし、新型アルファードを素早く手に入れるという点では優れた方法の一つなので、選択肢の一つにいれておきたいですね。

 

新型アルファード納期・納車(2019年)最新情報まとめ

今回は、新型アルファードの納期・納車(2019年)最新情報を解説しました。

現状では一般的な納期は約3~4ヶ月となっていますが、今回ご紹介したような方法で少しでも納期を縮めることも可能です。

 

そして、重要なのは常にアンテナを張って情報収集することです。

そうすれば、より良い条件で、かつ早い納期でアルファードを手に入れることも可能です!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる