SUZUKI SUV LINEUP

SUZUKI SUV LINEUP

あらゆる才能をクロスさせ、
新たな世界へ。

1600cc・5人乗り

ダイナミックに走り抜ける。大自然の中でも余裕の走りを見せつける。

優れた走破性と走行安定性を実現する、新世代四輪制御システム「ALLGRIP」(4WD車)

2WD 6AT車 2,062,800 円〜 メーカー希望小売価格(消費税8%込み)2WD 6AT車 16.2 km/L

さらに詳しい情報はWEBカタログで

スズキの 4×4 テクノロジー

1970年、私たちはスズキの4WDの原点となる、
初代ジムニーを生み出しました。
それから約半世紀、あらゆる人々にとって、
運転での安心感や楽しみ、
時には自身の世界を広げる技術として
進化を続けてきたスズキの4WD技術。
ドライブする全ての人に、
これからのドライブのあり方を提案していきます。

ALLGRIP

優れた走破性と走行安定性で、
いままで以上の走る楽しさと安心感を実現する「ALLGRIP」

「ALLGRIP」は「電子制御4WDシステム」「4モード走行切替機能」「車両運動協調制御システム」の3つのテクノロジーからなる、スズキ独自の新世代四輪制御システムです。優れた走破性と走行安定性を発揮することで、ドライバーにさらなる走りの楽しさと安心感を提供するために開発されました。

ESCUDO

SX4 S-CROSS

GRIP Control Hill Descent Control Hill Hold Control

雪道や坂道の発進や下り坂もサポートする
グリップコントロール・ヒルディセントコントロール・ヒルホールドコントロール

雪道やぬかるみなどの滑りやすい路面で、片輪が空転した場合、駆動力が空転している車輪に逃げてしまい、発進できなくなります。そこで、発進する前にグリップコントロールスイッチをONにすると、スリップが発生した車輪のブレーキ制御を早め、グリップ側の車輪に駆動力を集中させることで発進をサポートします。

SX4 S-CROSS

パートタイム4WD

ジムニーには初代から一貫して、前輪と後輪をシンプルな構造で直結するパートタイム4WDを採用しています。これにより、前輪か後輪のどちらかが空転しても駆動力を確保することができます。

ESCUDO

SX4 S-CROSS

ブレーキLSDトラクションコントロール

前輪と後輪を直結したパートタイム4WDでも、左右輪のどちらかが空転した場合にはもう一方の車輪の駆動力は失われてしまいます。そうしたシーンでの駆動力を確保するため、ジムニーは電子制御のブレーキLSDトラクションコントロールを標準装備しています。駆動状態を4L(4WD低速)に切り替えると、空転した車輪にだけブレーキが作動。エンジントルクは落とさないため、もう一方の車輪の駆動力をしっかりと確保し、高い脱出性能を実現します。

ESCUDO

SX4 S-CROSS

toTop
loading